■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2009年10月19日

世界に羽ばたけ、BBRT高橋巧!

ツインリンクもてぎ
全日本ロードレース選手権・観戦記A

マシン作りの天才・バーニングブラッドRT・小園氏の応援。

JSB1000高橋巧選手、ST600稲垣誠選手、GP250高杉奈緒子選手の3人体制。
高橋巧選手の話を・・・
(インタビュー記事は後日お披露目します)

高橋巧.jpg

小園氏の秘蔵っ子、19歳。
高校在学中から、小園氏の指導を受けて、
1年ごとに戦績を上げて、昨年18歳で、08年度GP250を制覇。
最年少記録とのこと。

2輪に初めて乗ったのは、なんと3歳の時。
父上の厳しい練習指導で、ここまで上がってきた。

真面目で無垢な巧選手、まだあどけなさも残る。
グリッドに着いても談笑が終らず、
タイヤが動く瞬間まではレースに集中しないという肝っ玉の大きさ。
緊張などした事がないと笑う。
しかし、いざ、タイヤが動き始めれば、戦闘態勢爆発という、
切り替えの早さと深さ。

とにかく負けず嫌い。
08年度シリーズチャンピオンにも満足していないと言う。
王者なのに何故?
全戦優勝ではなかったから・・・との事。
完全優勝しないと納得できない。
今年はJSBに上がって、途中の怪我の影響もあって、
TOPからは遅れている・・・
全くもって納得いかない様子で、
初カテゴリーだろうが、周りがベテランばかりだろうが、
そんなものは全く関係ない・・・・見るのは1位のみ。2位はいらない。

2輪を知らない人に説明するならば、
2輪レース界の石川遼と言えばわかりやすいだろうか。
同い年で、競技での期待度やポジションは同じ。
石川選手の開花が少し早いだけ。
高橋選手も、石川選手と同じステージに立てる資格がある。

レースが終れば普通の19歳。
ファンにも優しく、
父上の教育からか、非常に真面目な人間性が伝わってくる。

小さい頃から支援者に恵まれて、恩師にも恵まれ、
世界を狙えるTOPアスリートになった。
2輪を極めてきた結果が、夢の舞台を射程距離にしている。
さあ、世界を目指せ!

頑張れ、高橋巧!









posted by sports777 at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

頑張れ、BBRT・高杉奈緒子!

昨日は、ツインリンクもてぎで、
全日本ロードレース選手権を観戦。

マシン作りの天才・バーニングブラッドRT・小園氏の応援。

JSB1000高橋巧選手、ST600稲垣誠選手、GP250高杉奈緒子選手の3人体制。
ちょっと高杉選手の話を。

高杉1.jpg

2輪レースは、男女区分がなく、体力的な観点から女性は少し不利。
しかも、高杉選手は耳が不自由で、マシン状態を音で判断する事ができない。
これは、レーサーにとってきつい。
しかしながら、高杉選手は、持ち前の明るさと人並み外れた努力で
耳をカバーしています。
シフト時期はタコメーターと音で判断するものだが、
高杉選は、メーター上に光るフラッシュを備えており、
音を光で補って、全日本という過酷なレースを戦っています。

ピットでマシンに乗りながら調整している姿は、
小柄ゆえにちっちゃく、
この小柄さで、パワーあるマシンを操り、腕力もりもりの男達とタメを張る姿には恐れ入る。
生活を切り詰めながらも、マシン命。
このメンタルの強さが、並外れている。

 

昨日は決勝7位。
高杉さんの本来の実力なら、もっともっと上位に食い込めるはず。
レース終了後は、他チームが帰った以降も、マシンの片付けをパートナーと。
これから大阪まで帰るのか、大変だよね・・・
しかし、本人はそんな事は苦労のクの字にも達しない。
それは好きなレースの一部であるし。

様々な壁を乗り越えながら、
とにかくTOPを狙うひたむきさ。
ファンが多いのもうなづける。

高杉2.jpg

今後も、高杉選手を応援しようと思います。
頑張れ、高杉奈緒子!



小園さん始め、スタッフの方々、皆さん御疲れ様でした。
次の鈴鹿も期待しています。
又、御挨拶させて頂いた他チーム・レーサーの方々、
主催関係者の方々、ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
PS・全日本ロードレース選手権、ちょっと改革が必要です。
   観客が少なすぎる・・・
   今に始まった事ではないのですが、このまま何も策を打たないと、
   ちょっと取り返しがつかない状態に成りかねない。
   変えなきゃ。
   Iさん、急がないとね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
PS・スポンサーシップに関しては、全体的に少ない。
   かつて走る広告塔と呼ばれたマシン(2輪、4輪共)だが、
   放映無し・観客数わずかでは、効果面できつい。
   しかし、もっと別要素をスポンサーメリットにしたり、
   放映を工夫する事によって、まだまだ手術ポイントはある。
   華やかなモータースポーツに戻さないと。

posted by sports777 at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。