■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年11月25日

米4大プロスポーツ、スポンサー収入7.6%増

■ソース
http://www.advertimes.com/20101124/article2072/
■概略
米4大プロスポーツ(NFL・NBA・MLB・NHL)への企業スポンサーシップは
前年比で7.6%アップしたことが、米スポーツスポンサーシップ専門調査会社
IEGの調べでわかった。
09年には前年比3.9%減の21.2億ドル(1696億円)だったプロスポーツ
への企業スポンサー料が、2010年には22.8億ドル(1824億円)に達する。
米経済は依然不況下にあるが、一部業種の復調や、過去の宣伝予算削減の
反動から出稿を増やすなどの側面もあると見られる。

スポンサーシップ回復の理由として
 @過去2年間のマーケティング費削減からの反動
 A在庫が豊富にあるため積極的な宣伝が必要
 B金融業界の復活、の3点を挙げた。

スポンサーシップによるビジネス成功例として、、、、
 ・NFL公式ピザとなったパパ・ジョンズ・ピザ
 ・NBAのBBVAグループ
 ・MLBのブリヂストン・アメリカなどを挙げている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

USAのスポンサーシップは進んでいるようです。
アクティベーションが主体ならば、うなずける・・・という考え方もできるはず。

日本は、企業視点でのスポーツ自体の価値が元々低いから、
まだ時間はかかるでしょうね。



posted by sports777 at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!