■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年12月03日

アスリートエール掲載

バナークリックでチェック!

セパタクロー・ラクロス.jpg

セパタクロー対ラクロス企画がスタート!
對馬裕佳子.jpg
ダーツ對馬裕佳子選手のクリスマス企画も進行中!
割鞘ジュリ.jpg
スーパー高校生サーファー・割鞘ジュリ選手企画も進行中!



又、アスリートエール新掲載3選手を紹介します。
並木今日子.jpg
もうすぐアマからプロへ、並木今日子選手スタート!
小沢槙穂.jpg
グランドスラム出場を目指す小沢槙穂選手もスタート!
楓 尚樹.jpg
2014年ソチ五輪を目指すジャンパー・楓尚樹選手もスタート!
posted by sports777 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサー争奪戦

■ソース
http://mytown.asahi.com/nara/news.php?k_id=30000001012010001
■概略
☆ブーム追い風 受け皿に

奈良、天理両市で5日、第1回の「奈良マラソン」が開かれる。1万人定員は
あっという間に埋まり、関西で今後相次ぐ同様の市民参加型大会とともに
マラソンブームの受け皿になりそう。
◆スポンサー争奪 規模抑制
奈良マラソンは、5月10日募集開始から5日目で定員の1万人に達した。
来年以降に募集を始める大阪(開催時期2011年10月)、神戸(同11月)、
京都(同12年3月)の3大会の定員は、奈良より多い1万5千〜3万人。
奈良の人気ぶりに、関係者は「うちも大丈夫」と胸をなで下ろした。
マラソンブーム火付け役となったのは07年の「東京マラソン」。
年々応募が増え、来年の第5回大会は、定員3万5千人に33万人が殺到。
抽選の結果、約30万人もの「マラソン難民」が発生。
新設ラッシュで懸念されるのはスポンサーの取り合い。
「マラソンを起爆剤に」と橋下徹知事が主導する大阪は、東京の約15億円
に迫る約11億7千万円の予算を見込むが、ほかの3大会は「東京や大阪の
ようにスポンサーを集めるのは難しい」として約2億〜6億円規模に抑える。
4千人以上のボランティアが運営をサポートする奈良は最安の2億円弱。
樋口さんは「スポンサーが集まりにくい地方都市でも、工夫すれば1万人
規模のフルマラソンができる。奈良はモデルケースになる」と期待する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

地域にいくつものスポーツ(クラブ)が生まれて、
企業スポンサー争奪が発生する事は既に起こっている事だが、
強気なマラソンなら、まだまだダブりも可能と思うのですがどうでしょう。
(と言っても、この辺りの専門家は既に次を読んでいますが)

上場企業なら、色々な現地との事情や相性もあるでしょうが、
効果優先時代なら、多少近くてもOKでしょうし、
地域企業なら尚更でしょうし、
マラソンは強いなあ。少なくとも後2年は強気で行けるはず。
(但し、もう次を考えなくてはいけないと危機感を持つ専門家もいますが)

観る人が多いのも大事ですが、やる人が多いという事実作りも大事ですよね。

posted by sports777 at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松田選手スポンサー会、12社2年間

■ソース(2010年12月1日・朝日)
http://www.asahi.com/sports/spo/SEB201011300015.html
■概略
北京五輪の競泳200mバタフライ銅メダリストの松田丈志選手(26)を支援する
宮崎県内企業12社のスポンサー会が発足。年間1千万円を2年間にわたり支援。

会長の清本英男・清本鐵工社長は「スポンサー探しで苦しんでいる2人を地元が
支えようと集まった。二人三脚で頑張ってほしい」と激励。
松田選手は「スポンサーが決まらず練習以外に時間を取られることもあった。
これで水泳に集中できる。ロンドン五輪で皆さんに恩返ししたい」とお礼を述べた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

年間1千万を12社・・・1社100万程の負担という計算になるが、
これまでのスポーツスポンサーシップに多かった、メイン&サブという分け方、
又、プラチナ・ゴールド・シルバーという分け方と違い、
寄り合いスポンサードと言いますか、
後援会スタイルと言いますか、
時代を象徴した協賛の形。

ビジネスライクなスポンサーシップだと、権益面の争いも無いとは言えない中、
「支援」に近い「協賛」だからこそ、形になるもの。
今後、こういうスタイルは増えると思います。
(思うではなく、既にアマチュアでは所々にあるし)

大きな視点では、スポンサー会というよりも後援会。
12社のスポンサーメリットは、各社100万分はあるのでしょうが、
権益よりも心が先行する、あわゆるリアル後援会の形でしょうね。

PS・
カレッジ参加選手、マニュアル学習選手は、
これらの応用話・・・頑張って下さい。

posted by sports777 at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!