■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2009年12月25日

スポンサー獲得の決め台詞は「地域と世界を繋ぎませんか?」

株式会社アルビレックス新潟・事業本部長・小山直久氏の
インタビュー記事を見つけましたので参考にして下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ソース
http://career.jp.msn.com/article2/power/002_03.htm
■概略

「前身の新潟イレブンサッカークラブは地元で知られる強豪チームでした。
しかしサッカーファンに限った話で、一般認知は1997年以降。
小山さんが最前線としてパイプの無かったスポンサーを獲得したエピソードがある。

「東京にある世界的なIT系企業にアプローチすることになりました。
問題はその会社がグローバル企業であること。新潟の地方クラブに投資する動機が
見当たらないのです。腹を決めて現場に臨み、チームの将来性や地域活動を熱く語り、
“胸には地元の誇りの企業K社、背には世界の誇りである御社、地域と世界が繋がって
いるユニフォームは、世界を探してもどこにもありません。
来期、背中スポンサーが空くことは偶然ではありません。これは必然の出来事です!」。
こうした現場のクラブへの思いがスポンサー獲得へとつながった。

「この時のスポンサーとのご縁も、共に汗を流した代理店の方やサポーターの後押し、
また、スポンサー内部の懐の深さがあったからこそ。人と人とがつながる思いこそが
宝物であり感謝せずにはいられませんでした」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポンサー獲得経緯の心温まる話。
MSNかな?
ちょっと古い記事かな?

それは置いておいて・・・

そう、ターゲット企業にプレゼンする際に、
企業サイドのスポンサードする意味・意義を明確にしなければなりません。
上記記事のように、
グローバル企業に地域密着クラブを売り込むのは、
説明に困りますよね。

どうやら、熱意で獲得したように読めますが、
ここで、販促やCSR等の、熱意以外の面で成約させる方向性も
持っていた方が有利ですよね。

細かい点がわからないので、何とも言えませんが、
グローバル企業だからこそ、
CSR面の監査が厳しい企業でしょうから、
その辺りに関心を導いて、
明確な理由(世界企業なのに、日本の地域クラブを協賛する)を作る事もできます。

その場その場で、企画力や戦略が問われる営業部隊は大変ですが、
どんなに難しい組み合わせでも、
とにかくベネフィットを考える。
ここが大事ですよね。

(メリットと言うと、ロゴ貼示などの具体的なものを指してしまうので、
 この場合は、意義や理由付けが絡んでくるので、
 それらを含めた、ベネフィットと言った方がいいかもしれません)



posted by sports777 at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぎふ清流国体、募金と協賛金で¥4億目標

■ソース
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20091225/200912250854_9609.shtml
■概略
2012年ぎふ清流国体・ぎふ清流大会の募金・企業協賛推進委員会が発足し、初会合。
募金の愛称を大会マスコットにちなんで「ミナモ募金」とし、4億円を目標に募る。

委員会は県内の経済、スポーツ、報道機関などの代表38人で構成。
小島会長は「厳しい経済環境の中だが、多くの皆さんにご協力頂ける仕組みを作りたい」と。
年明けに、公的施設や商業施設等へ県産杉製の募金箱1千個を配置する他、
500万円の協賛金を拠出する企業をオフィシャルスポンサーとして20社を目標に募集。
両大会実行委員会会長の知事も出席し「(募金、協賛は)大会を成功に導く上で欠かせない。
ぜひともお力添えを」と協力を呼び掛けた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

500万*20社=¥1億のスポンサー募集。
¥3億の募金を、1000個の募金箱で集める?
いや、小口スポンサープログラムもあるのでしょうが、
それにしても、大丈夫かな?
ちょっと心配になります・・・
頑張って下さい。

posted by sports777 at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有村智恵、スポンサーシップ・アクション

■ソース
http://news.livedoor.com/article/detail/4521296/
■概略

女子ゴルフの有村智恵(22=日本ヒューレット・パッカード)が、ウエア契約を結ぶ
ビバ・ハートの神戸店でアルバイトを体験した。
昨年に続き2度目とあり、時給は50円アップの900円。
2時間勤務しただけで同店の1日分の10倍にあたる売上げを記録した。
今季は5勝を挙げ、1億4000万円を稼いだが「直接働いてお金を頂くことはないので、
実感できる。お客さんとも触れ合えて楽しかった」と1800円をうれしそうに手にしていた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おお、いいですね。
スポンサー(サプライヤーか)の宣伝広告効果、
そして販促効果が出ていますね。
まあ、1日だけの10倍じゃ、ちょっと販促としては少な過ぎますが、
こういう試みが報道される事で、
その効果値は跳ね上がりますから、
スポンサーメリットは大きい。
素晴らしいです。

