■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2011年04月23日

F1が将来、EVレースになる?

■ソース
http://response.jp/article/2011/04/06/154394.html
■概略

世界最高峰の自動車レースF1。そのF1が将来、EVになるかもしれない。
これはFIA(国際自動車連盟)のジャン・トッド会長が4日、
英『フィナンシャル・タイムズ』とのインタビューの中で明かしたもの。
同氏はFIAの意向として、「2013年にも、EVを使った新しい国際レース
シリーズを立ち上げたい」と語ったという。背景には、EC(欧州執行委員会)の存在。
ECは、欧州でEVの早期普及を目指す立場。新たなモータースポーツの形を
模索するトッド会長との間で、EVを使った国際最高峰レースのアイデアが
生まれたというわけだ。
ただし、このEVレース、現行のF1とは別のシリーズになる見込み。
しかし、『テレグラフ』の電子版は4日、「将来、新しいF1になる可能性」と伝えている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

F1がEVレース化?
別モノとしてスタートするようですが、
いよいよ、ガソリンレースの終わりが見えてきたような予感もあります。
環境保護、石油枯渇などを配慮すれば、当然、行き着く場所。
吸排気音が無くなるのは、モータースポーツ・ファンとして耐え難いが、
仕方ない時代になるのであろう。

いやいや、まだEVレース・オンリーになるには、相当な時間が掛かるけど、
ただ、F1に近い所で、このような話が出てくると、意外と早く展開するのかも?

非常に微妙な話ではありますが、受け止めなくてはいけない時代が来るのは近い。


20日〜ニューヨークモーターショーで、
日産リーフのレース仕様EVも出たし、
ゼロエミッションレースの話題も上がってきているし、、、、
運動性能はEVでも十分楽しめるレースができるのであろうし、、、、、
ただ、爆音の無いレースに慣れるのに時間が掛かりそう、、、、

まあ、後世のモータースポーツ選手は、
「爆音って何?」と言う世界になるのだろうな、、、



posted by sports777 at 03:46| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!