■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2011年06月30日

スポーツ選手出演CM=アスリートは演技力やサービス精神も求められる時代

■ソース
http://diamond.jp/articles/-/12486
■概略
アスリートが登場するテレビCMで、ちょっと変わった趣向のものが放映。
アサヒビールが今春発売した第3のビール「一番麦」のCM。

 ・06年トリノ五輪フィギュア金・荒川静香=やり手キャリアウーマン役、
 ・04年アテネ五輪ハンマー投げ金・室伏広治=寡黙で頼りがいのある男役、
 ・アテネ&北京五輪を連覇したレスリング吉田沙保里=実力派OL役、
 ・北京五輪フェンシング銀の太田雄貴=就職浪人を経験したこともある若手役
 ・元WBC世界フライ級王者・内藤大助=苦労人の営業マン役、
 ・タイトル無しだが注目度抜群の卓球・福原愛=海外担当若手OL役
6人とも堂に入った演技を見せており、なかなかリアリティがある。
◇かつてはユニフォーム姿やプレーの映像が多かったが
スポーツ選手・アスリートが登場するCMは数えきれないほど作られている。
昔はその多くがユニフォームを着たものだった。
プレー映像を商品にかぶせたり、ユニフォーム姿で商品を薦めるコメントをする。
最近、ユニフォームではなくスポーツとは関係ない演出CMも増えた。
アスリートにコミカルな演技を要求するものも多い。

こうしたCMが作られるようになったのは、
アスリートを取り巻く環境の変化も大きいのではないだろうか。
◇好成績だけでは物足りない不況と震災で揺らぐ従来の価値観
景気がよかった頃のトップ選手は競技で好成績を残せば世間からもてはやされた。
CMでも競技している姿をそのまま見せるだけ、あるいはユニフォーム姿で
コメントするだけで良かった。
だが不況が続き、スポーツ選手を取り巻く環境が厳しさを増した。
アマチュアでは企業スポーツが相次いで撤退。プロスポーツも厳しい状況が続く。
とくに東日本大震災の後は多くの選手が「こんな時にスポーツをしていていいのか」
というコメントをした。
スポーツが存在するのは当たり前で、好成績を残せばいい
という従来の価値観が不況や大災害によって揺らぐようになった。
競技力に秀でているだけでなく、ひとりの人間として商品価値を高めなければならない。
そのためにはサービス精神も発揮しなければならない。
そんな意識が多くの選手に芽生えてきたように感じる。
最近はプロ野球やJリーグの試合後ヒーローインタビューでウケを狙う選手が目立つ。
◇アスリートのCM起用につきもののリスクとは
アスリートCM起用はリスクがある。活躍できないと
企業や商品のイメージがかえって落ちる可能性があるから。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アスリートを取り巻く環境が厳しくなっているのは事実。
不況・災害が記事で挙げられているが、
これ以前にも要素が沢山ある。

ネット普及=これはメディア露出効果の価値観を再考させるきっかけとなった。
二極分化時代=一極集中、大ブレイクという形が生まれにくくなった。
この他にも要素があるが、
結局、アスリートにどう影響するか?

ネガティブな見方をすれば、
戦績TOPを取っても社会認知は取れにくい。
スポンサーが取れなくなり、競技資金に困惑する。
そうなれば、アスリートとして喰っていくのに障害が出る。
競技断念による引退者を多くさせているはずであり、
(これ、誰もリサーチしていないはず。特に五輪競技以外はデータが取れないし。
 嗅覚を頼るしかないが、確実に増えているはず。)
結果的に、スポーツの価値を降下に繋げてしまう。

だからこそ、危機感を持って、時代の変化に沿う事も必要。
まず、危機を危機と感じない選手が非常に多いので、
まずは、情報武装をするべきと提唱しています。
気付いた時では遅い、というケースが非常に多いから。
セカンドキャリアなんて、人生に影響しますからね。

故に、単に社会貢献しろって意味ではなく、
もっと大きな視点で、社会と密接であれと言いたいですね。

ビジネスマンは自分の業界外でも情報を取得し、自業界に活かせないか、
常に考える。
アスリートだって、日々の生活から、何かしらの競技力UPに繋げられないかと
頭を使っているはず。
これって、同じ事なんですが、
アスリートの場合、競技力というテーマにどうしても絞られがちなので、
戦績を上げる事だけに目が行ってしまい、
世の中の動きが判らない方も少なくない。
更に、スポンサーが欲しければ、企業動向までチェックして、、、、と私が伝えている事に、
それはアスリートには無理だろ、というスポーツビズネス関係者もいる。
しかし、やっている人はやってますからね。
やってない人を基準に考えるのはおかしな話で、
学生の頃、勉強していない問題がテストに出て、
それは勉強していなかったから回答できずに不合格でした、と言っているようなもので、
学校テスト結果に言い訳ができないように、
アスリートの人生においても、知らなかったでは済まされない事が多いはず。
だから、今後も、耳にタコができる程に、
口うるさく言うつもり。
それが変革を生むから。

時代は確実に変わってきています。
アスリートに求められる事も、10年前とは違います。



posted by sports777 at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jリーグ・新マーケティング戦略=東南アジア?

