■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年08月20日

恐るべしテクニック?



プロテニスプレーヤーで、現在世界ランキング2位のロジャー・フェデラー選手(スイス)。
29歳のフェデラー選手は1998年にプロデビュー。
2003年ウィンブルドン初制覇す、2009年全仏オープン優勝で4大大会(全豪・全仏・全英・全米)の
タイトルをすべて獲得するグランドスラム達成。

この動画は8月16日に公開され、欧米メディアが伝えた18日に再生回数が急上昇、
19日午前に120万回を超えた。ただ、ネットユーザーからは「世界一だ」「本物」と称賛する意見と、
「フェイク」とする疑う見方がコメント欄に並び、反応は割れている。
動画を公開したジレットのスポークスマンは、「真偽の議論は視聴者に任せる」(米放送局ABCより)と
明確な回答は避け、静観する構え。


恐るべし・・・・
この手の動画をYoutubeで、、、というケースが増えましたね。
以前の、ナイキのロナウジーニョ 動画も凄い・・・



posted by sports777 at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大分トリニータ、¥170万募金

■ソース
http://www.oita-press.co.jp/localSports/120726999419/2010_128226623265.html
■概略
大分トリニータ選手会がチームの経営再建に役立てるため行っていた「ブルーリング募金」が
8月末で終了するのに伴い、アサヒ温泉(大分市)から選手会に寄付金が引き渡された。
リングは「J1復帰を果たした時にみんなで切ろう」と主将の高松大樹が発案。
スポンサーの同温泉が1万個を作り、2店舗で募金箱に寄付した客などに渡してきた。
大分銀行ドームでも3試合で実施した。
これまでに計170万2688円が寄せられ、渡したリングは8527個。
同温泉の谷井智彦取締役が「勝利をつかんでほしいという願いが込められたお金です」と手渡すと、
高松主将は「勝利で恩返しをしたい」と礼を述べた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

勝利をリターンするのが寄付金。
スポンサーメリットをリターンするのが協賛金。

寄付金を受け取った場合、感謝と気持ちを返せば、もらいっ放しでも許される「善意」の世界。
協賛金を受け取った場合、スポンサーメリットを返さなくては、提訴されてしまう「ビジネス」。
つまり、もらいっ放しは許されない。

以前にも記事にしましたが、
ここを間違えているアスリートが非常に多い。
これはアスリート・エールの無料セミナーで、全国100%のアスリートに伝える努力をする予定。



そんな事は知っているよという選手もいますが、
それでは、自分の広告露出価値(胸ロゴの広告価値)を知っている人が何人いるか?

仮に広告価値が¥10万なのに、それを知らずにスポンサー企業に¥100万要請したら、
差額¥90万は、寄付金を求めている事になる。

自分はあくまでもスポンサー(協賛金)を依頼したいと言いつつ、                   
実は、寄付金を求めている・・・というケースが90%以上という、アマチュア・スポーツの世界。 
これではスポンサー獲得は無理。                                     

しかし、逆に言えば、
そこを修正すれば、アマチュアでも、キチンとしたスポンサー企業を獲得できるチャンスがある。
(実例がある)
ここを教える仕組みが、私が調べた限りでは、皆無。
アスリート・カレッジで、伝えます。

10%ではなく、100%協賛金を依頼するには、
企業が何を求めているかを追求しないと、答えは出てきません。

上々企業なら、社会貢献費名目の予算もありますが、
(ここを攻めるなら、CSRを勉強しないと、単なる社会貢献しますでは通用しない)
中小企業や零細だと、寄付金などの余裕はありませんというケースが多い。
よって、スポーツに投資するなら、協賛金となる。

協賛金なら、¥100万出すなら¥100万分のリターンを求められて当然。
ここがうまく行けば成約を頂ける。
では、¥100万分の価値を、アスリートが企画書で証明できるか?
ここがポイントになります。
胸ロゴが¥10万の価値しかないなら、残り¥90万分をどう作るか?
これがアマチュア選手が企業スポンサーを獲得する為の、最大重要ポイントです。

この「格」が判れば、キッズでもスポンサーは獲れる(実例有り)。
草レーサーでも獲れる(実例有り)。
プロ・セミプロに近ければ近い程に、獲得しやすくなる。
戦績が有れば更に獲得しやすくなる。
(逆に言うと、戦績が無くてもスポンサーは獲れる)

広告の世界ではなく、投資の世界を垣間見る事で、
チャンスは高まると思いますよ。

プロ選手なら、「いわゆるセールスシート」でも良い。メディア価値が主体になるから。
しかし、メディアに出ないアマ選手が、
プロの真似して、セールスシートを出しても成約率は非常に低い。
メディアがポイントでは無い、カスタマイズ企画書が鉄則。

上記記事から脱線してしまいました、スミマセン。
posted by sports777 at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!