■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2009年12月11日

ウッズ周り、スポンサー撤退

■ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091210-00000035-spn-golf
http://jp.reuters.com/article/sportsNews/idJPJAPAN-12872620091210
http://mainichi.jp/select/today/news/20091207k0000e030008000c.html?link_id=RTD03
■概略
愛人スキャンダルに揺れるタイガー・ウッズ(33)にスポンサーが“三くだり半”。
07年に5年契約を締結した清涼飲料メーカーの米ペプシコ社は8日、ゲータレードで展開
していた「タイガー・フォーカス」の販売を打ち切ると発表。ウッズ出演のテレビCMも、
自宅前で自動車事故を起こした2日後の11月29日にカミソリのトップ・ブランド「ジレット」が
放映されたのを最後にオンエアされておらず、広告業界でのステータスは完全に崩れ去った。
スポンサー全12社からの報酬が年1億ドルとされるウッズだが、
その存在自体が“不良債権化”する日が迫っている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うーん、アスリート・コンプライアンスですね。

しかし、皮肉な事に、逆の視点で見れば、
とにかくウッズ・ニュースを追いかける人が世界中にいるという事で、
メディア効果は上がっていますけどね。

ナイキさんは、どう出るのかな?



posted by sports777 at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサーシップ「予算減」業界の3分の1が予測

■ソース
http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20091030/192566/
■概略
スポーツ等のスポンサーシップ「より多くの予算減」業界の1/3が予測(09年10月30日)
IFMグループが6―7月に世界30カ国で行った調査によると、
スポーツなどのスポンサーシップ契約について、2009年は業界関係者の33%が
「より多くの予算削減」に直面すると予測している。
ほかに「多少の削減を含む停滞」が44%。「今年の終わりにかけて成長」が20%となった。
IFM日本代理店のニホンモニターが10月29日にレポートをまとめた。
http://www.n-monitor.co.jp/pressreiease/2009/sponsorship_report.pdf
地域別にみるとアジア・太平洋地域では悲観的観測が強く、「より多くの予算削減」が43%。
スポンサーシップ実施企業に2009年の収入を尋ねたところ、
それぞれの国内市場で平均7%の減収、国際市場で8%の減収を予測。
58%の企業が収入減を見込む。増収を予測しているのは25%、ほかは変わらないと答えた。

調査は6月16日―7月20日に実施し、30カ国、約450人から有効回答を得た。
調査対象はスポーツ、イベントなどのスポンサーシップに関連する企業・メディア・公共団体
などの担当者と学術研究者。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リサーチ対象が、スポーツだけではなく、
エンタメ・イベント等が入っている為に、
スポーツに特化した情報として読み取る事はできませんが、
傾向は読めそうですね。

基本的には、この御時世ですから、予算減なのは当然。
では、どうするか?
PDFデータを読むと、
「スポンサーシップ投資に対する説明責任が求められている」と。
そりゃそうですよね。
100万依頼するなら100万の価値があるのが当然ですし、
1億依頼するなら1億の価値が必要。
その価値のモノサシが問われているという事です。

これまでの広告社会における協賛金は、基本的にリーチが価値基準。
視聴率○%、新聞○○部掲載、雑誌○○部掲載、観客○○人・・・というように。
リーチの積み上げに、人件費が上乗せされたメディアリーチが価格要因になっていましたが、
ナショナルクライアントクラスは視聴質を求めるようになり、
新聞や雑誌は実質発行部数を求められ、
イベント観客数等も実質人数を求められるのは当然の事、
結局の所、そのリーチで、何人のコンバージョン率が出るの?・・・という最も基本的な所が
再考されなくてはいけない。
というか、不景気で無駄な金を削減したいスポンサー企業サイドは、
当然、そこに着目する訳で、
マクロに俯瞰すれば、
スポンサーシップがどうこうという以前に、
広告とは何ぞや?という原点が問われていると言えるはずです。

簡単に言えば費用対効果。
ROI=Return on Investment
ROS=Return on Sponsorship
といった所ですが、
100万協賛したら、500万の売上UP効果が出た・・・等の
実質データを企業が求めるのは当然で、
(もちろん、数値化しにくいブランド効果はあるにせよ)
これが現場レベルでやり取りできないといけないですよね。
調査研究レベルではいくらでもありますが、
現場レベルに浸透できていないから、
プロチームのスポンサー営業担当者でも、
そこを説明できない方もいますし。
かと言って、その算出には、結構時間が掛かるので、
それは大変なのですが・・・

上記PDFにも書かれている「費用対効果の説明責任」。
これがキーワードになるのは、誰でもよく考えれば当然の事で、
逆に言えば、いかに、この基本ができていないかが如実に表れたという調査結果ですよね。

中々この手のリサーチ結果が無いので、
そういう点では、面白い情報です。
posted by sports777 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第5回東アジア競技大会、岸川選手・銀




・・・・・・・・・・・・

第5回東アジア競技大会・女子800メートル
STCI岸川朱里選手、2分7秒21で銀メダルを獲ったようです。
やりましたね。
ロンドンへ向けて、順調のようです。
頑張って下さい。

おっ、スポンサーのTHB池田社長が直々に香港応援に・・・素晴らしい。
http://blog.lets123.jp/category/792287-1.html


posted by sports777 at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チーム青森、新愛称は「クリスタル・ジャパン」

■ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091210-00000535-sanspo-spo
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091211-00000028-sph-spo
■概略
カーリング女子のチーム青森は、チーム新愛称「CRYSTAL JAPAN(クリスタル・ジャパン)」。
公式サイトには「新生カーリング日本代表のスタートとなるバンクーバーオリンピックに向けて、
日本中のファンと選手達が一体となって戦っていくことを目標に、愛称とシンボルマーク制作。
バンクーバーオリンピックで、一層キラキラ輝く『CRYSTAL JAPAN(クリスタル・ジャパン)』に
ご期待ください」と、五輪に向けての意気込みも書かれている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょっと昭和っぽいですが、頑張って下さい。
posted by sports777 at 08:44| Comment(1) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

bjリーグ「宮崎」始動、チーム名公募

■ソース
http://mytown.asahi.com/miyazaki/news.php?k_id=46000000912110003
■概略
bjリーグに来季参入する宮崎県チームの、運営会社「みやざきエナジークリエイト」が発足。
チーム名の公募も始め、態勢づくりが本格化する。
シーズンは来年10月上旬スタート。来年2月にヘッドコーチを決め、6月には外国人4人を
含む選手10〜12人をドラフト指名などで獲得する。
運営会社の設立に伴って準備委員会は今後、後援会組織に移行し、ユニホーム広告の
スポンサー獲得などを担当する。
チーム名は来年1月10日まで募る。「宮崎」か「みやざき」「ミヤザキ」「ひむか」のいずれかを
チーム名の前後に入れることが条件で、1人で何点でも応募できる。
チーム名や合宿の応募はHP(http://miyabas.jp)などから。問合せ(0986・39・3142)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆さん、応募してみては?

posted by sports777 at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。