■ソース
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2011/06/29/kiji/K20110629001108510.html
■概略
東南アジアでJブランド強化!「ゼロックス杯」国外開催
Jリーグが新たなマーケティング戦略として東南アジアに進出。
現在、国内開催ゼロックス・スーパー杯やプレシーズンマッチを
シンガポール、タイ、香港で開催するプランが浮上。
当面は国際的なスポンサー獲得を進め、
将来的に海外テレビ局放送権料の収入増を目指す。

国内ファン層拡大に限界が見え始め、主要スポンサーの多くが
東日本大震災の影響を受ける中、
Jリーグ関係者は「今後は東南アジアのマーケティング戦略が不可欠」と明言。
既にJリーグのマーケティング委員会でも主要な議題に挙がっており、
タイ、シンガポール、香港が最初のターゲットとなっている。

関係者によれば、画期的な改革案も浮上。毎年、リーグ開幕前に開催される
J王者と天皇杯覇者による「ゼロックス・スーパー杯」をシンガポール開催する案。
またプレシーズンマッチを香港やバンコクで開催する計画も挙がった。
将来的には海外テレビ局の放送権料による収入増を目指すのが狙い。
ベトナムなどには、日本のクラブスポンサーになることを
ステータスと考える富裕層もいるという。
東南アジアでのスポンサー拡大→認知度UP→放送権料UP
という「流れ」を築こうとしている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうか、東南アジアか。
確かに、日本人サッカー選手が散らばっているし、
意外と関係を早く作れるのかも。
富裕層も確実にいるし・・・

富裕と言えば、記事では中国が挙げられていないけど、
サッカーに限らず、スポーツ界はもっと中国の助けを受け入れる
時期なのかもしれないですよね。

スポンサー営業関係者は、ちょっと考えてみて下さい。
まあ、サッカー・野球は、この手の話が上がるメジャー競技だからこそ、
とも捉えられるが、
他マイナー競技も、もっともっと海外に目を向けた方がいいかも。


posted by sports777 at 06:39| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサーシップ・アクティベーション

■ソース
http://www.sp-sp-sp.net/news_WVNAMpJMU.html
■概略
ランニング、ウォーキング大会で配られる販促商品は
USAアタランタ州グラントパークでは、25日に行われた
チャリティランニング・ウォーキング大会で、スポンサーとなった
マクドナルドやホームデポが販促活動。

1000人をこえる参加者にはスポンサー各社から多くの商品が提供。
マクドナルドから新商品ストロベリーレモネードフローズンが、
ホームデポからはギフトカード、ポップコーンのほかにノベルティ。
さらにはホームデポは人事社員を派遣し、採用相談も受け付けました。

体を動かすことによる健康への呼びかけも兼ねており、
レース後には無料サービスで血圧だけでなく血中コレステロールなど測定。
またマクドナルドから、ヘルシーなライフスタイルをおくることができるよう、
マックカフェで行われるコンサート招待もプレゼント。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポンサーシップを突っ込んで、
スポンサーシップ・アクティベーション。

陸上系に限らず、日本の様々な大会もUSAの傾向が波及すればいい。
特にマイナー競技系は、広告スペースを売っても費用対効果が出ないので、
観客数・参加選手数が少なかろうと、
アクティベーション重視であるべき。
何も、マックやデポなどの大手企業でなくてもいい。
大会場の地域企業で十分。
大口でなく、小口をたくさん集める形で、地域祭的な要素が作れれば、
違った角度でのイベントに育てる事ができるかもしれない。

広告出したって売上に繋がらないから協賛なんて興味無い・・・という地元企業に、
参加してもらいやすい状況を作るのは、
協賛販売者の、ちょっとしたスポンサーメリット企画力で変わってくる。

事実、そっち系で、この不況下でも協賛を取っているマイナー大会がありますからね。

posted by sports777 at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

独立リーグ大阪・復活へ、新経営母体

■ソース
http://www.sankei-kansai.com/2011/06/28/20110628-054596.php
■概略
資金難から昨季限りで活動を休止した独立リーグの大阪が、
村上隆行前監督を中心に新たな経営母体を作り、
7月から活動を再開させることが27日、明らかになった。

