■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2009年09月23日

クロスカントリー学生チャンプ

昨晩は、クロスカントリー(スキー)の学生チャンピオンにインタビュー。
(インタビュー記事は近日、別途、御案内します)

日大2年・小島佑司選手

http://ameblo.jp/kojiyuu2009/

律儀にリクルートスタイルで現れた小島選手はまだ大学2年生。
非常に頭の回転が早く、しっかりした考えを持っていて、とても大学2年生とは思えない。
テクニカルのみならず、学生チャンプを獲得する秘密がそこに隠されています。

2年生ながら、
競合大学の4年生・3年生選手を超えたパフォーマンスで勝負している点に着目。
将来のクロスカントリーを背負う選手の一人と予測しています。
無論、彼の目標は五輪。
学生時代からスポーツマネジメントを学ぶ姿勢で、
スポーツは情報戦という観点からも、1歩飛び出ている。

驚くのが、道具に頼らない勝負をしている点。
近年のクロスカントリーは、
メーカーからの最新モデルのテクニカル面でのアドバンテージが大きいとの事。
しかし・・・

摩擦低減のWAXは、学生でも50種以上持つ選手もいるのに、小島選手は数種類。
ストックは、大学によって多くの最新型を供給されるが、小島選手は16年前の型落ちモデル。
板に関しても同様で、とにかく道具に頼らない勝負で、勝利を獲得している点が素晴らしい。
16年前のストックって・・・・おいおいおい・・・

明確なパーソナル・サプライヤーを付ければ、
もっともっとタイムが上がり、戦績もキープできるはず。
競合大学の有利なレース環境(サプライヤーからの最新用品提供)に負けず、
非常に不利な状況で、体1つで闘っている。

 

小島選手のようなアマチュア選手は非常に多いですよね。
スポーツ(アスリート)の金の卵。
このような選手達こそ開花するべき。

それを支援する事こそ、真のスポーツ育成のはず。

用品・道具で勝負というと、どうしてもモータースポーツを思い浮かべる。
テクニックで勝っていても、金の掛かるマシンの状態が勝負を決めるケースが多いから。
イコールコンディション・レースと言えども、その差は出てしまう。

スキーは体1つの勝負と見る人も多いが、
やはり繊細な所で、道具のアドバンテージは、
テクニカル面を補っている割合はありますよね。

最新モデルをフル活用できない状況にも関わらず、
そんな事は、パワー・テク・精神でぶち抜く小島選手に注目。

(最新モデルを獲得できれば、鬼に金棒かな)
2014年・ソチ冬季、必ずや五輪活躍を現実化する事でしょう。
頑張れ!

 
posted by sports777 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レラカムイ北海道・水澤佳寿子社長の正念場

■ソース
http://www.hokkaido-365.com/feature/2009/09/post-345.html
■概略
リーグ参戦3年目 レラカムイ北海道・水澤佳寿子社長が語る「正念場」
2007年から日本バスケットボールリーグ(JBL)に参戦、コンサドーレ札幌、
北海道日本ハムファイターズに続く道内3番目のプロ球団「レラカムイ北海道」。
若い女性からも人気を集め、平均観客数は、1,2年目共にJBLナンバーワン。
水澤佳寿子社長は育児支援事業会社コティ創業者だが、05年に売却して
06年に北海道初のプロバスケチームを立ち上げ。


◇レラカムイはJBL首位の観客動員で、野球・サッカーに比べて若年層が多い。ファンサービスは何を重視?
他スポーツに比べて、バスケは観客席とコートが近いことが魅力。
試合終了後に選手がコートを一周してアリーナ席ファンとハイタッチを行なうなど、
選手とファンとの距離が遠すぎるようにならないことを意識している。
又、選手達は、コートから一歩離れたところでも魅力があるということが重要。

◇大口スポンサー確保の目途は立っているか。また、人気がありながらスポンサーが付かない理由は?
大口スポンサーは決定していない。
こうした経済状況で何千万の資金スポンサーがそんなに簡単には見つからない。
スポンサーはチームの財産であるファンの年齢層や性質とフィットしなければ難しい。
互いにメリットがなければ長続きしない為、企業がチームを使って何をしたいかも重要。
小口のスポンサーは増えている。普通の企業と同じで、資金の多くをメインスポンサー
に依存するのは危険な面もあり、多くの企業に支えられる現状に悲観していない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水澤社長には注目しています。
さすがコティ創業者・超ビジネスウーマンで、講演会やインタビューの話も面白い。
スポーツ1本で生きてきた方々には新鮮に映るはず。

スポーツに改革・革命を起こす一人と思います。

畑違いのバスケに関わり始めて、レラカムイを観客動員数TOPへ導く手腕。
多くの関係者が着目するのも当然ですよね。
MBA的ロジカル戦略だけでなく、現場を歩いている証拠。さすがです。

