■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2010年02月22日

アマチュアも「稼いでこそ」発展

■ソース
http://www.sankeibiz.jp/business/news/100222/bsd1002220501003-n1.htm
■概略
【スポーツ経営放談】帝京大経済学部教授・大坪正則
2009年の全国高校スキーから始まった、高校スポーツ大会でのゼッケン広告が
他の競技にも広がりつつある。09年の全国高校駅伝に続いて、10年夏の高校総体でも
8競技でゼッケン広告が導入される。将来はすべての競技で採用される予定だそうだ。
スポーツを教育の一環としてとらえる高校スポーツ界では、アマチュアリズムの名の下に、
商業主義的マーケティング手法の採用を排除してきた。
だが、スポーツはする人も見る人もお金がかかる。
更に底辺拡大の為の普及活動や振興を含む選手強化となると相当大きな金額が必要。
だから、全国高体連の試みを応援したい。

◇残念な甲子園大会
スポーツビジネスは、チケット販売・物品販売・広告看板・テレビ放送・ロゴの品化・著作権・
商標権を組み合わせたスポンサーシップなどが順次加わる形で進化してきた。
スポーツ組織や団体の運営・管理の視点で言うと、プロとアマチュアの違いは、得た収入の
配分システムの相違に尽きる。

米国の例が分かりやすい。プロリーグはコミッショナー事務局と球団が稼いだ収入を、
利害関係者である球団(経営者)と労働者である選手に分け合う形を取っている。
一方、アマチュア組織の場合、収入を得る手法はプロと同じだが、配分となると、
選手に給料を分け与える必要がないので、選手が所属する学校や団体に還元したり、
選手強化支援はもとより、スポーツ普及や振興に戦略的に費やされることになる。
日本もアメリカに倣い、アマチュア競技でもチケットや広告から収入を得て、スポーツを
する人たちのための環境整備に費やすべきではないだろうか。
だから、全国高体連はゼッケン広告にとどまってはいけないし、野球の高野連は収入増大に
もっと積極的であってほしい。

たとえば、夏の甲子園。高野連と朝日新聞が公表している第91回大会の収支決算によると、
収入はチケット約4億2000万円。総経費約4億500万円を差し引き、約1500万円の剰余金。
この利益は野球振興などの補助金に使われているが、
夏の甲子園は、大会期間中延べ80万人を超える入場者があり、テレビ観戦者数は数億人に
達する。まさに国民的イベントだ。だから、スポーツ経営の視点に立てば実にもったいない。
◇メダル獲得数が象徴

なぜ、チケット売上が唯一の収入項目なのだろう。アマチュアリズム順守とも思えない。
なぜなら、チケット販売も商行為だからだ。チケット販売は良いが、看板広告、さらには、
スポンサーシップは駄目だという根拠が分からない。
高野連もプロ同様権利の現金化に努力すべきである。
大いに稼ぎ、そのお金を普及と振興のために大いに散じることを勧める。
収入に貪欲な米国のアマチュア組織のビジネス部門は、スポーツビジネスの専門家で
占められている。彼らはプロ並みに稼ぎ、そのお金は施設充実や選手強化に使われている。
トップ選手を数多く育てるためにも、また、スポーツ産業の拡大のためにも、アマチュアの
スポーツ組織も米国並みに稼ぐ必要がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

さすが大坪教授、いつもズバズバ斬り込んでいます。
おっしゃる通りでございます。
アマチュア界では、スポーツと金を結び付けたくない美談傾向があり、
それでいて、選手の資金不足がキチンと表面化されない。

(確か、五輪はアマチュアという位置付けだったはずだが(笑))
五輪クラスでさえ、スポーツと金を離して考えるのが正しいという方もいる。
(五輪自体が、相当なビジネスになっているというのに(笑))
選手の現場を考えると、
上記の学生スポーツに限らず、アマチュア全体で、お金が回る仕組みが必要。
協会や連盟がそれに努力するのは当然の話だし、
それ以上に、選手単体に金が回る仕組みが必要。
でなければ、更に進む少子化で、
スポーツで喰っていきたいというアスリート自体がいなくなりますよ。

