■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年09月16日

9月18日、スポンサー獲得講座・ラスト募集

AC左バナー.png

アスリートカレッジの、
9月18日(土曜)の『企業スポンサー獲得講座』セミナーのラスト募集です。

既に、マニュアル教材で自主学習している選手も、
まだ、企画書作成経験が無いという選手も、
ジュニアもシニアも、現在・出席予定者は、競技種もクラスもバラバラですが、

基礎の基礎から、応用まで、実例を交えながら、
「ここを狙うべし!」という最新スポンサーシップ事情まで話します。



昨日も、13歳のレーサーのお母さんから、スポンサーシップ関連の相談がありましたが、
個人的な思想で、プロ選手へ向かって走るなら、
キッズでもプロ意識を持つべき・・・とアチコチで話しています。

スポーツに関する資金調達は、
入口を大きく分ければ「もらう」か「借りる」か「稼ぐ」か・・・・

 ・「稼ぐ」のは、バイト給与や、雇用された会社からの給与か、副収入事業など。
 ・「借りる」のは、やはり親・親戚などからの出世返しが多いですよね。
 ・ちょっと表現が悪いですが、「もらう」のは、「寄付金」を募るか「協賛金」を成約させるか。

寄付金は、極端な話、リターンは要らない。心の感謝で返すだけで許される。
協賛金は、そうはいかない。リターンを返す事が必須のビジネス。

日本の寄付事情を見ると、継続的に「頂く」には、それなりの情報発信が必要。
大きく訴求して、報告をキチンとしないと、途切れるし、
余剰金がなければカットされる。

もちろん、協賛金も、余力がなければカットされるのだが、
相手に明確なメリットが渡せていれば、持続性は、寄付金よりも高いとも言える。
その理由は、、、、、、


あらま4時だ。
朝一打合せに遅刻できないから、仮眠します。
詳しくは、また次回書きます。

まとめると、
資金難の選手は、騙されたと思って、セミナーに来てみて下さい。
現在の独学スポンサー営業を、大手術しますよ(笑)
ラスト募集です。


posted by sports777 at 04:27| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JOCは来年、アスリート支援プロジェクト「アスナビ」予定

■ソース(2010年9月15日スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/etc/news/20100914-OHT1T00267.htm
■概略
JOCは14日、都内で理事会を開き、来月14日に行われる経済同友会の会合中に、
トップアスリートによる講演会を行うことが報告された。

講演会にはローマ世界水泳男子背泳ぎ100メートル金メダルの古賀淳也(23)、
柔道女子63キロ級五輪連覇の谷本歩実(29)らが参加。
古賀にはスポンサー探しに苦労したこと、谷本には企業サポートで五輪連覇を達成した
実体験を経営者の前で話すことで、アスリートへの企業サポートの必要性を訴える。
JOCでは来年、アスリート用支援プロジェクト「アスナビ」を開始する予定。
担当する荒木田裕子理事は「経営者の方にアスリートが話をして、様々なサポートの
形があることを知ってほしい」と話した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先月、構想発表された、雇用サポート・プログラムですね。
アスリートへの企業サポートの必要性は、当然高い。

機会利益という観点でGood。
でも陳情型、懇願型、寄付型かな?
頑張って下さい。

posted by sports777 at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!