■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2011年03月15日

スポーツのポジショニング

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自粛系?(スポーツ界)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ソース:【杉山茂樹コラム】サッカーやってる場合ですか
■概略:「こういう時期だからこそ、サッカーで世の中を盛り上げよう」という声も耳にしますが、違和感のある言葉に聞こえて仕方がありません。世界に日本人が元気でいることをアピールする必要は、どこにあるのか。それはいま元気でいる人の発想に他なりません。・・・・・
■ソース:ペナントレース延期?選手も「野球どころではない」
■概略:まずは国民感情が最優先になる。「こんな国家的危機に何がプロ野球だ」というのが一般世論だろう。選手の中から「野球どころではない」「野球をやっていいのか」という声が出ている状態で、開幕を強行することは許されないだろう・・・・・
■ソース:「日本の危機」ボール投げてバット振り回してる場合じゃない
■概略:ダルビッシュ有投手(24)、続く余震や原発の爆発などを受け「ボールを投げてバットを振り回している場合じゃない。日本の危機」と悲壮感をにじませた・・・・
■ソース:計画停電なのに山ほど電力食う試合やっていいのか

「避難所には暖房もない。病院ですら節電に励んでいる。夜の球場を昼間のようにライトに照らして野球をやろうものなら、何でこんな時に娯楽のプロ野球なんかに電気を使ってるんだ! と、お叱りを受けることになるのは必至。」やっぱりプロ野球は当分できないだろう・・・

■ソース:際立つ巨人・清武代表のズレ GT戦「被災者支援」実施
■概略:巨人側から「収益金一部を被災地支援に当てたい」と大義名分を持ち出されれば、ビジター側の阪神も首を縦に振らざるを得ないところ。ただ、「国難」ともいえる緊急事態のなか、各球団ごとに任意の判断で興行を打つことについて、足並みの乱れは否めない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
前進系?(スポーツ界外)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ソース:おちまさと『不謹慎』とは何か
■概略:現在あらゆる楽しいこと(ライブ・イベント)が中止を余儀なくされている。流石にこの時期に『不謹慎』。しかしこの『不謹慎』のボーダーは誰にもわからない。どこまでが『不謹慎』なのだろうか。我々働ける人間はゴリゴリ働いて生産していかなければならないのも事実。
■ソース:ホリエモン「節約自粛だと本当に日本経済がクラッシュ」

■概略:多くの人が自粛や節約をする中、「一番やばいのは東京から人がいなくなって経済が回らなくなる事。自粛ムードで経済を停滞させること。どんどん経済回ないといけないのに節約自粛だと本当に日本経済がクラッシュする。放射能よりも怖いのはそっちだ。」とコメント・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
他、スポーツ意義系
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ソース:非常時こそ問われるスポーツの存在意義
■概略:津波の残骸の中で孤立し助けを求めている人たちがたくさんいる今は、救出が先決だし、立ち直るにはまだ相当時間がかかりそうだが、いつかはスポーツの力が必要になる。その時、スポーツの存在意義が示される・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


スポーツに関わる者として、非常に考えさせられる。
スポーツというものに対して、
自粛というメンタル面もあるし、計画停電等の物理的なものもある。
スポンサー営業に関しても、
上場企業程に東北支店を持つ為に、本業影響しているし、義援金が優先されるのは当然。
まだまだ不明者が多い中で、協賛営業が通用しない状況は、
ホリエモンの言うように、少しでも経済を回したくても回らないという実情も出てくる・・・

計画停電している中で、照明を焚いて試合をするというのも、
社会的評価にも影響するし、現実的な節電逆行という事にも繋がってしまう。

不明者がキチンとゼロとなり、放射能問題(停電含む)が解決されないと、
社会全体が動きたくても動けない状況もある。
東北の為にも、経済を回す一端にならなくてはならないが、思えば回るというものでも無い。

非常に考えさせられる。
いや、それ以上に考えさせられるのが、スポーツの存在意義・社会的価値だ。
無論、復興段階には、スポーツの力は必要になる。
が、平時でも深いニーズある存在・評価にならないと。

つい先程も、この時期に海外遠征に行っていいのか?という相談を受けたが、
明確にアドバイスできなかった。
放射能が関東にも、、、といっている時に、家族を残して海外で競技?
いや、ライバルに先を越されないように、競技だけを見て遠征実行!?
判断が難しい。
世間の目は気にせず、自分の状況だけで考えてみて・・・というような
曖昧なアドバイスしか、今はできない。
この1週間で、色々社会が動くかもしれない、、、、もう少し待つ・・・

