■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年04月30日

“潮田効果”でスポンサー獲得

■ソース
http://www.sanspo.com/sports/news/100429/spq1004290504001-n1.htm
■概略
バドミントンの国・地域別対抗戦の男子トマス杯、女子ユーバー杯(5月9〜16日、
クアラルンプール)代表が28日、都内で会見。
実施されない混複の「イケシオ」池田信太郎(29)日本ユニシス、潮田玲子(26)三洋電機組は
代表を外れているが、思わぬ“潮田効果”が判明した。
同大会限定でユニホームに名前を載せるスポンサーがつくことが決定。
マレーシアなど東南アジアに輸出している中古車販売業レインボーエンタープライズ
(埼玉・幸手市)で、スポンサー料は約1000万円と破格の金額となった。
東南アジアでは、かつての「オグシオ」や日本代表への注目度が高く、1月にはブルネイ国王が
同国に「イケシオ」を招待したほど。
日本バドミントン協会・今井事務局長は「大会限りのスポンサーなんて初めて。オグシオは
プロ野球でいえば王、長嶋のONのようなもので影響力は今もすごい」。
美女ペアの経済効果は“永久に不滅”?!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東南アジアで? ブルネイで?
へえ、なるほど。
オグシオによるバドミントン人気上昇は、東南アジアにまで波及していたのか。
それは凄い事。
海外ニーズがスポンサー契約を呼ぶとは、面白い。


posted by sports777 at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

織田幹雄記念、女子100福島が日本新

■ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100429-00000069-jij-spo
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100429-00000007-maip-spo
■概略
陸上の日本グランプリ(GP)シリーズ第3戦、織田幹雄記念国際大会は29日、
広島市の広島広域公園陸上競技場で行われ、
女子100m決勝で福島千里(北海道ハイテクAC)が11秒21の日本新記録を樹立して優勝。
福島自身が昨年6月7日にマークした従来の日本記録11秒24を0秒03更新した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
photo2[1].jpg

福島選手、また更新してきました、凄い・・・やりましたね。
事前のニュースで監督が、記録更新も期待して良いとか、
福島選手の腹時計でのタイムイメージでも、記録更新が予感されていました。
これを現実化。
メンタル面も相当強いのでしょうね。
今後も頑張って下さい。

STCIの岸川さんは800mで07秒53で優勝。
こちらも頑張りましたね。



話変わって・・・織田記念、速報が知りたくて、
ネットを調べると、
広島陸連サイトしかリザルトが出てこないようなのですが、
「速報」を出していないんですよねえ・・・
日本陸連サイトでも結果がわからないし・・・
うーん、広島に観戦に行けない人はどうしてるのかな?

確かに陸上競技だけではないのですが、
会場で生を味わってくれという主催者サイドの意見も当然なのですが、
それでも、行きたくても行けない人にも情報が流れる仕組みは必要です。

あ、これ行ける!
posted by sports777 at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本女子プロ野球はルックスで決まる??

■ソース
http://diamond.jp/articles/-/7937
日本女子プロ野球がスタート!新たな試みはファンの支持を得られるか
■概略
選手年俸は200万円。15人で3000万円。
これに監督やコーチ報酬、球場や練習場の使用料、移動費等を加えると1チーム年間予算は
1億5000万円。2チームで3億円。この大半をわかさ生活が負担するといわれている。

もちろんプロスポーツは興行。多くの観客が入り、入場料収入やグッズ販売で黒字が目標だが、
当初からの達成は難しい為、経営が軌道に乗るまで、わかさ生活が支援を続けるという。

日本のアマチュア女子硬式野球人口は約600人(高校野球部員+クラブチーム選手)。
ソフトボール転向組はいるものの底辺が狭い。競技人口が少なければレベルも高くないと
見られるのが普通だが、実は日本の女子硬式野球は世界でもトップレベルの実力。
2001年〜4回行われた女子野球世界大会で日本は優勝2回、準優勝2回。
2004年〜国際野球連盟(IBAF)主催・女子ワールドカップ(1年おき)で優勝1回、2位2回。
全7回の世界大会で日本はなんと優勝3回、準優勝4回という堂々たる成績。

人気獲得に欠かせない要素がスター選手。ルックスが良くて実力も秀でている選手の出現。

競技力を競うのがスポーツとはいえ、人気を左右するのは選手の容姿や醸し出す雰囲気。
冬季五輪で地味なカーリングが注目を集めたのは選手が美人揃いだったから。
フィギュアスケート浅田真央、安藤美姫しかり、モーグル上村愛子しかり。
女子バレーボール、女子マラソン、女子ゴルフなどもその傾向。
女子硬式野球も人気を獲得するには、そうした実力とルックスを兼ね備えたスターが必要。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大スポンサーの鰍かさ生活さんの情熱と支援心、凄い。
元々、野球好きの社長で、これまでも多くの場面で女子野球をサポートしてきたのだから、
その心は本物なのでしょう。
こういうスポンサーが増えるといいですね。

