■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2011年04月30日

2輪もついに電動レース化が見えてきた

■ソース
http://response.jp/article/2011/04/30/155773.html
■概略
プロスタッフ、マン島TT参戦電動バイクの走行シーン
マン島TT/Zeroクラス参戦を決めたプロスタッフが、「TT零-11」を公開。
TT零-11はトライアンフの『デイトナ675』をベースに、座席直下に
バッテリーユニット、さらにその下にパワーユニットを集中させた構造。
ストリップを見ると、その2つのユニットがマシンの中心を上下に貫いている。
ベース車両と比較すると6.5kg軽い178.5kgの車重。
リチウムバッテリーで2基の直流モーターを駆動させ、最高速220km/h。
汎用BMS(バッテリー・マネージメント・システム)とバッテリーが収納された
バッテリーボックスはカーボンファイバー製で、剛性を補強する役目を果たし、
「ベース車両よりたわみが少ない、より電動バイクとして適した仕上がりに
なっている」(同社広報課・寺西亮氏)
スパ西浦モーターパークで27日にテストランを終えたチームプロッツァの
ライダー松下ヨシナリ氏は、「エンジン音がないということに、未来を感じた」と、
日本初の電動レースマシンへの期待をにじませた。
国内初の電動レースマシンの映像。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

凄い、、、、当たり前だけど、吸排気音が聞こえない。
キュイーンと、何とも言えない駆動音とタイヤ接地音?

4輪だけでなく、2輪も電動レースが見えてきた。
まだまだ、4輪も2輪もテスト域だけど、
近未来、電気・水素・燃料電池系にシフトするのは避けられないので、
もうそのレールは始まったと読めます。

荷重配分や空力や、改善点は色々あるのだろうけど、
モータースポーツ界は無音レース時代を受け入れないといけない、
過渡期というか、岐路に来ているのでしょう。
posted by sports777 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

0528・Marineトークショー

フリーダイバー平井美鈴選手と、
NPOエバーラスティングネイチャー(ELNA)がタッグを組んで稼働している
Marineアクション」が、『Marineトークショー』を行ないます。
http://www.elna.or.jp/japan/enlighten/sympo/marine_talkshow.php


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
内容 ◆水深80mの世界で感じた「海への想い」とは・・・(平井美鈴)
     ◆ウミガメと私達人間の生活 〜ELNAの活動現場から〜(ELNA)
日時 :2011年5月28日(土)
     14:30開場
     15:00〜17:00トークショー
場所 :新宿区立環境学習情報センター(エコギャラリー新宿)
     東京都新宿区西新宿2-11-4
     http://www.shinjuku-ecocenter.jp/facilities/access.html
参加費:無料
     懇親会ークショー後に、懇親会を行ないます。
     海のエキスパートや海好きな仲間達とお話ししましょう!
     お気軽にご参加下さい(事前申込が必要となります)。
     (参加費は1人4,000円、時間17:30〜19:30、場所は新宿駅周辺)
申込 :下記内容をinfo@elna.or.jpまでお送り下さい。
     1.ご氏名 2.メールアドレス 3.ご住所 4.懇親会の出欠
締切 :2011年5月20日(金) ※定員になり次第締め切らせて頂きます
主催 :Marine Action(NPO法人ELNA+フリーダイバー平井美鈴)
後援 :潟Xポーツゲイン
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フリーダイビング・世界ランカー(CWT世界4位、アジア1位、団体世界1位)の
平井さんは、マリンスポーツの第一人者として、
競技で世界一を目指すのは当然の事、
社会との結び付きも同時追求する為に、
単なるプロモーションやキャンペーン的なものへの参加ではなく、
実質的な「アクション」に努めようと、
地味な活動に見られがちではありますが、本物を追求して動いています。

海洋保護・海洋生物保護のELNAというNPOは、
インドネシアのウミガメ卵の聖域とも言える孤島を自主管理し、
関東では漂着死体を1体1体、解剖調査し、
小笠原では海洋センターを運営し、
水産庁の事業で、生きた恐竜とも言えるオサガメの研究も行なう本格的NPO。

ただ、アカデミック過ぎる点もあって、中々一般社会に着目されにくい。
そこで、Socialな部分のメッセンジャーとして、平井選手とタッグを組み、
判りやすく、陸以上に危機が迫る海の保護に目を向けてもらう為の
アクションを始めました。

表面的な支援や参加では、世間の評価を得られない。
だから、平井さんは、地味でもいいからと、実質的な部分に入って行っています。
例えば、ビーチに打ち寄せられるウミガメ漂着死体。
ぶっちゃけ、半端無い臭いだし、
腐敗したものまで全て解剖しなければならないので、
一般の方から見れば、相当グロテスクなもの。
ただ、そのような事も誰かがやらなくてはならない研究だし、
そこからしか得られない生態情報が秘められている。
平井さんは、このような場面にも参加して、現実を見ています。

アスリートがNPOやその手のアクションの広告塔になる事例は多い。
しかし、非常に短期的であったり、表面的なケースが殆ど。
そんな中で平井さんは、もっと深い所に行く意識だし、
学術的レベルの勉強もしています。

アカデミックな情報を、アスリートがわかりやすく通訳する。
これが、広告塔やサポーター等とは違う、「メッセンジャー」です。

タレントは、リーチ力を使って、どんどん広告塔になればいい。
これは、情報量を増すという点で否定しない。
ただ、これからのアスリートは、タレントとの差別化を込めて、
平井さんのようなメッセンジャーとして、社会に関わっていく量を
増やしてほしい。
例えリーチが無くても、その分、深さを追求すればいい。
深さを追求する事で、通訳(代弁者)になれる。

東日本大震災で、多くのアスリートが動いた。
アスリートの社会との結び付き=Social性という面で、
新たな役割とも捉えられる。
災害・環境・生物・人権・福祉・飢餓・・・・テーマは何でもいい。
競技技術追求の他に、もう一つ、社会関係度を追求するアスリートこそ、
今後、社会に、企業に、ファンに、真に必要とされる時代になるはず。
(いや、そういう時代は既に始まっている)

これらは、ファン開発・スポンサー獲得・競技技術向上・戦績UPにも
密接に繋がってくる。
メンタルが備わってくるし。

という訳で、上記トークショー、
アスリートの皆さんも、平井さんがどんな事をしているのかを知る為にも、
見に来て下さい。ヒントになるはずです。無料だし。
(弊社は何故か後援なので(笑)、会場で会いましょう)

トークショー終了15分後に、平井さん出演のAMラジオ番組が
始まる為に、皆で聞いて、アスリートの在り方やPRの仕方や、
メディア調整など、色々な話ができれば幸いです。

マリン競技選手、釣り人、漁師、海洋保護系NPOなどの、
普段、海に関わっている方、又、単純に海が好きな方、
環境省&水産庁、海上保安庁、、、、等、海が仕事場という方、
船・海産物・ボートなどの海系企業の方、
企業CSR部門の方、中小企業経営者の方、お待ちしています。
posted by sports777 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!