平時での、スポーツの存在意義・社会評価を明確にできていれば、
もっとマシなアドバイスができたであろう。
(スミマセン、、、、)


昔の、World PeaceやECO等を含めたNPOに専念してみようかな・・・
という心境を思い起こしているのと同時に、
別にホリエモンの信者じゃありませんが、
できる限り、グイグイ前に進まなくてはならないという気持ちが交ざり、
その真ん中にスポーツがあるような感じでしょうか。
もちろん、後者のグイグイ前に出る道を進まなくてはならない。
が、ちょっと考える時間がほしい・・・

世の中の究極は、衣食住。
時代的に、社会的に、経済的に、先行き不安が大きい中で、
今回の地震による問題提起は、全ての人間の意識改革に繋がる程に大きいもの。
出口の方向は判っていても、少し考えなくてはならない。

スポーツとは何?・・・の答えを早めに出さなくては。人生に関わる一大事である。




おいおい、今度は静岡で震度6強か・・・
自然は待ってくれないな。

posted by sports777 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UFCがストライクフォース買収

■ソース
http://www.daily.co.jp/ring/2011/03/14/0003864989.shtml
■概略
世界最大の総合格闘技団体・米UFCを主催するズッファ社が、
業界第2位の米ストライクフォース(SF)を買収することが13日、明らかになった。
UFC公式サイトで公表されたもので、
06年に米WECと米WFA、07年にPRIDEを買収したUFCが、最大のライバルを手中に。

日本の大手団体のうち、DREAMは主催するFEGの経営難で今後の日程が発表できず、
SRCは親会社でメーンスポンサーのドン・キホーテの撤退により消滅の危機。
米第3団体ベラトールFCとUFCには大差があり、今回の買収で総合格闘技界は
UFCが事実上、天下を統一したといえそう。
なお、SFの活動は今後も従来通りで、スコット・コーカーCEOも続投するという。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おお、UFCがついに・・・・・
ストライクフォースのブランドは残るようですが、
日本の総合格闘技にも大きく影響するのでは。

DREAM・K1が見えない状況ではありますが、
また、一般視聴率が減り、観客も減ってはいますが、
それ、一般コンテンツ化というモノサシでの話ですよね。
無論、チケット収入が伴わないと、興行として持続できないのは当然ですが、
日本のコアファン数・競技人口を集結すれば、
まだまだ強いコンテンツに成り得ると思います。
それが進行(振興)しないのは、
ちょっとバラバラ過ぎる面も一因ではないでしょうか。

あくまでもスポーツとして、格闘家をアスリートと考えれば、
地味でもいい、コアファンを最重視する基本に戻るべき岐路に来ていると思います。

総合格闘技、いや、立ち打撃も全部含めて、
格闘技は、もっともっと横の連携を太くして、地盤固めに戻るべき・・・

posted by sports777 at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

速い・強いは、スポンサー成約に比例しない

■ソース(2011.3.15 Sankei Biz
http://www.sankeibiz.jp/business/news/110315/bsl1103150501003-n1.htm
■概略
人材教育コンサルティング業のアチーブメントは、
4月開幕・2011全日本フォーミュラ選手権シリーズ(F3)でメーンパートナーを務める。
10年度に続く取り組みで、ドライバー教育に積極的に携わっていく。

F3はモータースポーツの最高峰、フォーミュラ1(F1)への登竜門。
一般的にスポンサーには自動車メーカーや部品などにかかわる企業が名を連ねる。
その中で、異質なアチーブメントがF3を全面的に支援するメーンパートナーに名乗りを
上げた理由を青木仁志社長は次のように語る。
「F3の広告効果は決して高くないが、F1を目指して志ある若者が集まってくる。
世界最高峰の人材教育コンサルティングを目指す当社の企業イメージとうまく重なる」。
また、モータースポーツはチーム組織力が勝負を大きく左右することも関係している。
単年度契約だったが、「きちんとした答えを残したい」という理由から、11年度も契約。
メーンパートナーとして同社が力を入れているのが、ドライバーに向けた教育。
F3ドライバーの中心年齢層は30代前半で、技術的な講習を随時受けている。
これに対し、アチーブメントは、目的と目標達成に向けたコンサルティングによって、
スポンサーを集める力など「人間力」を開発すること。
ドライバーは「速く走れる者にスポンサーがつく」と思いがちだが、
青木社長によると
「この人を支援したいと思う心を周囲に芽生えさせる事が重要」。
アチーブメントは主に経営者を対象にした人材教育を行っているが、
「経営者とドライバーは意思決定に至るまでの思考過程が似ている」(青木社長)という。
このためドライバー向け講義では、意思を行動にどう落とし込んでいくかという手法を伝授。
土曜日のレース終了後に希望者を対象に2時間程かけて研修を行い、10年度は1回当たり
平均20人が受講。
11年度も引き続き教育活動に力を入れて、世界に羽ばたくドライバーの輩出を目指す。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まだまだ地震による課題が新たに挙がってきている社会状況ではありますが、
当ブログのコンセプト話題、
あえて、この時期だからこそ、ピックアップして行きます。

