■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年10月13日

bj秋田スポンサー数伸びず、球団がPR

■ソース
http://www.kahoku.co.jp/news/2010/10/20101010t44010.htm
■概略
bjリーグに新規参入する秋田ノーザンハピネッツの開幕戦が16日に迫った。
北東北初のプロチームとあって、初戦の指定席がほぼ完売するなど地元の期待は高い。
一方、スポンサー企業の獲得など営業的には苦戦気味で、球団はPRに力を入れている。
年間運営費を1億5000万円と見込む。
収入は入場料など7000万円、スポンサー収入6000万円、グッズ販売など2000万円
としているが、状況は厳しい。
開幕節は、初日は全3500席を埋めるのも夢ではなさそうだが、
2日目は指定席が400席程度で、自由席は1000席に満たないという。
30万円以上のオフィシャルパートナー契約も20件台で伸び悩む。
スポンサーメリットをアピールするためにも、観客動員が求められる。
ブースタークラブ会員数も目標の1万人に対し、現在1200人にとどまる。
特典の一つはチケット1枚の進呈。
・・・・・・・・・・・・・・・・

頑張れ!
数では無く、質のスポンサーメリットも作れると思うので。
盛り上げて下さい。


posted by sports777 at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!