■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年05月31日

“ダンススポーツ”という競技

■ソース
http://excite.co.jp/News/bit/E1274680131694.html
■概略
一部では新しいスポーツとして知られていたのだが、今年11月アジア競技大会で
正式種目に選ばれた事で、ダンススポーツが再び注目され始めているそうだ。
ヨーロッパを中心に行われて来た競技だが、日本でも全国各府県主催の競技会や
アマチュア大会など毎週、どこかで競技が行われているそう。
さらに2009年の競技大会では日本勢が金メダルの過半数を獲得するなど、
その奮闘振りがスポーツ界を騒がせたばかり。
競技方法は、広いフロアで6〜12組が一斉に踊り始め、複数の審査員が採点。
踊る時間は2分程度。この短い時間でリズム、タイミング、フットワーク、カップル
バランスなどのポイントを審査員に見られるわけだ。一秒も気が抜けない。
実はこのダンススポーツ、IOCに正式種目としてすでに登録済み。
次期オリンピック種目? と言うのは早計で、採用するかどうかは開催国の采配による。
短時間で、体力、踊りの順番を考える頭、それに何よりも芸術力が求められるなど、
優雅に見えて意外に忙しい。最近では介護老人施設でのリハビリに使われるなど、
ダンススポーツは生涯スポーツとしても注目されているそう。
競技者は、連盟加入者2万人。競技選手は2歳から80歳まで幅広い。
・・・・・・・・・・・・・・・・

以前、スポンサー獲りに少し関わった事がありまして、
ダンス競技の凄さは少しは学んでいるつもり。
たった2分だが、まさにアスリートでないと耐えられない動き。
終始笑顔で、非常に優雅に見えるが、踊っている方は大変だ。

海外の場合は、競技という捉え方が進んでいるので、
パーソナルスポンサーも当然付く競技。
しかし、日本では、パーソナルは中々厳しい。
そもそも競技という概念が波及していないので、
これは今後に期待したい。
スーツやドレスに、企業ロゴを大きく貼示するのはスペース的に困難。
どうしても、大会協賛などに流れがちだが、
少子高齢化に伴う生涯スポーツの広がりで、
五輪種目に正式決定すれば、その広がりも加速する可能性もある。

選手はスクール収入で生計を立てて、プロとして参戦している方が多いが、
パーソナルスポンサーを求める方も意外と存在する。
頑張って頂きたいですね。




posted by sports777 at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラジル代表、優勝なら1人\5000万

■ソース
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2010052900147
■概略
サッカーW杯・南アフリカ大会で史上最多6度目の王座を狙うブラジル代表に対し、
同国サッカー協会は、優勝ならドゥンガ監督と代表選手23人に1人¥5000万円の
賞金を授与する方針を決めた。前回ドイツ大会の倍額という。
「セレソン」の愛称で知られるブラジル代表は、年間¥110億のスポンサー収入を誇る。
もっとも代表メンバーは、大半が欧州有力クラブで高年俸を稼ぐ精鋭ばかり。
J1鹿島でもプレーしたジョルジーニョ監督補佐は「彼らはカネのために来たのではない」
と強調する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

確かにセレソンにとって、W杯優勝カップは金の為では無く、名誉の為でしょうが、
ここまで高額だとボーナスとしては、他競技選手にとっては羨ましい限り。
クラブからの報酬を考えると、
このボーナス有りきでは無い事がわかりますが、それにしても、さすがブラジル。

昨日の日本代表のイングランド戦・・・うーん、頑張ってほしい・・・
posted by sports777 at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

男女性差=9割の壁

2007年の記事だが、面白いネタなので・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ソース
http://focus.allabout.co.jp/contents/focus_closeup_c/baseball/CU20070213B/index/?from=dailynews.yahoo.co.jp
■概略
女子選手における「9割の壁」
女子スポーツ選手の記録を男子選手と比較した場合、よく言われるのが「9割の壁」。
多くの競技において、女子選手のトップレベルは男子選手の9割程度に収束されている。
この原因は、男女の体質的な性差に基づく。
一般に女子選手は柔軟性・疲労耐性などは男子よりも高い傾向を示すものの、
筋肉量は60〜80%程度に留まり、パワーに劣る。
男女の寿命を考えても、男性は1割増しのパワーを持っている代わり、1割寿命が短い。

