■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2009年09月17日

ルノー、F1から追放も…八百長容疑認める

■ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090917-00000006-sanspo-moto
■概略
昨年9月のF1・シンガポールGPで不正を行った疑いで、21日に国際自動車連盟(FIA)の
世界モータースポーツ評議会に召喚されていたルノーは16日、容疑を認め、
フラビオ・ブリアトーレ代表(59)=イタリア=が退団した。
有罪なら今季から追放される可能性。世界不況による撤退報道も続出。
事件を機に撤退に追い込まれる可能性が浮上した。
FIAによる事情聴取に強気な姿勢を見せていたルノーが突如、白旗をあげた。
F1で最も有名なチーム代表=ブリアトーレ氏と、技術部門統括のシモンズ氏が同時退団。
FIAからの処罰の内容にかかわらず、大黒柱を失ったチームの継続参戦は困難になった。
史上初の夜間開催の昨年シンガポールGPの決勝では、当時所属していたピケがクラッシュ。
同僚のアロンソは絶好のタイミングでセーフティーカー(SC)が入ったことで優勝したが、
8月にチームを解雇されたピケがFIAに事故は故意だったと密告。
FIAは「事故はチームの指示による意図的なものだった」として、ルノーを聴聞会に召喚した。
F1では07年に、フェラーリの機密情報を不正に入手したスパイ疑惑でマクラーレンが全得点を
剥奪され、スポーツ史上最高となる約116億円の罰金刑を受けた例がある。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

チームメイトを先にフィニッシュさせる指示は、過去にも例があるが、
確かに見方を変えて見れば、チーム戦略も八百長と写るのか・・・
これが「事故」だから問題に?
事故でなければ???

この時期にこのようなトラブルが発生するのはきついです・・・



posted by sports777 at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!