■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2011年05月19日

明日締切、、、アスリートが社会活動を行う意義とメリット

■ソース
http://eco.goo.ne.jp/news/ecotrend/ecotrend_20110519_324.html
■概略
ウミガメの視点から見た海の世界とは ― 28日に新宿でトークショー
ウミガメ保全に取り組むNPOエバーラスティング・ネイチャー(ELNA)主催による
トークショーが、28日(土)環境学習情報センター(エコギャラリー新宿)で開催。
参加無料。
このイベントは、アジアの海洋生物と海洋環境の保全を目的にウミガメ生態調査を
行うELNAと、フリーダイバーで同団体のソーシャルメッセンジャー平井美鈴の
パートナーシップによる保全活動「マリンアクション」の一環として行われる。
日本代表フリーダイバーである平井さんが、水深80mで感じた海への想いを語る。
トークショー終了後には、懇親会が行われる。参加費4000円。
事前の申し込みが必要。申し込みや問い合わせはELNA事務局まで。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

詳細は、
http://www.elna.or.jp/japan/enlighten/sympo/marine_talkshow.php
明日20日締切です。info@elna.or.jp 担当:井ノ口まで連絡願います。

アスリートが何故、社会活動を行うのか?
それは必要な事なのか?
どんなメリットがあるのか?
無料イベントでアスリートは儲かるのか?(ギャラは出るのか?)

参加されるアスリートには、懇親会で、この辺りを教えます。
大きな意味があります。

マリンスポーツ選手だから、海洋保護・・・
テーマを合わせているのは判ると思いますが、
その先は果たして何故に?

懇親会onlyはちょっと反則(笑)、トークショーを見て、
自分が話す事を想像して見てほしいです。
アスリートの参加をお待ちしています。


posted by sports777 at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レースを変える技術が身近に導入されてきた

先日、EVフォーミュラレースの記事を書きましたが、
今日、こんな記事を見つけました。
「世界初のワイヤレス充電対応スマートフォン、ドコモが発売」
身近な携帯電話に、ワイヤレス充電がいよいよ導入され始めました。

これって、EVレースに応用すれば、
ピットストップ無しで、レース運営できる事になりますよね。
今は、無接点充電と言っても、充電器との距離も関係してきますが、
今後、開発が進めば、走行しているレースマシンに、遠隔充電できる日も来るはず。

あっ、既にAudiが開発していましたね。
http://istyle.seesaa.net/article/109902849.html
  「充電はコース走行中に行えるので、連続したパワーフローが
   可能で大型バッテリーを搭載する必要がなくなり、車重も大幅に軽減。」

ワイヤレス充電技術は、ガソリンレースのEVレース化を加速させるかもしれない。

ピットストップ戦略が無くなるのは寂しいですが・・・
posted by sports777 at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!