それと、有村選手の健気な性格というか、素朴さというか素直さというか、
そういうハートが伝わる記事化の波及で、
ファン獲得にも繋がっていますし、
店舗の今後の集客性にも好影響でしょう。
選手がスポンサー店舗で2時間勤務しただけで、
大きなメリット換算額が創出されている・・・
これは、他選手のスポンサー獲得活動の参考になりますよね。

posted by sports777 at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

興毅ベンツのオープンカー、Xマスに贈呈

■ソース
http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp1-20091225-579316.html
http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2009/12/25/05.html
http://dailynews.yahoo.co.jp/photograph/pickup/?1261701046
■概略
WBC世界フライ級王者亀田興毅(23)が、スポンサーのスギヤマホールディングス
杉山美樹会長(50)から1000万円以上するオープンカーのベンツ280SLを贈呈された。
2階級制覇達成とクリスマスを兼ねたプレゼントで、初の自分専用車に興奮。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あれ、この車って、M君が手放したSLでは???
曾祖父さんが新車購入したのを代々受け継いで、
ヤナセかシュテルンにお宝・永久保存されたものでは???
(あの時、100万で譲ってくれていたらなあ・・・)

いや、別物かな?

ちょっとスポーツに関係ない日記になってしまいました・・・
posted by sports777 at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポーツ事業仕分け・必殺仕分け人の見解

■ソース(2009年12月23日・朝日新聞)
http://www.asahi.com/sports/spo/TKY200912230176.html
■概略
政府の行政刷新会議の「事業仕分け」で、スポーツ関連予算約59億円が縮減と判定。
選手強化の為のJOCへの国庫補助金約27億円も含まれる。仕分け人となった
元横浜市職員の南学・横浜市立大エクステンションセンター長と、
選手強化にあたる市原則之・JOC専務理事に、それぞれの立場から語ってもらった。

事務費を減らせ、スポーツ予算
(横浜市立大エクステンションセンター長・南学氏)

◇予算縮減の結論をどう思うか。
   南・・・漫然と事業を続けてはまずいとの意識があり、当然だと思う。国費、
        スポーツ振興基金、サッカーくじ(toto)があり、助成先が重なり、
        どこを焦点にお金がどう使われているのか不透明だと感じた。
        仕分けはスポーツ政策を考える契機になった。
◇ボブスレー、リュージュなどマイナー競技の補助が必要なのかと発言した。
   南・・・文部科学省はメダルが大事と言う。それなら取れそうにないものに
        なぜ配っているのか、成果はあるのかと聞きたかった。
        メダルが国民の望みなら税金投入も必要だが、税収が限られているのなら
        競技も絞らざるを得ないし、メダル獲得の可能性が配分基準だろう。
        払っている強化費の意味は何なんだと。
◇そうした競技への補助を減らすべきだと?
   南・・・強化費の前に、事務費を減らせばいい。今の重層的事務機構は無駄が
        多すぎる。事務を合理化すれば、強化費は減らさずにできるはず。
◇競技スポーツへの税金投入をどう考えるか。
   南・・・選手強化は単に国威発揚に過ぎず、裾野拡大に繋がらなければ意味ない。
        裾野を広げる戦略があれば、マイナースポーツに配って問題ない
        JOCはそうした道筋を描いて世間に発信するべき。
        国費を自由に使えるという発想ではなく、強化にどんな事が必要で、
        お金がいくらかかると国民に説明しないといけない。

切り捨てないで、スポーツ予算
(JOC専務理事・市原則之)

◇選手強化の面では厳しい結論が出た。
   市・・・国家財政が厳しい中、無駄を省くのはいい事だが、一刀両断にされた。
       基金、totoとの重なりが言われているが、国費だけでは強化費が足りないので
       この二つを作ったという事情を分かってもらえなかった。
◇メダルの望みが薄い競技に補助が必要なのかと議論になった。
   市・・・悲しい事だ。スポーツで心身を鍛え、国際交流や世界平和を目指す五輪は、
       単にメダルを目指すだけではない。弱いからといって切り捨てず、むしろ
       そうした競技こそ振興させなければいけない。
       仕分け人には、個人の趣味の延長に国費を出すのかという問題意識があった
       ようだが、世界で戦う選手には義務感がある。
◇選手強化費は聖域と主張している。