スポンサー獲りに関しては、スポンサーメリットを考える前に、
スポンサーニーズを明確に掬い取る必要があると述べている点は重要です。
ブログ読者のアマ選手へ・・・・ここがポイントです。
バラマキ企画書(=Push型)が通用しないのはここに答えがあります。
各企業でニーズは異なるので、
企画書はそれに合わせたものを作るのが基本。
全企業に均等に配れるセールスシート(=Push型)では獲得率が下がる・・・
これは、プロよりも、アマ選手の方が、如実に結果が表れます。
スポンサー獲得を狙うアマ選手は、
上記記事から、その辺りを習得して下さい。


posted by sports777 at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キヤノン、シンガポール五輪委員会スポンサーに

■ソース
http://www.asiax.biz/news/2009/09/22-073022.php
■概略

シンガポールに支社開設30年のキヤノンが、当地のスポーツ振興のため、
シンガポール・ナショナル・オリンピック・カウンシルとパートナーシップを締結。
オフィシャル・パートナーシップ・プログラム(SOPP)への協賛第1号。
キヤノン・シンガポール社長は、4年間のパートナーシップ協定書にサイン。
初年度、スポーツ振興のために約6,400万円を準備。
キヤノンは、2008年にもシンガポール・ボウリング連盟と5年間のスポンサーシップを締結。
世界チャンピオンをはじめ、若手選手育成を支援するなど、
シンガポールのスポーツ振興支援に力を入れている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

キャノンさんのようなグローバル企業になると、
各国でのブランディングや販促の為に、
現地スポーツや芸術等にスポンサーシップを実施していますが、中々報道されません。
CSRの一環でもありますが、

これらは中々報道に載りませんから、
各社のCSR報告書や環境報告書の社会コミュニケーション欄を見ないとよくわからない・・・

なぜ、シンガポールのボウリング連盟に?と思う方もいるでしょうね。
であれば、財政難の日本のボウリングに協賛したら良いと・・・
例え大元の財布は連結でも、
その決裁は各国のブランディング戦略や販促戦略がモノサシになる為に、
日本国内と海外では協賛先の選択基準が異なりますよね。

今は、シンガポールでのシェア取りに力を入れているのかな?
スポーツ振興サポートというとCSR系ですが、
6400という金額からすると、CSRでなく、協賛ですね。
まあ、この辺りは、キャノンさんの報告書への記載の仕方で、意味が変わってきますが。

国内雇用など、色々な課題もあるとは思いますが、
海外の五輪やボウリングを支援する・・・・いい事じゃないですか。

posted by sports777 at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボブスレーに高山特需、スポンサー獲得

■ソース
http://www.nikkansports.com/sports/news/p-sp-tp0-20090922-546573.html
http://news.livedoor.com/article/detail/4358868/
■概略
高山効果でボブスレー日本代表に大スポンサーがついた。
21日、長野市で代表候補合宿。合宿直前に中小企業スポーツ機構とスポンサー契約。
五輪シーズンの契約金は推定500万円。昨季までは小口スポンサー2社だが、今回は破格。

06年トリノ五輪代表の長岡千里NISグループ)が、ボブスレー特集の新聞記事を持ち込み
営業したのがきっかけ。
最近はソフトボールの五輪メダリスト高山樹里が挑戦中という話題性もあり、
長岡は「高山さんのおかげという部分はある」と話す。
この日から同機構が仲介した映画「よなよなペンギン」(12月23日公開)が日本代表の
応援キャラクターになった。選手は宣伝ポスターをバックに取材応対。ソリにステッカーも張る。
高山は「私たちも必死なんです」と資金集めの苦労を感じていた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

複数の企業が出資して設立した中小企業スポーツ機構。
今後、どのようなサポートを行うのか注目。

まだサイトも無いようだが、長岡選手の所属先の延長なのでしょう。

ソリ輸送費などで年間1500万円が最低限必要とされる中での、
今回の500(契約は五輪終了まで)は、かつてない大口という。

報道は、高山一色の傾向だが、スポンサー獲得活動は長岡選手の仕掛け。
古くから、資金調達で苦労してきた長岡選手が注目されるべき。
(報道機関の中には、まるで高山選手のみでスポンサーを獲得したような書き方もあるし)
メディアは、アマ選手を取り上げる際は、できるだけ、話題性を優先しないで頂きたい。
(プロ選手は当然、話題先行で構わないが、アマに話題性やエンタメ性はいらない。
 実質性・現実性・競技(戦績)性に主眼を置いて頂きたいですね。
 それが日本のアマチュア・スポーツを支援する本来の姿ではないか?
 メディアはその辺りを再考して頂きたい。
 全てのスポーツがエンタメ性・話題性ではないでしょ。
 まあ、そうは言っても、プロ・アマの定義さえ曖昧にしたのは、
 アマスポーツを代表する五輪と言えなくもないが・・・)

posted by sports777 at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!