すでに複数のスポンサーの賛同も得ている。
球団名は昨季までの「大阪ゴールドビリケーンズ」を引き継がず、
新たな名前を公募する予定で、来月4日には大阪府大東市内で初練習を行う。
大阪は一昨年は関西独立リーグ、昨季はジャパン・フューチャーベースボールリーグ
(昨季で休止)に参戦したが、昨年6月に8選手の野球賭博への関与が発覚。
資金難もあり、今年1月には法的整理による解散状態になっていた。
しかし、村上前監督を慕う選手たちを中心にチーム再建機運が高まり、
新たな経営基盤を整備。来季から関西独立リーグに“再参戦”する方向で最終調整。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうか、新名称で再出発かあ、頑張れ!
独立リーグ・・・バスケbjやその他競技に負けず、もっと浸透させないと。

posted by sports777 at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

またアスリートのヌード・・・

■ソース
http://news.livedoor.com/article/detail/5663761/
■概略
可愛すぎる女子サッカードイツ代表、鍛え抜かれたヌードでワールドカップを盛り上げる
サッカードイツ女子代表選手5人が、日本時間6月26日22時に開幕した
2011年サッカー女子ワールドカップドイツ大会を盛り上げようと、
米誌「プレイボーイ」7月号にてヌードを披露し、ネット上で話題を呼んでいる。
プレイボーイ側の直接の交渉を受けた選手たちが、
女子サッカーワールドカップ大会を成功させるため、モデル撮影に同意。
モデル顔負けのルックスに、鍛え上げられた筋肉で引き締まったボディが炸裂。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はい、わかりました、画像がありました。
はい、はい、動画もあるそうです。


海外女性アスリートは、この手の話がちょこちょこ出てくる・・・
http://istyle.seesaa.net/article/125020480.html

日本であれば、アスリートとタレント路線の融合というか、関係性はあるが、
アスリートとモデル路線(ヌード含)って無いですよね。
(バレエ草刈さんの例はありましたが)
アスリートはアスリートでいいと思うんですけどね、、、、

スポンサー獲得の為にヌードになったり、
大会を盛り上げる(?)為にヌードになったり、
海外女性アスリートは凄いねえ。

なでしこjapanはいずれドイツと当たるのでしょうが、
大和撫子の女たるや、を見せてやって下さい。
(脱いでる暇あったら、練習せい!と、勝負つけてやって下さい)

と言っても、やはり話題性は世界中で取れるし、
いいギャラも入っているのでしょうから、
本人の自由だわな。
posted by sports777 at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

熱中症注意 by平井美鈴・笹原右京

http://www.hitosuzumi.jp/message

平井美鈴
フリーダイバー(2010世界選手権・団体・金メダリスト)
AYバナー平井美鈴.jpg
笹原右京
レーシングカート・レーサー(2009世界大会ジュニア世界チャンピオン)
笹原右京バナー.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本環境コンソーシアム運営の「熱中症予防声かけプロジェクト(実行委員会)」
に2名からコメントを入れさせて頂きました。

おっ、K-1選手やDREAM選手やヴィッセルも出てるぞ。
プロレスラー、多いな。

posted by sports777 at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福山英朗氏よりコメント頂きました、有難うございます

レーシングドライバー、TV解説者:福山英朗氏
「スポーツ選手がエネルギーを得る基盤へ」
http://www.athleteyell.jp/s_recommend.html


福山さん、有難うございます。

昨日、ジュニアテニスの事を書きましたが、
モータースポーツもやりましょう。

4輪界とカート界のパイプがもっと太くなれば、
ジュニアの登り方・発掘・チャンスが少しは変わるかもしれません。
posted by sports777 at 12:38| Comment(1) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フリーダイバー平井美鈴、外人ファン開拓?

フリーダイバー平井美鈴、外人向けPR開始。
その1・・・
http://www.timeout.jp/en/tokyo/feature/3868/Free-diving-in-Tokyo

図2s.jpg

Timeout Tokyoさんは、日本の良いものを海外へ伝達する為、
英語・日本語・中国語のマルチリンガルで発信しています。

thanks,Jon.
posted by sports777 at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

笹原右京、みるみる育つ!

レーシングカート笹原右京15歳
「ROTAX EURO CHALLENGE Rd1 ベルギーGenk」

ベルギー3月30日〜4月3日だから、東日本大震災後のコメントです。

母ブログより
http://blogs.yahoo.co.jp/ukyomama17


右京君、あえて厳しいユーロ選手権を転戦して闘っています。
13歳でジュニア世界チャンプを取り、
今年はユーロで、既に4戦中2戦、優勝していますので、
次も優勝すれば、最終戦を待たずに、シリーズチャンピオンになります。
(既にリーチが掛かっています)

そして、日本代表ではなく、ユーロ代表として、
12月ドバイでの世界大会に臨む事になります。
今年も、世界チャンピオンだっ!