女子野球が世界2位レベルとは知りませんでしたね。
男子野球がパワー的なら、女子野球はテクニックとか、
何かしらの象徴・差別化ポイントがほしい。
そこに、ファンを増やすなら、記事通り、確かにスター性ですかね。
スポーツビジネスに関わる1人としては、
タレント性やらルックスなんて不要と言いたい。
トップを取るまでの努力が最優先されるのがスポーツのはずだから。
2位じゃダメ、1位を取らなくてはという、過酷な世界で1位を取る勝者が、
メディアに取り上げられ、スポンサーも増やして、成功して行くべき・・・と言いたい。

しかし、現在のスポーツを見渡せば、
又、アマチュアではなく、プロという観点から見れば、
ルックスが必要と言うのもわかる。
プロ程に、ファンあっての存在になる訳だから、
ファンの気持ち最優先でスポーツを評価すれば、
そこにルックスで誘導される世界も存在価値が出てしまう。
100%賛成とは言えないのだが、尽き詰めて答えを出すならば、
Yesと言わざるを得ない。
(心底は、ルックスより競技力でしょと言いたい所だが・・・)
上記記事では、実力とルックスの両方と記載されています。
無論、2つ共に兼ね揃えた選手が出現すれば、言う事無し。

女子野球、まだ先は見えないですが、
(先日の8-0という結果には、おいおい、大丈夫なのかと思いましたが)
わかさ生活さんのサポートを、関係者は深く考えて、
メジャーに少しでも近付く努力を最大化しなければならない。
頑張って下さい。

PS・1つ改善してほしい事があるんですよね。
   何で、2チームのユニフォーム・デザインをあそこまで似せたのか?
   資金の出所が一緒と言っても、もっと戦う姿勢をユニフォームにも表してほしい。
   全く似た所のないデザインにするべき。

posted by sports777 at 06:11| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボクシング界とメディア

■ソース
http://diamond.jp/articles/-/8002
亀田一家と心中したボクシング界とメディアの責任
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポーツライター城島充氏の記事、
よくわかります。

トッププロスポーツ程にメディアが深く絡むのが常だが、
そもそも、それはテレビ露出=広告露出効果というモノサシから始まるモノ。
ファン=視聴者がいる限り、
トップ程にテレビに露出され、そこに番組やらパーソナルやら興行に協賛がつけば、
どんどんビジネス化していく・・・
亀田3兄弟の場合は、最初は、純粋に将来期待できるアスリート・・・という所から、
TBSサイドの想いもあったはず。ビジネスはその次の話。
だが、メディアサイドの考えは、自業界から見れば普通のレベルと認識していても、
社会から見れば、そこに乖離が生まれている事に気付きにくい・・・?
テレビの役割というか、意義というか、価値というか、
何か細かい点で、おかしな事が発生してきている。

スポーツ*メディアという狭い話ではないはず。
もっと広義で、何か変わってきています。

良くも悪くも亀田選手で、ボクシングへの目は広められた。
その功績は大きい。
しかしながら、入口良くて、出口見えず・・・にならないようにしてほしい。

昔、ボクシングは、ハングリー精神の代名詞であった。
今もそうあってほしい。
上に登らなければ、苦しい選手達。
だから、厳しく、リスクある競技と知りながら、極めようとする選手達がほとんど。
亀田選手がもたらした長所を、今後どれだけ活かしていくか、
競技普及もファン増大も、そこにかかってくるはず。

ボクシング関係者、頑張って下さい。
posted by sports777 at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スキー連盟‎、予算3割前後カットの見通し

■ソース
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2010042801099
■概略
全日本スキー連盟・理事は28日、選手強化を柱とする競技本部の来年度(8月1日から
来年7月31日まで)予算が、今年度に比べ3割前後カットされる見通しを明らかにした。
スポンサー撤退などが理由で、減額は2億円弱の見込み。
各種目の部長らと予算の打ち合わせを行った同理事は「バンクーバー五輪成績などを
検討材料に、部分的には(有力選手に)特化した強化も必要だと話し合った」と語った。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なるほど、バンクーバーでは色々ありましたから・・・
でも、2014年ソチ五輪対策は、今からガンガン進めてほしいですね。

ソチ対策と言えば・・・
スノーボード斯波選手、もう本格始動しています。
頑張ってくれー
posted by sports777 at 04:53| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

スピードスケート及川、スポンサー募集

■ソース
http://www.asahi.com/sports/update/0423/TKY201004220623.html
■概略
スピードスケート男子500メートルで34秒27の日本記録を持つ及川佑(29)が所属先の
びっくりドンキーを退社する意向であることが22日、分かった。
トリノ五輪の同種目で4位だったが、バンクーバー五輪では13位に終わり、競技を続けるか
迷っていた。退社して新たにスポンサーを見つけていく予定。
「スポンサーについては白紙の状態。また一人からやり直したい」と話した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どなたか、及川選手の連絡先がわかる方は、御連絡を下さい。
posted by sports777 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサー寄付金???

