■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2011年10月30日

中長期支援を称える仕組み作り

■ソース
http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011102801000570.html
http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/winter/news/20111028-OHT1T00269.htm
■概略
ジャンプの高梨、スポンサー契約 日本最年少
2014年ソチ冬季五輪で実施種目になったノルディックスキーのジャンプ女子で
活躍する15歳の高梨沙羅(北海道・上川中)が、テーピングテープなどを扱う
コンサルタント会社「ジーオーエヌ」と、個人的な支援を受ける
パーソナルスポンサー契約を結んだ。
同社が28日、発表した。全日本連盟によると、日本では最年少契約。

契約金は未公表。期間は10月1日から1年間だが、同社はソチ五輪まで支援する予定。
高梨はヘルメットに商品名「GONTEX」のロゴマークをつけて飛ぶ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

141mのレコードを持つ期待の星、らしい。ノーチェックだった。
女子ジャンプかあ、中々情報が出てこない競技かもしれない。

ホームページも相当しっかりしている、
と思ったら、コンタクトページに非公式サイトと記載されている・・・
取材窓口は行っていないと書かれていますが、
そうなると、公式サイトを作らないとねえ、、、窓口が大切だから。
ちょっと、もったいない。
(あっ、久保君のwebサプライ、ensさんが制作運営かあ)

テーピング・サプライだけでなく、資金提供も行う形で、
そんなに大きな額ではないと思いますが、
2014年まで継続するという点がいいですね。
一般的に1年で区切るスポンサー契約が多い中で、
中長期の契約は、必ず支援心が入っているので、選手にとっては有りがたい。
こういう企業は、金額が小さくても評価されるべき。
誰が評価するのか?
文科省に表彰制度があるけど、イマイチ、意味が「?」なので、
税制優遇を受ける仕組み等が望まれますし、
BtoB企業なら、市場が評価して、商品売上が上がるような流れができればいい。

posted by sports777 at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!