■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2011年07月10日

4年¥346億のスポンサーメリットは?

■ソース
http://www.topnews.jp/2011/07/08/news/f1/teams/ferrari/39383.html
■概略
フェラーリ、F1チーム名を変更
フェラーリが、F1公式チーム名変更を決断。
長年タイトルスポンサーのタバコブランド「マールボロ」が、ついにチーム名から消える。
かつてF1は、多くのタバコメーカーがスポンサーを行っていたが、
各国でタバコ広告が禁止され、現在ではF1からタバコ広告が姿を消している。
しかし、タバコメーカーからのスポンサードが禁止されているわけではない。

その為、今もタバコメーカーのフィリップ・モリスがタイトルスポンサーになっており、
公式チーム名は同社ブランド名を入れ、「スクーデリア・フェラーリ・マールボロ」。
クルマやウエアにロゴを入れることもできないため、
マールボロのロゴを連想させるようなバーコードをクルマやウエアに掲出していたが、
昨年はサブリミナル効果があると話題になり、フェラーリはバーコード掲出をやめている。

しかし、『thef1times.com』によると、フェラーリは公式チーム名変更を決断。
マールボロの名をチーム名から外すよう決めたという。

フェラーリがマールボロの名を公式チーム名に残していることについては、
反タバコ団体からの抗議があったようで、不要なトラブルを避けるための決断。

先日フェラーリは、フィリップ・モリスとの契約を2015年まで延長したと発表したばかり。
フェラーリとフィリップ・モリスの新契約は、4年間で3億ユーロ(約346億円)と言われる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うーん、難しい。
世界的なタバコ離れとスクリーニング。
後世、タバコの存在は無くなるだろうが、今はまだ変換期。

その上で、
F1の最大のスポンサーメリット=広告露出効果が無くても、大金を出す、というのだから、
フェラーリだけでなく、スポーツ界にとって神様のような存在、という見方もできる。
フィリップ・モリスにとって、4年間¥346億のリターンは赤字決済の可能性が高いから。
よっぽど社長がF1好きなのか、強いコネクションなのか、
通常は有り得ない投資。
だから、広告(メディア)露出効果以外で、
見えない大きなスポンサーメリットがあるのではと勘繰ってしまう・・・

仮にフィリップ・モリスがクライアントなら、
やはり、広告露出や販促などの業績に関わる事ではなく、
CSRブランディングを推奨し、次世代ビジネスにシフトして安定するまでの
ブランド再生を提案します。
既に新規事業など、事業シフト策も始まっている事でしょうから、
社会背景・時代背景を考慮すれば、金が掛かっても、そちらを社会に打ち出す事が、
最終的には、マイナスを減らす事になるでしょうから、
そんな場面で、新たなスポーツ活用戦略をアクションしてほしいですね。

スクリーニングされる産業は、タバコだけでは無いですが、
その事業自体が悪と映る産業でも、内部改革中の企業も有りますし、
うまく別事業にシフトしようとする動きもあります。
こういう企業に共通するのは、
会社自体はスクリーニング対象であっても、中の社員達は相当しっかりした方が多い、、、、
過去、御付き合いしたその手の企業を思い起こすと、そんな事が言える。
ただ、結果的に、その事業自体が社会全体からのスクリーニング対象ならば、
スクリーニングされないような事業シフトを行なうしかない。

(以前、CSR専門会社をやっていた時は、Socialブランドに関する相談を受け、
 かなり社会から悪評判だった企業の経営陣と協議し、
 1週間後には社会貢献部を創設して頂き、そこに予算投下させる流れも作れ、
 本体事業の広告を減らすとか、、、、
 別の企業では、消費者目線のPRに変えさせるとか、社会の立ち位置を少しでも
 改善する提案を行ってきましたが、スポーツ活用も同じ。
 スポーツは、それ自体が単体成立していればいい、というものではなく、
 他産業・業態・社会に、直接貢献するモノにならないと、この先、生きていけない。
 これは、マクロ視点で長期的なモノサシからの私見だが、
 事実、こういった事が無い為に、ほころびがでている側面もある。
 つまり、スポーツサイドがスクリーニングどうこう言う前に、
 スポーツ界内部がスクリーニングされるべき事も沢山あるという事。
 スポーツは清き正しきものだから、社会監査の目を配慮して、
 スクリーニング企業と御付き合いできない、と言う前に、
 スポーツ界内部の変革を行うのが筋。)




posted by sports777 at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NTC&アスリートヴィレッジ

JISS隣のNTCアスリートヴィレッジに行ってきました。
日本ハンドボール協会さんの研修会で、少しを話をさせて頂きました。
関係者の方々、いい機会を頂きました、ありがとうございます。
(日本ハンドボール協会「2011開催地責任者・GM合同研修会​」)


帰り際は既にこの暗さ、、、、どこかわからん、、、、(入口です)
110709_201039.jpg


今日は、パーソナルスポンサーシップではなく、
大会スポンサーシップの話でしたが、
ベースの部分は、個人だろうがチームだろうが、大会だろうが、皆一緒。
短い時間で全てを伝える事は無理ですが、
やってみよう、という精神が大事ですから、それを元にアクションに繋げて頂きたい。

資金調達も大事ですが、集客・PR・運営深化も同時に追求して、
第3のプロスポーツ?=バスケに負けない動きが期待されます。

元ハンドボ―ラ―としては、何かしら関わってみたい、という1日でした。

JISSも凄いけど、NTCもヴィレッジも凄いなあ。
立派な施設です。
できる事なら、五輪競技以外の選手にも開放されればなあ・・・

懇親会では、副会長さんと、琉球コラソン・水野GMと深く話をさせて頂きました。
コラソンは、潟Nラブとして以前から注目していましたよ。
クラブでもやれるんだという事、ハンド界にもスポーツ界にも社会にも、
もっともっと証明してやって下さい。


続きはfacebook

posted by sports777 at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!