上記記事で大事な事の1つ目は、
アチーブメントさんの目的は広告効果ではなく、本業にマッチさせた点にある事。
F3と言えば、FJなどに比較したら、F1に近づいてくるポジショニングで、
ある程度(個人的には少ないと思うが)の観客が入る元でレースが行われます。
しかし、プロ野球・サッカーに比べたら、
専門誌・CSなど以外は、マスメディア露出は殆どありませんから、
いわゆる(マス)露出効果は期待できない・・・それはアチーブメントさんも納得済み。
モータースポーツの企業スポンサーは、
元々、モータースポーツが好きなオーナー会社が多いですし。

よって、改めて再確認すべきは、スポンサーメリットを何とするか、、、、ですよね。
企業によって、スポンサードの目的は異なりますから、
それに則したスポンサーメリットを提示すれば、成約も上がります。
その為には、アプローチ先をよく研究しなくてはならない。
各社でスポンサーメリットが異なるなら、共通セールスシートだけでは、
プレゼンはうまく行かない・・・という事を示しています。
故に、企業スポンサーを得ようとするアスリートは、カスタマイズシートが必須。
(無料PDFレポートを参照)

・・・・・
もう1つ重要な事は、
「速ければスポンサーは獲れる」「強ければスポンサーは獲れる」というのは、誤解である事。
無論、速い方が、又、強い方が、
遅い人よりも、弱い人よりも、スポンサー獲得率が多少高くなるのは当然なのですが、
逆から言えば、
遅くても、弱くても、スポンサーは獲得可能という事が言えます。
何故なら、企業スポンサーは、戦績に対してスポンサードを決定しているのではないから。
企業スポンサーは、スポンサーメリットをモノサシにスポンサードを決定しています。

マラソン選手など、速くTOPを走れれば、2時間もテレビ露出される事もある・・・
こういった面では、速くなければスポンサーは獲れない・・・とも言えます。
しかしながら、
それはメディア露出というモノサシで有利なだけであって、
上記記事のように、そもそもメディア露出や広告効果をモノサシにしていない・・・
という企業には、いくら広告を前面に出しても、意味の無い事になってしまいかねません。
あくまでも、
企業が最も望むこと(上記でいえばブランディングと教育)を提案できれば、
極端に言えば、遅くても、弱くても、スポンサー獲得は可能となります。
(今、アチーブメントさんが協賛しているチームが弱い、という意味ではないですよ、
 ここは誤解の無いように)

そして、上記では「人間力」と記載されていますが、
私も全く同感です。
スポンサー成約の過程で、やはり最後にものをいうのは、「人間」です。
人間力・人間性・個性・社会力・社会性・パーソナルブランド・・・色々な表現がありますが、
ぶっちゃけ、
遅くても、弱くても、人間が認められれば成約はできる。
もちろん、そこには企業寄与力が入っている事もお忘れ無く。
ただ単に、話術がある、熱意が高い・・・という「人間」ではなく、
社会常識・マナー等はもちろんのこと、アスリート以前に社会人である点、
そして、思考回路と言えばいいのでしょうか、
この選手は当社にメリットをもたらすな・・・と認めてもらう事が先決。
価格の問題じゃありません。

熱意・根性で、価格不相応ではダメ出し、
スポンサーシップの基礎を分かっていなければ、
どんなにチャンピオンでも成約してもらえません。
成約を取れる条件を簡潔に言うならば、「人間力」とも言えると思います。

具体的には、
時間がかかるので、御関心のある方はメールで連絡を下さい。
最低3時間のアスリート面談に入りますので。


※「速い・強い」が、スポンサー成約に比例する、、、という事なら、
  サッカーならJリーグしか、マイナー競技ならチャンピオンしか
  スポンサーは獲れないという論理に成りかねない。
  そんな事はありません。
  戦績下位でも、アマ選手でも、キッズでも、スポンサーは獲れています。
  故に、
  「遅い・弱い」でも、スポンサーは獲れる。
  企業のスポンサーメリットにマッチングさえできれば、スポンサー獲得は可能。
  実証できている事です。



posted by sports777 at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!