   市・・・スポーツを国策とし、子供の教育的効果、国民の健康増進で医療費削減等の
       国益がある。競技力を高め、勝つ事で世間が関心を持ち、底辺が広くなる。
◇税金を使ってスポーツをする意義を国民に説明すべきだとの意見がある。
   市・・・素直に反省している。スポーツは国民の理解を得られるオールマイティーな
       ものと思っていたが、自己満足に過ぎなかった。
       失敗した2016年東京五輪招致で、世論の支持が56%しかなかったのがいい例。
       スポーツ界も改めるべきところは改めないといけない。
       JOCでも無駄の洗い出しに努める。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今まで、途切れ途切れの情報しか報道されなかった、スポーツ予算・縮減に関して、
仕分けする側とされる側の意見が、よくわかる上記のような記事が出て、
非常に話がズレている点が浮き彫りにされました。

まず、文科省とJOCは一体的考えを持っているはずが、
この時点でズレていますよね。
文科省は、メダル獲得の為に選手強化費の重要性を押している一方で、
JOCは、メダルだけでなく、スポーツの意義を押しているように受け取れます。
現場にいなかったので、詳細やニュアンスはわからないにせよ、
メダル重視の考えなら、メダルが取れそうにないマイナー競技は切れば?という
仕分け人の言葉が出て当然です。
強いスポーツ国を作る為に金をくれという発想ならば、
国民は、仕分け人と同じ意見を持つ事でしょう。

仕分け人はマイナースポーツの敵・・・というような報道もありましたが、
そうではないですね。
マイナースポーツなんかに金を使うなという思考ではなく、
予算全体の無駄を排除せよという大きな方向性の中で、
強化費を落とさずに、他のリストラクチャリングができるはずでしょという話。
そりゃあ、当たり前ですよね。

某選手の例を出せば、
海外遠征の際に、電車・バスで空港に向かい、エコノミー搭乗する一方で、
協会役員は、黒塗り&ファーストクラスorビジネスクラスというのはおかしいでしょ、
といった所に、削減はいくらでもできるはず・・・との意見が出て当然ですよね。
ちなみにその選手は、メダルを獲った後は、ファーストクラスで帰国したようですが。
これも、南氏の言う、削減すべき事務費の一環ですよね。
本来、選手の強化費そのものに使うべき税金が、
その周辺の間接費に多く使われている・・・
ここが事務費という表現で言う所の、改革ポイントになるのは当然。

南氏は、キチンとした戦略を持って対応すれば、税金投入の価値有りと判断しています。
賛成。
某競技では、根拠のないファン獲得数を目標にしていて、実行プランも無い。
見る人が見れば、全く達成できる訳がないものと、即判断できる。
こういうファン獲得策も、一プロジェクトとして、予算計上されているのだから、
無駄と言われて然りです。

今、自分もスポーツ事業を行っており、
マイナー競技選手の資金調達サポートというテーマを持っているので、
そういう点では、税金をもっと使えるようになってほしい。
しかしながら、しがらみが無いから言えるのだが、
仕分け人同様の意見である。無駄が多い。
あるスポーツ団体には、自動的に補助金が降ってきて、
内部人材は、この金は何に使おうか等と、寝ぼけた事を言っている。
こういう裏側が1つでもある限り、
仕分け人を口説く事はできない。
仕分け人というよりも、全国民に納得してもらえる訳がない。
今回は、スポーツ界の膿を出す、いいチャンスをもらったと、
スポーツに関わる者が全員、再考するべき。
それが現実的な、時代背景、社会情勢を配慮した、
新しい、進むべき方向なのだと考える。

スポーツに関わる事業者が、もっともっと発言すべきだが、
あまり声が聞こえてこない。
お仲間意識でスポーツ事業をやっていると思われても仕方ないのでは。
どの業界でも、改革が起っている。
スポーツ界も改革しなくては、本当に、時代の波に流される。

選手強化費を削減するのではなく、
周辺間接費をまずカットする・・・これは可能なはず。
一度、振り出しに戻して、
全てを再構築するべきではないか。

選手を使って、陳情的に見せる手法は、社会や時代に通用しない。
選手が可愛そうである。
削るべきは、選手強化費そのものではない。
身を削る努力をした後で、
真に金がない・・・じゃあいくら必要か?
どのように得るのか?税金か?それ以外か?
こういう事を徹底的に詰めた後で、初めて陳情スタイルが活用されるべき。
当然、税金以外の予算調達法を、
JOCはもちろん、各協会・連盟が徹底的に行うべき。

posted by sports777 at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。