■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年06月07日

Drawing Football、Good job!


面白い!
作者:安田圭吾氏
http://www.geocities.jp/kei_gokei/
この1本のYoutubeから、仕事増えるでしょうねえ。
制作期間5ヶ月、画材は鉛筆とパステルで、制作枚数は約500枚。
ペレ、クライフ、マラドーナ、バッジョ、ジダンという歴代のスター選手5人
やはり、ペレがgood!
posted by sports777 at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

陸上日本選手権、岸川朱里TOP

陸上日本選手権、女子800、岸川選手・優勝、おめでとうございます。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/other/athletic/text/201006060011-spnavi.html
最後の追い込み、良かった。
前2人の背後から抜く時に、一瞬つまずいたようで驚きましたが、
いやいや大丈夫、独走状態に入った。
良かった良かった・・・岸川さんの名も、上野さんの名もで上がるな、Good、Good!
2012年ロンドンに向けていよいよですね。

http://www.spo-navi.jp/athlete/kishikawa_akari/
岸川朱里.jpg


NHKさん、インタビュー流してよ。
再生画面と現場画面は並列させてほしいな。
他競技もそうなのですが、
テレビ放映は再生画像を全画面使ってしまうから、
現場のリアル状態が再生時間中に途切れてライブ感が伝わらない。
2画面表示してほしい。

昨日に比べて、丸亀、観客増えていますね。
メインスタンドは80〜90%位?
posted by sports777 at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家族を養うアスリートの年収

■ソース
http://news.livedoor.com/article/detail/4808914/
■概略
ロッテにまた異色の経歴の新人が現れた・・・岡田幸文(25)

「周りからの支援を受けて、ここまで来られましたから。感謝の気持ちでいっぱいです」
ここまでの道のりは決して順風満帆ではなかった。
08年に「全足利クラブ」から育成選手としてロッテに入団。
「育成だと年俸240万円で家族が養えない。それに、ドラフト直前まで働いていた
『足利ガス』が正社員として雇うと言ってくれていた。家族は安定就職をと話していた。
でも、プロ入りを決意(岡田)」

昨年、二軍での活躍が認められ支配下選手登録=年俸は440万円。
家族4人の生活は楽ではなく、夫人が足利市役所で働きながら家計を支える。

「プロ野球選手とはいえ、やっぱりウチは貧乏(笑い)。
だから、早くこの生活から脱出したいです。そのためにもチャンスを生かしたい」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

華やかなプロ野球選手に見えても、TOPクラスになるまでは大変。
マイナー競技なら、もっと大変。

若い選手は独身で、戦績成長期を何とかしのぐ事もできるかもしれないが、
家族ができると、それはそれは理想論だけって訳には行きません。

岡田選手には今の状況を打破して、一流になってもらい、
億単位を稼ぐようにハングリー精神で頑張ってもらいたいが、
マイナー競技だと、1番を取っても喰えない状況の選手が多いですから大変。

最近は、あちこちでセカンドキャリア対策というワードも聞くようになってきた。
それだけ、2つ目のキャリアが求められているということ。
と言う事は、それだけ競技を去る人がいるということ。
無論、競技技術面で断念しなくてはならない事情の選手もいるし、
資金不足で去る選手もいる。
特に、実業団選手などは、いい競技環境の中で生きてきているから、
いきなり戦力外通知や廃部等を受けると、それはそれは大変である。
個人競技ならスポンサーがほしいと相談が来ますし、
同時に移籍先を工面したりと・・・
リーマンショック以降、増えています。

ただ、この不況下、アスリートだけが大変なのではなく、
世間全体が苦しい状況であり、そこは、どうしても競技同様の「生き残り」の争いになる。

様々な競技のプロ選手でも、
年収がそんなに低いの?と思われる状況がある事を世間は知らない。    
逆に、そんなにもらってるの?という競技選手もいますし。            
競技が異なれば、年収も違うか・・・マイナー競技はそういう観点でも不利。
ただ、皆、好きでその競技を極めているのだから、
資金的な課題は、何だかんだ乗り越えられるのでしょうか。
究極に困ってから、スポンサーがどうしてもほしい・・・という事になるのでしょうが、
本当は備えという意味で、上り調子の時から対策を考えていればいいのですが、
サラリーマンと違って、アスリートはそんな訳にもいかないですしね。

個人的には、セカンドキャリアよりも、
現役競技中にちょこちょこと副収入を得るハーフキャリア?というか、
パラレルキャリア?というか、
その辺りが確立できればいいなとも思いますが、
いやいや、アスリートにはそんな時間はないか・・・
となると、やはりスポンサー獲得ですかね。

posted by sports777 at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

丸亀・日本陸上/児童2000人

■ソース
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/locality/article.aspx?id=20100605000108
■概略
日本陸上選手権が4日、香川県丸亀市・県立丸亀競技場で開幕。
初日は同市内の児童約2000人が会場に駆け付け、競技を観戦。
日本のトップアスリートが見せる跳躍や投てきなどに間近で見入り、スタンドから大歓声。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子供を大量に招待するのは有りですね。
見る競技に芽生えて、金の卵に向かうかもしれない。
少子化が進む中で、各競技の囲い込みにも良い。

