■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2011年07月17日

相撲協会が観客動員UPへプロジェクトチーム

■ソース
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/headlines/20110717-00000032-dal-spo.html
■概略
日本相撲協会は名古屋場所8日目の17日、理事会を開き、
観客動員アップを目指してプロジェクトチームを発足させることを決めた。
メンバーは協会の地方場所担当のほか専門家も加わって構成される。
5月技量審査場所で試験的に実施したマークシートによる取組評価は、
秋場所(9月11日初日・両国)から本格実施され、開催日ごとにベスト3を発表。
将来的には表彰制度を設ける。
秋場所のけいこ総見は9月3日に行われ、一般公開される。
延期されていた全日本力士選士権は10月3日(両国国技館)、
靖国神社奉納相撲は同7日に開催されることが決まった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これ、他競技でもキチンとやった方がいい。
個人競技と団体競技、アマ・セミプロ・プロで、
色々なシガラミや条件は出てくると思いますが、
むしろ、無い方がおかしい。

マイナー競技のメジャーを目指す過程には、必ず必要な事で、
多角的な面からの企画が必要なはずです。
テレビを引っ張るにはどうするべきか、
タレント性を仕掛けるのか、
地べたな集客策は、、、、、
現場の意見も集約しないといけないし、
マーケティング論も必要だし、
スポーツ以外の集客専門家も入れるべき。
広告専門家もPR専門家も、コンテンツプランナーも。

肩書きだけ集めても、予算の消費だけになるだろうけど、
現場レベルでフットワークの軽い柔らか集団ができれば、
色々といじれる。
それをやるか、やらないかの2つに1つで、
TOPの先見力と決断力に掛かってくる問題です。
金も掛かりますから、財政面の覚悟力も必要になりますよね。
(プロはタダでは動かないですし。よく有るケースの、
 ナアナアな関係での民間協力を募る形では、成功しないでしょう。
 やるからには本気で。
 よく聞くのが、金が無いから専門家を雇えない、改革できない、
 という言葉ですが、それって、究極まで追い込まれていないから。
 この手の話って、どこかで踏ん切りをつけるしかない。
 ビジネスだったら当たり前の話が、スポーツでは行われていない
 ケースを良く見る。)

やる時はやるしかない、アスリートの勝負と同じだ。


posted by sports777 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

REBELS*IT’S SHOWTIME =立ち見まで完売

明日の有明「REBELS×IT’S SHOWTIME」、
立ち見まで完売とのこと。
http://rebels-muaythai.jp/infomation2
IT'S SHOWTIMEがREBELSと組んで日本に来たとなると、
今後の立ち格に期待が掛かる。
K1が見えなくなってきた中で、IT'S SHOWTIMEが来る意味は大きい。
ペトロシアンまで来るのだから、そりゃ立ち見まで一杯になるか。

いや、湧かせるのは、REBELSメインの闘魔vs藤原であってほしい。
バンゲ藤原選手の首をずっと狙ってきた闘魔選手は、ここで決着を。

闘魔s.jpg

闘魔(新宿レフティージム)選手、減量から解放されて、
あとは寝るだけだと(笑)
問題無し、勝つだけだと。
今まで、リング外の御茶目な闘魔選手しか会っていなかったが、
明日は、鬼の姿を見せてもらいます。
頑張れ!

皆さん、これ読んでおいて下さい。
http://gbring.com/interview/kike-110718_toma.htm
http://gbring.com/interview/kike-101114_toma.htm

飯田なお.jpg

なおちゃんも頑張れ!
http://gbring.com/interview/kike-110123_iida_nao.htm

浜川会長、2人揃って祝杯を。

PS・会場に来れない方は、Ustで見れます!
   http://rebels-muaythai.jp/
   http://www.ustream.tv/channel/rebels-it-s-showtime-2011-7-18
posted by sports777 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手間暇をかけてじっくり育てる有機農業

■ソース
http://www.townnews.co.jp/0205/2011/07/15/111533.html
■概略
フロンターレスタッフ執筆の本が脚光
地域密着を掲げ、様々なプロモーション活動を展開するサッカー
Jリーグ・川崎フロンターレ。
「試合の勝敗に左右されないクラブ作り」を方針にファン拡大に力を注ぐ。
このほど、同クラブのスタッフが15年の経験をもとに、スポーツの持つ
可能性を訴えた本を執筆し、脚光を浴びている。
本のタイトルは『(スポーツでこの国を変えるために)僕がバナナを売って
算数ドリルをつくるワケ』。
6月17日に発売され、一週間足らずで早くも重版が決まり、売れ行きは上々。
著者の天野春果さんは川崎フロンターレに入社して今年で15年目。
これまで様々なプロモーション活動の仕掛け人として知られる。
昨年9月に執筆依頼を受け、フロンターレでの取り組みに一定の考え方が
まとまったことから、出版に踏み切った。
この中で天野さんは「クラブ作りの鍵を握るのは行政、街、スポンサー、
サポーター、ボランティアなどとのつながり」。「集客の鍵は郷土愛にある」と、
「スポーツを活用し、街を豊かにする」ことの大切さを訴える。
近年、日本の大学や専門学校ではスポーツビジネスが花盛りだが、
大概はいわゆる移籍金や放映権といった話題ばかり。
天野さんから見ると、こうした話題は「スポーツビジネスのほんの一部に過ぎない」
と言い切る。
むしろクラブ経営は「泥にまみれながら手間暇をかけてじっくり作物を育てる
有機農業に近いものである」と強調
し、日本におけるスポーツビジネスへの認識を
変えてもらうためにも出版したのだとも語る。小学館から1470円(税込)発売中。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