そうなると、国家戦略として、税金という話がまた持ち上がってくるのだが、
国費を使う前に、スポーツ界自体が金を生む事はできますからね。
大坪教授のお話は、全ての場に言える事と思います。



posted by sports777 at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スピードスケート女子1500、田畑の挑戦

■ソース
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/toyama/news/20100221-OYT8T00984.htm
■概略
バンクーバー冬季五輪で田畑真紀選手(35)がスピードスケート女子1500mに出場。
穂積雅子選手(23)とともに、富山市の地質調査会社「ダイチ」に所属。
94年リレハンメル、02年ソルトレークシティー、06年トリノと過去3度出場。
初のメダル獲得を狙う。

スケートは小学1年で始め、吹雪の日も休まず、整氷係のいない正月は自ら整えて練習。
小学6年で地元大会を制し、中学3年の全国大会で1500、3000メートルの2冠を達成。
駒大苫小牧高から、名門・富士急行に進んだ。
富士急時代に2度の五輪に出場。しかし03年、師事していた監督の独立を機に退社し、
約1年間、羽田監督と故郷で練習しながら、スポンサー探しに明け暮れた。
「一番辛い時期だった」
ダイチ入りしたのは04年。00年の富山国体を機にスケート部を作った会長が、
苦労話を聞きつけ、受け入れを打診。その後の練習は充実したものとなった。
・・・・・・・・・

スポンサーが居ない→資金不足→練習環境の劣勢→バイト→戦績下降→競技断念・・・・・
という流れはよくあるパターン。
今の五輪出場選手達は、何だかんだ言っても、
そういう環境を乗り越えてきた選手。
(まあ、今現在もギリギリの状況の選手も多いけど)

いまだに、努力と根性の賜物の五輪参戦と金なんかを結び付けて言うな・・・という人がいます。
現場をおわかりでない、綺麗ごとに過ぎないが、
世間では、いまなお、表面的に綺麗な努力物語に見ている人も多い事実。
そういう方が、スポーツの金作りを語る当ブログを見つけたら・・・
苦情が来るのだろうなあ(苦笑)
ほとんどの選手がもっと資金を・・・と考えているのに。

金が無けりゃ、練習回数は減る、競技用具は買えない、栄養価の高い食事が取れない、
海外遠征数が減る、著名コーチを雇えない・・・
スポーツと金は密接なのに。
努力と根性物語に寄付金だけで推進していると思われているのかな?
税金豊富に推進していると思われているのかな?
企業から十分な給料をもらいながら、優遇されていると思われているのかな?

確かにそういう意味では、フリーやクラブの選手に比べて、実業団は有利。
ある程度は、給与をもらいながら、いい練習環境が与えられるし。
しかし、現実は、企業だって、そんなにスポーツに資金投入できる時代でないし、
名ばかりの実業団チームだってたくさんありますし。

上記2人がスポンサー探しを行なっていた1年間は、それはそれは大変だったでしょうね。
いや、1年でスポンサーを獲れたのは、むしろ早い方ではないですかね。

このケースでは、会長さんが苦労話に対して立ち上がってくれたケース。
これは稀です。
五輪選手を全てかき集めてリサーチすれば、
確かにこういう神様に巡り合えた事例は何個も出てくるでしょうが、
日本の企業数を考えれば、どういう確率かが計算できます。
非常に、レアケース。
そういう話を受けられるのも、「運」があるから。
(運とは、ここでは、マッチングと捉えたい)

じゃあ、運が無い人は、競技を止めなくてはならないのか?
いやいや、そうは思わない。
運に頼る手法でなければ、神でなくても、資金投資する方と出会う確率は高まるのだから。
今、五輪に参戦中の選手も、
五輪にもれて、国内で観戦している選手も、
又、今後五輪を狙う次世代の選手も、
今一度、資金調達について考えてみてはどうでしょうか?