丸亀の様子は、NHKで観ましたが、ちょっとびっくりする位、観客が入っていませんね。
(3万人収容に、主催者発表1.8万人・・・そんなに入ってたか?(笑))
明日、日曜の最終日を控えているからなのか(日曜はフルに入るのか?)、
そういう意味でも、キッズ2000人を招待するのは良い。
福島千里選手は11秒30で、織田記念11秒21は越せなかったが、相変わらず速い)


図1.jpg

観客動員という話題で言えば、
先日、2輪ST600関口太郎選手とモータースポーツ談義をしましたが、
(2chで小口協賛を集めて有名になった、あの関口選手です!)
ロードレースもぶっちゃけヤバイという共通認識。
とにかく観客が来ない・・・このままじゃサーキットも潰れてしまう。
サーキットサイドも赤字がわかっていて、主大会でも開催したくないのは当然。
これは、お偉いさんに依存するのではなく、ライダー達が立ち上がらなくてはならない。


何かしらのアクションを共にしましょうと話を終えたのですが、
ナイスガイの営業マンでした。
レーサーは、他競技と比べて何倍も金が掛かるのだから、
毎年毎年、シートを確保するのに資金調達が必須。
関口選手は、レーサーはテクだけを磨いて速ければいいってもんじゃなく、
資金を引っ張れる営業マンでなくてはならないと言う・・・ごもっともです。
2輪選手も4輪選手も、ここをキチンと把握していないと、
ある時、プツンと資金不足で競技ができなくなってしまいます。

何だかんだ言ってもスポンサー獲りの長けた方。
多くのライダーは、関口さんの考え方やアクションを学んでほしいですね。

観客動員の話に戻ると、
例えば、JBLのレラカムイ北海道。
後発で生まれたプロクラブであるが、観客動員数はJBL1番。
3500人ほどの箱が立ち見になると。
他の名立たる実業団チームを押しのけて、観客をここまで引っ張れるのは、
水澤オーナーのアイデアから始まったものだが、

これはスポーツに限らない事だが、
3000人の箱に3500人が集まると、おいおい、何でそんなに集まっているの?と、
人が人を呼ぶ相乗効果が生まれ出す。
行列と同じ考え方だが、
一方で、あまりにでかい箱の場合、
上記の何万人も入る箱=競技場やサーキットがガラガラだと、
その空虚感から、より人が離れる可能性もある。
(3000人の箱に300人しか入っていない状態)
マイナススパイラルをプラススパイラルにすぐに変える事は難しいが、
少しづつでも、策を実行していかないと、箱側が潰れてしまう。
陸上などは国立、県立、市立で何とかなっても、民間サーキットはそうはいかない。
その他の競技でも、民間の箱を主にするスポーツが多いのだから、
うちは大丈夫なんて言っていられないはず。

またまた一方で、
先日も記事にしたモトクロスの全日本(成田亮選手の応援)。
http://www.spo-navi.jp/athlete/narita_akira/
メチャクチャ人が入っていました・・・しかも、集客対策等していないと言う・・・
コアファンが、家族単位で集まっていました。
露店も、いわゆるタコヤキやトウモロコシではなく、
若い女の子にも受けそうな、お洒落なバーガー店や肉の丸焼き屋等の拘り店舗もあり、
食べ物を探すだけでも楽しい。

前述の関口選手の分析だと、モトクロスはエンジンをばらすメンテも少なく、
ロードレースよりもコスト安なので、意外と競技者が多く、
コアファンは年齢に関係なく、家族で競技を楽しんでいる点が、
ロードレースと異なると言う。
ほとんどが、元競技者、現競技者の家族など、
モトクロスに親しんでいる人が来場して、箱を満パンにするらしい。

K1、DREAM等も、大きな箱で開催されるが、
空席が目立つと、マッチメイクが悪いとか、プロモーションが足りないとか、
主催者側は大変である。
メジャークラスだからこその悩みであろうが、
一方で、DEEP等は、小さい箱に満パン感あふれる興行があり、
後楽園ホールなど、逆に小さいからこそ、人が多くて箱が小さいよと
言いたくなるような感覚になる。これは活気となりえる。
(全大会がそうとは言い切れないが)
これは、前述のレラカムイの立ち見が出るのと同じケース。
(後楽園の席は十分あっても、通路の狭さ等が影響して、
 まるで空席がないのではと思える空間がそこにある)

話を香川に戻すと・・・
丸亀といえば以前の仕事で入った事がありますが、
とにかく、うどんが旨い。
朝昼晩、うどんで良い程に旨かった。
食とスポーツ、ドッキングできるな。