 ◇100m走=男子9.77 女子10.49→女性/男性比=約93%
 ◇400m走=男子43.18 女子47.60→女性/男性比=約91%
 ◇42.195km=男子2:04:55 女子2:15:25→女性/男性比=約92%
 ◇重量挙げ69kg級=男子197.5kg 女子=157kg→女性/男性比=約79%
 ◇テニスサービス速度=男子237km/h女子184km/h→女性/男性比=約78%

同体格でも9割の能力・・・この1割の性差を女性が男性の中で埋めるのは難しい。
そもそも、まともな体力が問われる他の球技や競技で男女混合でプレーするものはない。
もし男性の中で活躍する女性が現れれば、それは夢のようなことではあるが、
あまりにも現実味が薄く、あり得ないことと捉えるのが無難。

女子野球のこれから
小学校・中学校ぐらいまでは、女子選手も男子選手に混じってプレーしていいだろう。
実際、小学生リーグでは、女子の方が成長が早い為、全国大会で活躍するエースもいる。
そして中学野球部ぐらいまでなら女子選手も男子の中で通用することもある。
しかし高校野球になると、公式戦出場禁止という面から、女子のプレー環境は狭くなる。
性差を考慮すれば妥当だが、ただ現実に普通の高校野球部で男子に混じるしかプレー
環境のない女子には酷な話だ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
motioning 2.png

この話、motioning纉c氏と呑みながら何度も話しました。というか、聞きました。
いずれ、motioningでこの概念(事実)を打ち破ると。

女子選手の場合、
中学生位から、体の発達と共に男子の競技力と差が付き始めますが、
結果的な研究であれば、筋力の付き方が違うからだと結論付けていますが、
果たしてそれだけか?という事らしいです。

細かい話は企業秘密にしますが、
ある部分に着目して研究している学会成果やトレーニング法を
見た事も聞いた事もないと纉c氏は話します。

ヒントは、骨と動作力という事になるのですが、
100歩譲って、仮に筋力の問題=性差のみであるとするならば、
筋力のみをもっと効率的な向上法を行なえばいい。
サイトに事例を出しているように、
走者の脚力=筋肉を付けなくても筋力は110%以上上がる・・・
という手法を繰り返せばいい。

ただ、研究が成されていない、もっと違う点も改良する事で、
女子のパワーは、もっと男子に近づくはず。

motioningによって、
「9割の壁」は「9割5分の壁」に、男子と肉薄させる領域に近づける事が
可能なはず・・・これを実証実験していきたい。




目の前で見ないと、又は、体感しないとわからないという事実もある。
だから、思わぬ所で、あれは本物なのか?自作自演なのか?と言う輩も出てきた。
これはスポーツだけの話じゃないです。
ビジネス社会においても、嗅覚が優れている経営者は、まず自分で確かめる。
ネガティブに構えて確認せず、
周りが認め始めた時には、時遅しでビジネスチャンスは無くなるのと同様に、
まずは確かめてみてはどうでしょうかね。

守秘義務があるので、名前は出しませんが、既に纉c氏を囲い込みする
選手やチームが現れ始めましたよ。


※セミナー情報
  『motioning』がベールを脱ぐ!
  6月27日(日)六本木ヒルズ49Fでam10:40〜
  「アスリートの身体が変わる!驚異のmotioningセミナー!」
  限定30名(アスリート・監督・コーチ・スポーツ関係機関・個人トレーナー)
  詳細は、http://sites.google.com/site/motioninginc/seminar
posted by sports777 at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

F1マシンがビーチで・・・

レッドブルのマシンがビーチを走る・・・
あ〜、もったいない。

ドミニカ共和国のビーチらしく、
トロ・ロッソのハイメ・アルグエルスアリのドライブのようで。
撮影とはいえ、塩とサンドに、よくチーム側がOK出したなあ。
もったいない・・・
まさかCG?

posted by sports777 at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

bjリーグ・ファイブアローズ存続

■ソース
http://mainichi.jp/area/kagawa/news/20100528ddlk37050574000c.html
■概略
チーム存続が決まったbjリーグの高松ファイブアローズ。
27日、庄司和広主将(36)らが会見を開き、安堵の表情を見せた。
運営会社が14日に破産手続き開始を申し立てた後、
いったんは解雇された従業員ら3人がスポンサー探しに奔走、
bjリーグが示した期限ぎりぎりにスポンサー収入のめどをつけた。

