■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2011年05月05日

キッズ&ジュニア選手の育て方

■ソース(読売新聞5月5日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110502-00000901-yom-socc
■概略
新しいメッシは滋賀に…すごい7歳サッカー少年
少年サッカークラブ「アズー滋賀FC」でプレーする大津市立堅田小2年、
中井卓大君(7)の大人も顔負けのテクニックには、世界の強豪チームも関心を
示しているらしい。ボールが足に吸いついて離れない。
天才的なテクニックの数々でサッカー関係者を驚かせている。
(読売KODOMO新聞の5月5日号で特集)
http://www.yomiuri.co.jp/stream/m_news/vn110505_1.htm


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以前に、スペインのTVで取り上げられて、バルサのコーチが関心を示した事で、
ネットでも騒がれましたが、
ここにきて、読売新聞で名前と実年齢も全国ネットで報道されたようです。
9歳でなく、7歳なのですね、
確かに、こりゃ凄い。
将来が楽しみ。

2010年4月ベルギーU-9「ソデクソ・ヨーロピアン・ルサス・カップ」MVPの
久保建英君(2009年FCバルセロナキャンプ最優秀選手)も期待しています。
現在、川アフロンターレU-10所属なのかな?
浜田さんがコメントを出しているので、バルサ行き、決定かな?(笑)
となると、中井君も・・・

このまま順調に育って、ユーロ、ブラジルの子供達が敵わない世界TOP基準を
維持・増大してほしいです。
技術面は既に認められているので、周辺の大人が良い方向に導くはず。
後は、プロ意識や社会性など、御両親の腕に掛かってきますよね。


・・・・・・・・・・・・・
キッズ&ジュニア選手の御両親と話し合う機会も最近増えましたが、
やはり、世界レベルを大人まで維持・成長できるなと予測できる子は、
親が世界感覚を持っている。
日本一でなく、世界一を目指す子を育成する両親が、マクロな視点を持って、
厳しい人的指導を行なっている、という共通項が見えます。
技術面は、TOPコーチを頼ればいい。
しかし、競技技術以外はコーチを頼れず
(技術コーチでは、挨拶やスポーツマンシップ程度が限界)、
基本的な人間育成は、やはり親の手に掛かってくる。
世界転戦すれば、学校を休まなくてはならず、教師より親との接触時間の方が
圧倒的に多く、まさしく親が教師という事になります。

全て1番を取ってくる子に、鼻天狗にならぬように叱る事も大事だし、
子供と言えども、社会感覚を学ばせる事で、選手としてではなく、
人としての成長をキチンと導く。

やはり、親を見れば、子の方向性が見える、、、
これはアスリートの技術成長面にも共通する、大きな影響点だと思います。

期待できるキッズ&ジュニア選手程に、御両親が慎重に育てなくてはいけないし、
良きメンタルトレーナーでなくてはならないし、
良き教師でなくてはならないし、
騒ぐ周辺環境から守らなくてはならないし、
甘い誘惑から距離を置かせなくてはならないし、
甘い取り巻きビジネスからも守らなくてはならない。
だから、TOTALして、両親は最大・最高のマネージャーであるべき。

ちなみに弊社がケア依頼される事もありますが、
あくまでも2次的な、部分的なマネージャーに過ぎない。
特に18歳までは、
子に親の苦労(あらゆるサポート面)を深く認識してもらう為にも、
最後の最後に守ってくれるのはやはり親、という関係を深く築いてもらう為にも、
第三者が前面に出ない方が、選手にとって良いはずという考えでいます。
それはスポーツを超えた域にあるはず。




posted by sports777 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

企業スポンサー交渉を行なう後援会

■ソース
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2011/05/04/kiji/K20110504000756210.html
■概略
東日本大震災で被災した岩手県釜石市・本拠地ラグビーのクラブチーム、
釜石シーウェイブスを支援しようと、チーム前身の新日鉄釜石OBらで
組織する「スクラム釜石」の発足が発表された。
新日鉄釜石の日本選手権7連覇に貢献した元日本代表SOの松尾雄治・
成城大監督(57)らが中心となり活動する。
釜石シーウェイブスは年間8千万円の予算を組んで活動しているが、
地元スポンサー企業などが被災し、2〜3千万円の減収が見込まれる。
スクラム釜石メンバーは試合会場での募金活動や企業スポンサー交渉を
するなど側面から支援していく。
松尾氏は「釜石を復興させたい。完全に復興するまで活動は続く」と話した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://www.facebook.com/scrumkamaishi2011
facebookページもできています。
http://twitter.com/#!/scrumkamaishi
twitterも。

いわゆる「後援会」とも言えますが、
それ以上の機能を持つ強い組織になりそう。
(本来の後援会のあり方、という観点で、手本になりそうな気配)

会費による資金調達は、どこのチーム・クラブでもできますが、
会員がスポンサー営業まで行なう機能は、有りそうで無い世界。
(役員がコネクション繋ぎに寄与するケース等はいくらでもありますが)
ですから、スクラム釜石の会員が、一丸となって企業開拓を行なう
仕組みが進めば、地味に見られがちだが、実は画期的なものとなるかも。

多くの競技チームは、ファンクラブ・後援会を持つが、
基本的には応援団(サポーター)で会費収入がチームの経済を助けます。
ここに経営者などが入会すれば、
そのコネクションがスポンサー成約に進むケースはあるのだけど、
その稼働がベース化された後援会というのは、中々見つけられない。
チーム本体のスポンサー営業マンの他に、
会員全員がスポンサー営業マンとなる後援会ができれば、
それはそれは凄い事。

不況の上に、災害も重なり、自粛ムード打破とは言っても、
スポーツスポンサーシップの成約率は、確実に落ちる。
だから、個人選手でもチームでもクラブでも、
そんな社会情勢の中でも、成約させる工夫をしなければならない。
新しい手法もどんどん取り入れる必要がある。
スクラム釜石は、新しい手法の1つとなって、
他チームやスポーツ界に影響を与えてほしいです。

スクラム釜石、頑張って下さい。
松尾さんが指揮を取れば、有りそうで無かった、
本来こうあるべきという「後援」の姿をリアル化してくれるかもしれない。
期待しています。


PS・本来の「後援」のあり方を追求、、、という事で、
   今日の打合せで、上記とは異なる仕組みを考えました。
   まだ調整に時間が掛かりますが、年内に現実化させたいなあ。

posted by sports777 at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!