ちょっと会わない間に、どんどん大人になっていく・・・
(自分が15歳の時なんて、海外は未知だし、こんなコメント言えなかっただろうな、、、)
5年後、F1に連れて行ってもらいます。マジに。

メディアの方、今の内に取材しておきませんか?
モータースポーツが盛んな欧州では、既に名が通っている人材です。
(左黄色バナーのmail toで御連絡下さい)


・・・・・・・・・・・
今日は、テニスのジュニア選手を育成している鬼コーチこと、
藤井正之氏と御話させて頂きました。
テニス界の改革者で、多くのTOPジュニアを輩出されています。

ジュニア選手の内から、プロ意識を育てる、明確な判断を促す、
テニス界は正直、詳しくありませんが、
ジュニア選手への着目や育成意義といった点で、
非常に似た考え方や熱さを確認してきました。
藤井さんも、ジュニア界を変えると。
自分も、スポーツ界と言いますか、スポーツビジネス面でのジュニアの扱われ方で、
変革を起こしたい。

完成形の選手よりも、
発展途中と言いますか、成長過程が見れるジュニア選手の方が面白い。
サポートのしがいがある。
スクール系ではなく、スポーツビジネス系の方々は、
ビジネスにならないからキッズ&ジュニアは殆ど扱わない。
頭角を現した後に奪い合う。
自分は、そういう点に関心はない。
頭角を現す前からサポートして、ブレイクする所を目の前で見たい。
ビジネス的にはリスクがあるが、単純にその方が楽しいし、関わる喜びにもなる。

(右京君の場合は、世界を取る前から関心があったけど、
 結果的にお父さんと御会いしたのは、世界チャンプを取った後でしたが。)

テニスもモータースポーツも、やはりジュニアと言えども、
TOP of TOPに行くには、海外の荒波に出した方がいい。
藤井氏も自分も、又、他の競技のTOPコーチも同じ事を言う、
それは、強さを求めると最終的には大金が必要・・・
転戦すればエア代もホテル代もコーチ代もチーム費も掛かる。
だから、皆、極める程に資金調達を追求する。
しかし、スポーツ界では、誰も資金調達法を教えてくれないから、
選手もコーチも父兄も困る・・・・
モータースポーツが、最後は富裕層だけが残る仕組みは納得できない。
スポーツは強い者が勝つべき。
モータスポーツに限らず、スポーツに関わっていると、
こんな当たり前の事が、当たり前でない裏側も多く目にする。
そのような事を1つ1つ解決するしかない。
それを課題と思う人がやればいい。
だから、自分がやる。藤井さんがやる。
やらくちゃ!

posted by sports777 at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月25日

女性格闘家(キックボクサー)桜朋梨恵、オーラ出てます!

女性格闘家=キックボクサー桜朋梨恵選手と打合せ。

ブログタイトルにもあるように、
桜朋選手、普段は企業受付嬢であり、
バンテージを巻くとスイッチが入って、恐るべし格闘家に変身します。

桜朋梨恵1s.jpg

(↑ おっと、その左手はシュートボクシングだよ)


ちょっとブランク期間があったようですが、
今は復帰モードで、当然ながら上を見ています。

そして、7月16日(土)後楽園でのKrushに抜擢されました。
さあ、ここで何を情報発信するのか、期待しています。
(バンゲの中島選手も登場するんですね)
K-1に通ずるKrushだから、ここで女子試合が組まれるのは意味があります。
新しい価値を発信するチャンスの場。
活かして下さい。


こちらを見ると、とてもキックボクサーとは思えない、
そして、アスリートとは思えない、しゃべりと思考。
さすが、上場企業の受付嬢、しっかりされています。
まだスポンサーが居ないようですが、
企業スポンサーを呼び込む要素を持っていますね、挑戦して下さい。

桜朋選手、「美人(過ぎる)キックボクサー」とのショルダーコピーを持っていたり、
普段は受付嬢という点から、
結構シュールであったり、シリアスなイメージを抱くかもしれませんが、
・素は、面白いです(笑)
・笑い上戸です(笑)
・庶民派の下町姉御です(笑)
 (こんな風に書いたら、キャラ・イメージを壊しちゃうかっ?スミマセン)
・人間できてます。

あまり口にしない、人に見せない人一倍の影の努力があるからねえ。
桜朋選手、近い将来、更に脱皮して、大きくなるはずです。
生き様に要注目。
多分、アスリートエールにも掲載してくれると思うので、
ファンになって、応援してあげて下さい。

今後、何か、やらかしますよ、この方!
今の内にチェック!
http://ameblo.jp/tiiira/
取り急ぎ、Krushで、OL代表としてぶちかまして下さい。
頑張れ!

facebook
posted by sports777 at 19:04| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。