■ソース
http://www.topics.or.jp/localSports/122545366453/2010/04/2010_127199057226.html
■概略
J2徳島ヴォルティスは22日、株主総会を開き、2009年度決算の経常損益が2838万円の
黒字であることを明らかにした。税引き後の純利益は2170万円。
入場料、ファンクラブ会費などの営業収入が上がった。黒字決算は2年連続。
チームの好成績に伴い、入場料収入が2984万円(前年度比35・5%増)、ファンクラブ個人
会員収入4186万円(15・1%増)、グッズ等の物品販売収入2129万円(35・2%増)とアップ。
広告収入も4億3556万円(35・0%増)と伸びた。この他スクール会費も3364万円(7・7%増)。
ファンクラブ法人会員収入は口数こそ変わらなかったものの、1口当たりの単価が減り前年度比
5・9%減の3758万円。
スポンサー寄付金など営業外収益も4664万円あった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポンサー寄付金って何ですか?
スポンサー企業の協賛金なのか、協賛金とは別に寄付金を出したのか、
意味はわかりますが、表現がおかしい。

スポンサー(協賛金)はリターンを要する資金。
寄付金はリターンを要しない、気持ちを金に変えたもの。
両者は全く別物です。
特にスポーツにおいて。
posted by sports777 at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

光通信、日本プロバスケットボールリーグへ出資し合弁会社設立

■ソース
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=250065&lindID=1
■概略
株式会社日本プロバスケットボールリーグ(bjリーグ)への出資
◇ならびに合弁会社設立に関するお知らせ
当社ならびに当社連結子会社のe−まちタウン鰍ヘ、平成22年4月23日に株式会社
日本プロバスケットボールリーグ(以下「bjリーグ」)が実施する第三者割当増資の引受け、
ならびにモバイルコンテンツの企画・運営を行い、バスケットボールチームや地域の
活性化を目的とする合弁会社の設立を行いましたので、下記のとおりお知らせいたします。
◇記
1.第三者割当増資引受けならびに合弁会社設立の理由
  bjリーグは、全国13チームから成るbjリーグ運営を行っており、今シーズン(09−10)の
  観客動員数が100万人突破を予定している等、現在急拡大しております。
  同リーグの強みとしては、地域密着型球団経営により、地元住民や地元有力企業の
  支持基盤を確立しており、チーム支援企業間の繋がりも強固です。
  又、各チームが独立採算体制で運営し、スポンサー獲得はもちろんのこと、様々な企業と
  事業提携を行い、積極的にチームの収益力強化に取組んでおります。
  この度当社グループが、bjリーグに資本参加ならびに合弁会社を設立することにより、
  (1)bjリーグに携わる個人・法人に対して当社グループ商材を販売する
  (2)各地域の有力企業と新たなビジネスを模索していく
  (3)bjリーグが持つ高いコンテンツ力を活かして、モバイルコンテンツや動画配信を始め
     とするサービスを提供することを目指してまいります。
※なお、当社による、bjリーグの今シーズン(2009−2010シーズン)、来シーズン
 (2010−2011シーズン)のオフィシャルパートナー契約も決定しております。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なるほど、光通信さんが付けば、営業力が拡大するのかな。
3年後のJBL&bj統合を視野に入れての戦略かな?
頑張って下さい。
posted by sports777 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エヴァンゲリオンRT初号機 apr カローラ、デザイン公表

■ソース
http://response.jp/article/2010/04/26/139693.html
http://response.jp/article/img/2010/04/26/139693/260509.html
■概略
SUPER GT(スーパーGT)に参戦するエヴァンゲリオンレーシングは26日、
「エヴァンゲリオンRT初号機 apr カローラ」のマシンデザインを公開した。
第3戦富士スピードウェイ(5月2日決勝)から実戦に投入される。
ラナエンタテインメントはアニメーション『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』とタイアップ、
エヴァンゲリオンレーシングを結成。
コンストラクターのaprと組み、SUPER GTのGT300クラスに参戦する
。車両はトヨタ『カローラアクシオ』、カーナンバーは31、搭乗するのは嵯峨宏紀と松浦孝亮。
また同日よりエヴァンゲリオンレーシングは個人スポンサーの募集も開始している。
近隣の箱根仙石原で、コンビニエンスストアのローソンがAR(拡張現実)を用いて
実物大エヴァンゲリヲン初号機を出現させる企画は中止されたが、次の週末、
エヴァンゲリオンRT初号機 apr カローラが富士スピードウェイに出現する。
拡張現実ではなく現実の現実で、もちろん実物大。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とうとう、車体デザインが公開されました。
近くで見ればド派手なんでしょうね。
しかし、ムラサキ色がメインなので、意外とコースに溶け込んでしまうかも。

初音ミクBMWのように、また、個人の小口スポンサーが殺到するのかな。
個人スポンサー募集サイト・・・既にアクセス困難です・・・
http://www.runat.co.jp/teamruna/eva.racing10/bs_supporter.html
初音ミクを個人協賛額で超えてしまうのかな?
ブラックカードかあ、、、エヴァンゲリオン・ファンを刺激するかも。

モータースポーツ*アニメ・・・・という路線もいいのではないでしょうか、
1つの活性策として。
もちろん、これに限らず、様々な策が早急に必要ですが。

頑張って下さい。

posted by sports777 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。