■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年12月01日

上野敬裕氏『アスリート支援の現状と課題』

STCI上野2.jpgSTCI上野1.jpg

STCI(湘南トラッククラブ・インターナショナル)上野敬裕代表が、
東海学園大学・人間健康学部にて、
『アスリート支援の現状と課題』というテーマで講義をされました。
(上野氏ブログ 、AYレポート


この中で、アスリートエールの紹介もして頂けまして、非常に有り難く思います。
上野さんには、推薦メッセージもお願いしています。

上野さんとは情報交換を密に行ない、
アスリートにとって何が必要だ、何が不足している、どういう情報提供やサポートがベスト?等、
「観る人」よりも「やる人(アスリート)」を変革しなければ、
スポーツ全体のレベルアップに繋がらない・・・等の話をしているつもりです。
その結果、アスリートに対して何をすべきなのか・・・・という最も基本的なコンセプトを追求しています。

上野さん自身、永く選手を育成してきた立場・思考・戦略・対策をお持ちなので、
スポーツ界2年生の私には、先生です。
上野さんには常日頃から頭があがりませんし、
(一生、教えてもらわないと)
現場を知っているから強いですし、改革論を持っているから強いですし、
何より、アクションが早いですから。
(アマチュア選手はスポンサー営業という面で学ぶべき。
 あっ、今度、アスリートカレッジで、スポンサー獲得講座・営業編の講師をして頂きます!)


苦労されているからこそ見えるものがある、
それが起点となる、
だから変えられる、、、、
何か共通項があるのかもしれません。
改革というキーワードでも共通項がありますね(笑)

今後も、色々協議して仕掛けを作って行きたいと思います。

大学という場でのPRを有難うございました。


PS・STCI岸川選手、広州アジア大会4位でした。
   もう1人抜けばメダルでしたが、タイムが2′03″73でベストなので、
   2012年ロンドン五輪に向けてのレールという視点では、
   上野さん、岸川さんの戦略通りの順調な仕上がりのようです。
   ピークをロンドンに当てるよう、頑張って下さい。
posted by sports777 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!