岸川朱里.jpg
女子800m、岸川さん、明日の決勝、頑張って下さい!
http://www.spo-navi.jp/athlete/kishikawa_akari/

osaka-cage[1].jpg
そうだ、明日DEEP金網で、池本選手がメインイベントだ。
池本さんも頑張って下さい!関西の方は、15:00にZepp大阪へ!
http://www.spo-navi.jp/athlete/ikemoto_seichi/

池本さんの弟子の中村優作選手も第6試合に出ますね、頑張って!
ブログを見ると、中村選手は長島☆自演乙選手のファンなのかな?
池本さんに、初めて長島選手のサイトを見てと言われて見た時の驚きを
思い出しました。今や、チャンプですからねえ。
posted by sports777 at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

スポンサー募集アスリートの機会損失

スポンサーを切望する選手は非常に多い。
アマチュアで個人競技なら尚更。

ある程度、名が通る選手も、まだまだ無名という選手でも、
自サイトでスポンサー募集を謳う選手は非常に多いです。
最近では、競泳・松田丈志選手や、フィギュア・村主選手なども
メディアを通じてスポンサー募集を訴求していました。

しかし、有名選手であろうと、スポンサー獲得率を減らしている実情があります。
それは、「コンタクト手段」が軽視されているから。

村主選手はサニーサイドへ連絡すれば、マネージャーと接触可能でも、
松田選手などは、公式サイトも所属先サイトもなく、一般的な連絡手段が無い。

無論、広告界・メディア界・スポーツ界などのネットワークがある人(企業)なら
接触手段は第三者を通じて入手できるし、
最終的には、水泳連盟にでも問い合わせれば済む話なのだが、
情報やメディアにうとい中小企業や零細企業の経営者が、            
「この人に、少しくらいなら協賛したいな・・・」と共感させる事ができても、    
一体どのように本人と連絡を取ればいいのかわからない・・・           
気持ちはあっても、探す作業自体が面倒・・・                     
という経営者の声を聞く事がある。                           
(こちらでネットワークを使って代理接触しようとしても、追いかけ切れないケースもあります) 

例え少額であっても、                                   
これは、明らかに、スポンサー獲得チャンスを逃している事と言えます。    

別に松田選手だけの事を言っているのではなく、
資金不足でスポンサー企業が早急に必要という選手ほどによくあるケース。

 ・スポンサー募集サイトで呼び掛けておきながら連絡先・無記載・・・
 ・ブログで連絡を下さいと記載しておきながら連絡先・無記載・・・
 ・連絡はこちらにと誘導しておきながらリンク切れ・・・
 ・何度TELしても捕まらない、コールバックも無い・・・
 ・所属先のお偉いさんが怪しい話と勝手に判断して接触を拒む・・・
 ・協会、連盟でさえも連絡先がわからないケース・・・
 ・プロフィールもわからず、どこが拠点かもわからない・・・

情報武装に遅れているというか、相手の事を考えていないというか、
チャンスを逃している事に気付いていない選手が非常に多いですね。

スポンサーが欲しいのに、スポンサーが近づけない壁を作っている事と同じ。
マネジメント会社無所属の、
スポンサー募集を訴えている選手は、明確な連絡手段を持った方がいいですよ。
もったいない。

posted by sports777 at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

ジェフ&セレッソ、スポンサー獲得

■ソース
http://www.jsgoal.jp/official/00102000/00102292.html
■概略
ジェフユナイテッド市原は、2010シーズンのアシストスポンサーとして淑徳大学と契約。
また、同時にパートナーシップに関する包括協定も締結。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ソース
http://www.jsgoal.jp/official/00102000/00102303.html
■概略
セレッソ大阪は、岸和田スポーツとオフィシャルスポンサー契約を締結。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ソース
http://www.jsgoal.jp/official/00102000/00102301.html
■概略
セレッソ大阪は、大阪学芸とオフィシャルパートナー契約を締結。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

頑張って下さい。
posted by sports777 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

五輪でのメダル量産目指し、研究委託

■ソース
http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/etc/news/20100601-OHT1T00199.htm
■概略
文部科学省は1日、2012年ロンドン五輪や14年ソチ冬季五輪でのメダル量産を目指し、
有望な競技種目を特別支援する「マルチ・サポート事業」の委託契約先に、
筑波大と国立スポーツ科学センター(JISS)を選定したと発表。
5月から公募を開始し、3団体から申請があった。

企業スポーツの休廃部が相次ぐ中、同事業は10年度予算で前年度6倍の約19億円
に増額され、17種目を支援する。

文科省によると、筑波大は企業や他大学と連携し、高機能ウエアや最新練習法を研究。
球技の戦術やコンディショニングも対象になる。
前年度も委託されたJISSは従来通りに情報医科学、映像分析などを担う。
日本オリンピック委員会(JOC)幹部は「新しい流れを有効活用したい」と歓迎した
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

頑張って下さい。

posted by sports777 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!