高松市の携帯電話販売会社など十数社が計5000万円の出資を約束。
高松市などから、体育館使用料など負債の支払期限延期の承諾も得た。
しかし、安定的な経営には、課題が残る。来季計画は、運営費は年間1億3000万円。
うち6000万円をスポンサー収入で賄い、チケット収入は4000万円を見込む。
しかし今季のチケット収入は、リーグ最低の2400万円だった。
bjリーグの阿部達也リーグディレクターは、
1社依存の体質を改め「球団に携わる人の数を増やしていくことが重要」と指摘した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お〜、良かったですね。
10社として、1社500万
3人で、短期間で計5000万を引っ張るのは大変な事です。
素晴らしい。

存続署名8500人思い届く/ファイブアローズ来季参戦
bjリーグのアローズは存続 10社が5000万円拠出
bj高松、存続決まる 破産申請取り下げ
posted by sports777 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボウリング、日本女子機構が設立

■ソース
http://www.yomiuri.co.jp/sports/news/20100528-OYT1T00938.htm
■概略
ボウリングの人気回復を目指すとして日本女子機構(鏑木恒雄会長)が結成され、
28日、都内で設立会見を開いた。

化粧品メーカー「DHC」の出資を受け、日本プロ協会や全日本協会などから
離脱する形で結成された。
プロ12人が傘下に入り、今年は全6戦のツアーを行う。
業界外のスポンサー開拓やファンの拡大、ジュニア選手育成などに取り組むという。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://www.lbo.or.jp/
これかな。
DHCさんがバックに付いての発進ですね、頑張って下さい。

Pリーグも人気だから、Goodなのでは。
あれ、DHCさんがPから抜けて、新ツアーという位置付けなのかな?

posted by sports777 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

マッチも全面協力、舘信秀氏、みんなの党から出馬

■ソース
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20100522-OHT1T00039.htm
■概略
みんなの党は21日、参院選比例代表に、元レーサーでレーシングチーム運営会社
「トムス」会長・舘信秀氏(63)を擁立すると発表。
会見には、舘氏が指導した元F1レーサーの鈴木亜久里氏(49)が同席。歌手で自ら
創設したレースチームの監督も務める近藤真彦(45)も全面バックアップを約束。

鈴木氏は「舘さんを応援する、モータースポーツ界の代表として来ました。(舘氏は)
思いやりのある親分肌の先輩」と話した。
舘氏と鈴木氏によると、20日夜、マッチを交えて3人で飲んだ。
マッチは「できることは何でもやる」と語ったという。

舘氏は「マッチが街頭に来てくれたら? そりゃうれしい」と語った。今後は中嶋悟氏(57)
や片山右京氏(46)ら、レーシング界が一丸となって舘氏を盛り上げるという。

みんなの党の柿沢未途衆院議員(39)の父で、故・柿沢弘治元外相と親交があり、
弘治氏が1999年の東京都知事に出馬した際は一緒に記者会見した舘氏。
その会見当日には、「息子(信吾さん)が21歳で、レーサーとして岡山のサーキットで
生涯を閉じました」と明かし、声を詰まらせたこともあった。
この日は「自動車業界、そして中小企業を元気にしたい」と力強く話していた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おお、舘会長が出馬。
党に関係なく応援させて頂きます。

信吾君にはKaliレーシングで御世話になりました。
当時、最もF1に近いという存在にも関わらず、謙虚で礼儀正しく、
カートのメンテナンスをして頂きました。
本来であれば、今頃、F1界をにぎわせていた存在ですが、
若いのに非常に残念。
当時のマネージャーは、信吾君の留守電の言葉を今も残している・・・
若いのに人望がありました。

会長には、10年前に「21世紀のモータースポーツ・・・」の件を御話しましたが、
時代が流れて、今流のモータースポーツ論が必要な時に、
タイミングよく、モータースポーツ界から政治家が生まれる可能性。
モータースポーツを変えるには、政治の力も必要です。
会長には、当然、当確して頂いて、
モータースポーツをもっと大きなものにして頂きたいですね。

無論、仕事の内容はモータースポーツだけではなくなりますが、
1スポーツとしてのモータースポーツを確立してほしいです。
JAFだけでなく、JOCや各種アスリートとの関係を深めて、
独立した形のスポーツではなく、スポーツ全体の中の1つに位置付けさせる事で、
開けるものもあると思います。
環境省と連動した、モータースポーツの環境対策、
文科省と連動した、他競技同様のアスリート派遣事業によるキッズ囲い込み、
国交省と連動した、サーキット対策・・・
又、メディアや広告代理店とのレース集客やファン固定化策等への対応も
スムーズになるかもしれません。

自民も民主も、モータースポーツ議連がありますが何も機能していない。
みんなの党から、モータースポーツを変えて頂きたい。

頑張って下さい。
党がどうこうではなく、会長個人を応援させて頂きます。
(今の政治状況を見ていると、直前まで党は定まりません)

posted by sports777 at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レッドブル、将来ネーミングライツ販売?