トップアスリートが、
時給800円のバイトをして、カップヌードルを食べている場合じゃないです。

話が脱線しましたが、田畑選手には、意地を見せてもらいたいですね。
高木美帆選手が注目の的だが、ベテランの根性、見せてもらおう!

posted by sports777 at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

五輪スケルトン先駆者・越が現役引退意向

■ソース
http://mainichi.jp/enta/sports/general/general/news/20100221k0000m050053000c.html
http://www.shinmai.co.jp/news/20100221/KT100220FTI090010000022.htm
http://vancouver2010.nikkansports.com/skeleton/news/p-sp-tp0-20100221-598442.html
■概略
バンクーバー冬季五輪第8日、スライディングセンターでスケルトン男子があり、
日本選手団最年長・45歳の越和宏(システックス)は20位。
越は終了後「気持ちはまだまだ五輪に行きたいが、もう限界値」と語り、現役引退の意向。
五輪に3度出場し「中年の星」と呼ばれたスケルトン界の先駆者が今、ソリを降りる。

国内に指導者がいない為、海外遠征で他国の選手やコーチに教えてもらい、独学で技術習得。
バブル崩壊後の一時期、企業からの支援を得られず、失業保険で妻子を養い、
アルバイトで生計を立てたこともある。

07年にはスポンサー企業の支援を受けて国内初のスケルトンのクラブも設立。
だが、ここにきて行き詰まりを感じた。「僕のは時代遅れのスケルトン。いいラインを築くだけ
じゃだめ。用具(ソリ)の問題もある」。ソリの研究や後進育成など、山積する課題への対策の
必要性を痛感している。

一人で始めたスケルトンも「いまの競技人口は100人ぐらい」と越。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
弱小競技を支えるスポンサーが容易には見つからない中、2003年から越を支援する
ソフト開発システックス社長の北村正博さん(63)は現地で応援。
そりのランナー(刃)を提供してきた金属加工の宮脇製作所。8年ほど前、越が道具で苦労
していると聞いて協力を申し出た。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうですか、苦労人の越選手、お疲れ様でした。
同い年かあ。
選手としては引退でも、
社会人というか、ビジネスマンというか(選手育成もビジネスの一環)、
そういう面では、まだまだこれから。
良いスタートをきってほしいですね。

システックスさんは、越選手というか、チームの別サイトを作られていますね。
http://www.systex-skeletonclub.com/
03年から越選手のスポンサー、そして、07年からは年間2000万の社内クラブチーム。
いいですね。
宮脇製作所さんは、サポートをCSRとして捉えていますね。
Goodです。
記事には出ていませんが、FREEPORTさんも古くから支援されているようですね。
社長さんの支援心を非常に強いという事で。

マイナー競技で、スポンサー獲得は無理と決めつけている選手がいます。
戦績TOPでなければ、スポンサーなんて無理という、コーチ・監督もいます。
そんな事はありません。
地方選レベルで戦績下位の、レーシングカートの高校生レーサーでも、
スポンサーは付けていますしね。
要は、めぐりあわせ(マッチング)と依頼の仕方(戦略性)です。
(もちろん、熱意・根性・情熱は有って当たり前の話で、それがベースですが)

越選手も、今のスポンサーと出会うまでは大変だったと思いますが、
http://joc-athlete.jp/mt_include/1250/2008/11/joc_2.html
(オリンピアン交流会 第3回越和宏“自分の売り込み方”)
ここで越選手は、大事な事を言っています。
「与えられるのが当然で、恩返しをしようという気持ちがなかった為、契約は解消」
ここは非常に大事な事。

スポンサーシップは協賛金であり、寄付金ではない。
寄付金なら、与えた側の満足感がメリットになるので、
受けた側は形あるリターンを返さなくてもいい。
しかし、スポンサーシップはビジネスであり、
協賛金は、与えた側がリターンを受けるもの。
受ける側=つまり選手は、リターン(頂いた額に相当するメリット)を返さなくてはならない。

現在の不況下では、尚更にそれを追求されます。
一昔前と違って、選手は競技(戦績)だけ考えていればいいというものではありません。
(事実、戦績に関係なくスポンサードされている選手もいるのですから)
今の時代、
選手は、戦績追求と同時に、スポンサー企業の売上寄与を考えなくてはならない。
これ実践する為にも、
アスリートの情報武装が必須な時代に入っていると思いますよ。

ブログ読者の、スポンサー獲得を狙うアマチュア選手の皆さん、
頑張って、根性だけでなく、
根性+戦略性で、
スポンサー獲得を成功させて下さい。
Get ! Sports Sponsor !!!

posted by sports777 at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!