■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2011年04月11日

スポーツ流用のアイデア求む

2011年01月27日に記事化した、ヒーローの胸や腕に企業ロゴ
現実にスタートしたようですね。
面白い。

http://www.tigerandbunny.net/link/index.html
SoftBank、S.H.Figuarts、BANDAI、Crusade、
pepsi、USTREAM、DMM、Calbee、牛角、Fujitsu、.ANIME等。

犯罪・災害をヒーローが解決する場面をTV中継し、
貢献度合いで真のヒーローを決めるという設定らしいのですが、
各ヒーローのコスチュームに実在の会社がロゴを背負う(つまりスポンサー?)。

スポンサーシップのロゴ露出効果というものを、子供向けアニメで活用しています。
本来、スポーツではアスリートが企業に寄与する為にロゴを背負う。
これは、広告(メディア)露出効果が無くては、意味をなさないケースが多いが、
そもそもテレビ番組というベースを使っての話であるから、
しかも、キッズ向けだから発想が面白い。
(初期洗脳として、正しいかどうかは別として、面白い)

やろうと思えば、アイドルでもできますが、
(いや、現状の広告ビジネス界だと色々な条件や契約状況で難しいかな)
しかし、しかし、
そもそもロゴ背負いは、スポーツ(アスリート)の専売特許。
アニメ界に負けていられません。

どうにか、この大きなヒントをスポーツに流用したい。
これはどうだ、あれはどうだと考えましたが、
どうも現実的な所で、まだうまく組み立てられない。

どなたか、スポーツ流用のいいアイデアのある方は連絡を下さい。
(左の黄色いバナーの2段目がmail toになっています)


posted by sports777 at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!