■ソース
http://f1.as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=27095
■概略
レッドブルのボス、ディートリッヒ・マテシッツが、同社は将来、自身のF1チーム、
レッドブル・レーシングのネーミングライツ販売を検討するかもしれないと述べた。
レッドブル・レーシングは、スペインとモナコで連勝を果たし、2010年F1において
現在コンストラクターズランキングでトップ、ドライバーズランキングでは1、2位を独占。
しかしマテシッツは、レッドブル社が負担しているコストを減らすために、
今後ネーミングライツを販売する可能性もあると示唆した。
「レッドブル・レーシングがひとつの確立したチームとして認識され次第、タイトル
スポンサー契約が可能になるだろう」と彼はサンデー・エクスプレスに対してコメント。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

言葉通りなら、ネーミングで協賛を引っ張るという事は、資金難への懸念?
調子が良く、価値が上がった故のビジネス?
レッドブルはレッドブルであってほしいなあ。

posted by sports777 at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

可夢偉、世界のトップ50に選ばれる

■ソース
http://www.f1-stinger.com/f1-news/news/2010/05/19/004856.html
■概略
ザウバー小林可夢偉が、スポーツマネーマガジン『SPORTS PRO』誌の
"世界で最もプロモーション効果のあるアスリート50人"に選定された。
これは、同誌が"The MOST MARKETABLE ATHLETES"というタイトルで、
スポーツビジネスの視点から様々な評価基準を設けて採点し、5月号に掲載したもの。
小林可夢偉は、50位ながら、世界的な注目度を証明した。
小林可夢偉が選定された理由は、去年のブラジルとアブダビで見せたパフォーマンスで、
特にワールドチャンピオンを向こうに回した大立ち回りが評価されたもの。
その活躍でザウバーのシートを獲得したことも讃えられている。
1/3ページの可夢偉紹介コーナーで「アグレッシブでクレージー」というJ.バトンのコメント。
タイガー・ウッズが3位、F1では、L.ハミルトンが5位、F.アロンソが20位。
日本人は、可夢偉の他に、イチロー(29位)と石川遼(27位)だけだった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

えっ、可夢偉はそんなにプロモーション効果があるの?
であれば、もっともっとパーソナルスポンサーが付くのでは?



posted by sports777 at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主有志、スポーツ議員連盟を設立

■ソース
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100521ddm035050062000c.html
■概略
民主党は20日、党スポーツ議員連盟(会長=田名部匡省・参院議員)設立総会を開き、
スポーツ基本法制定に向けて、党独自の政策づくりに取り組むことを決めた。
議連の奥村展三幹事長は「特に地域スポーツをしっかりと」と普及を重視する考え。

設立総会では「地域スポーツの中で、メディカルトレーナーなど指導者の地位向上を
図るべき」などスポーツ基本法制定を視野に入れたスポーツ政策に関する意見が出た。
また議連アドバイザーとして、谷亮子らアスリートを招くことも決めた。
同党は今後、来年の通常国会で内閣として法案提出を目指すが、
議員立法という選択肢も残されているという。
自民党は「スポーツ基本法案」を今国会に提出する方針を決めている。
自民、公明両党は与党だった昨年7月にも議員立法で法案を提出したが、廃案となった。
奥村幹事長は「自民はトップアスリートの話が多かった」とした上で、「我が党としてもしっかり
とした法案をつくりたい」と語った。
■ソース
http://www.asahi.com/politics/update/0520/TKY201005200482.html
■概略
民主党の国会議員有志が20日、党スポーツ議員連盟を立ち上げ設立総会を開いた。
鳩山内閣が来年の通常国会への提出を目指すスポーツ基本法の法案づくりを、党としても
研究するのが狙い。
自民党など野党が同様の法案を議員立法で今国会に提出することを決めているが、
民主党の奥村展三衆院議員は「自民案はトップアスリートの強化により重きを置いているが、
我々は地域スポーツの振興をメーンに考えたい」と話した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TOPスポーツ支援の自民、地域(ボトム)スポーツ支援の民主、、、、
昨年の違いが、そのまま延長されて進むのかな。

民主は、スポーツ施策がこれまで全く見えなかったが、
バンクーバー五輪をきっかけに、必要性が上がってきた?
何かしらの狙いがあるのでしょうが。

posted by sports777 at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。