面白そう。
そうですよね、移籍金や放映権など、メジャー競技のTOP層の話ばかりで、
マイナー競技やアマチュア選手には、遠い世界ですしね。
(フロンターレは、プロでメジャー競技ですが)

今や、マイナー競技のアマチュア個人選手でも、
地域密着・人密着が必須な時代ですから、
メジャープロスポーツの話としてではなく、
地域密着クラブの舞台裏を知る、という観点から読んでみてはどうでしょうか?
posted by sports777 at 04:30| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイナー競技を脱するタイミング

■ソース
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/110716/scr11071610220005-n1.htm
■概略
なでしこ人気を一過性で終わらせないために 女性版CWCのアイデアも
女子ワールドカップ(W杯)での「なでしこジャパン」の活躍で、
日本の女子サッカーに何度目かの脚光が当たっている。
決勝戦も日本時間18日未明という時間帯にもかかわらず、
多くの人がテレビ観戦することだろう。

だが、国内の女子サッカーを取り巻く環境は厳しい。
経済情勢などに左右され、2008年限りで元日本代表主将の池田浩美らを
擁していた関西の名門TASAKIがなでしこリーグから退会。
沢穂希や大野忍ら代表の主力級選手ですら、
昨季まで所属していた日テレからプロ契約は難しいと宣告され、INACへ移籍。
大多数を占めるアマチュア選手の中には、
アルバイトなどで生活費を稼がなければならない選手もいる。
かつて、元日本代表FW荒川恵理子(現浦和)がスーパーでレジ打ちをしていたのは有名。

なでしこリーグでは、改革の一環として全試合の有料化を目指している。
今季も一部の試合で試験導入しているが、リーグ事務局によると、
1試合平均の観客数は800人弱で、有料化のメドとなる1500人には遠く及ばない。
問題は、今回の代表人気を、どのようになでしこリーグに結びつけるか。
手をこまねいていては、過去の五輪時などと同じように一過性のブームで終わる。
そのためには、リーグに加盟する各クラブがスポンサーを募って経営基盤を安定化させ、
プロの選手を増やす…。男子のJリーグ以上に地道な活動が求められるだろう。

一方で、あるクラブのオーナーは「女性版のクラブW杯を作りたい」とぶち上げる。
「世界に通じるクラブがないと、盛り上がらない」との思いからだ。
そんな思い切った手を打つのもひとつではないか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「何度目かの脚光・・・」という所がポイント。
今まさに、波に乗せる努力を、協会・選手・関係者が行わなければ。

アマ選手の苦労は、サッカー女子だけでなく、
全てのマイナー競技に共通する事。
こういう話題が出なければ、一般世間は知る機会も無い。
男子サッカーのメジャー度に近い関係の女子サッカーは、
他のマイナー競技に比較すれば、
むしろマイナーを脱するポテンシャルにあふれている。

記事にも書かれている通り、やはりkeyになるのは経営基盤。
それは、ソシオスタイルではなく、企業スポンサー誘致が課題となる。
(もちろん、ソシオで行ければ、それに越した事はないが)

今回の脚光、うまく活用しなければ!
機会利益を逃さないで、今こそ大きなチャンス。

posted by sports777 at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Krush唯一の女子試合、桜朋梨恵

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/live/2011/2011071605/index.html
http://gbring.com/sokuho/result/result2011_07/0716_krush_02.htm

Krush(-70kg初代王座決定トーナメント決勝)
第6試合=女子フェザー級/K-1ルール/2分3R延長​1R
桜朋梨恵(ラビカラ)vs佐々木仁子(チームドラゴン)
110716_krush_26[1].jpg
GBRさんより拝借

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
110716_194906ss.jpg

先日、面談しました桜朋梨恵選手に、「Krush」に御招待頂きました。
入場からリング上、試合運びから退場シーン、ファンの様子等を細かくチェック!

リング外の普段の桜朋選手とは、明らかに目が違い、スイッチ入っていましたね。
近寄りがたい「気」、さすが格闘家です。
入場時の躍動感、いいですね、軽やかで速い。

男子試合に負けていなかった。
強い相手にも恵まれて、パフォーマンスを出せたのではないでしょうか。
結果は判定負けだったけど、
「桜朋、足出せ〜!」「右回れ〜!」「ボディだあ!」・・・・と、
桜朋ファンの声援を多く確認できたし、
男大会の中で、女子試合も十分、惹き付けられると訴求できたはず。

ローを喰らってしまったようだけど、大丈夫かな。
次はもっともっと鍛えてKOだあ。
色々、変革企画も浮かんできたので、
桜朋選手、もっともっと変身してもらおうっと。
既存ファンはもちろん、新規ファンを増やしましょう。

御疲れさまでした。
少し休養して、また、次に向かって下さい。

ラビカラ・石垣代表、ありがとうございました。


続きはfacebookで。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
バンゲ中島選手、ちょっと元気がなかったなあ。
おっ、ボクシング内藤大助選手がAさんと観戦に来ていますね。
teamAK応援かあ。
山内選手のセコンドに三崎和雄選手が。いいね。
全体的に、TKOが1試合だけだったのが残念。
観客席は8割以上埋まっていたので、良かったですね。
バンゲの応援は湧いていましたねえ。
Krushガールズの踊りも面白かった。

今日は、有明でDREAMも行われていたんですよね。
宮田選手、惜しいなあ。フェザーベルトを千葉に持ち帰ってほしかったなあ。
(あっ、高谷選手も千葉だった)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ps・会場でパンフ¥1000を買おうと、万札しかなかったので渡すと、
   お釣りが無いから売れないと・・・
   売店や関係者にくずしてもらえればいいのに、、、
   その場にいた方が崩せず、ラチが明かないので、もういいですと諦めました。
   商売する気があるのかな?
   こんな事まで運営マニュアル作らないといけないのかな?
posted by sports777 at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!