■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2009年08月28日

国枝慎吾がユニクロと所属契約

■ソース
http://www.paraphoto.org/2006/?article_id=397
■概略

車いすテニス界で初のグランドスラムを達成し、アジア初の世界ランキング1位、
パラリンピック金メダル2個、銅メダル1個という華やかな成績を誇る国枝慎吾が、
8月25日、株式会社ユニクロと「所属契約」を締結した。 
車いすテニスプレーヤーとして企業との所属契約は初めてのことになる。契約期間は2年。
契約金額は発表されなかったが、国枝がビックタイトルを獲得するごとにボーナスを支給。
トップアスリートとトップ企業との提携で、日本の車椅子テニスがますます強くなっていく。

記者会見の様子
ユニクロ会長兼社長の柳井正氏は、「障害者と非障害者を区別することは無意味」
「障害者は特別な存在ではない」とする考えで、同社を新しい企業として成長させてきた。
障害者を雇用しても、特定のジョブコーチは置いていない。店舗の売り上げは好調である。
ユニクロは、雇用として、女子陸上部の選手を採用し、社員による実業団チームでも
頑張っていますが、『所属契約』という形の契約は初めて。
車椅子テニスを通じて、世界にユニクロというブランドを知らせたい。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さすが柳井氏です。
ユニクロは、古くからCSRにキチンとした思想を持っていますから、
話題先行型ではなく、感心します。
(あまり報道されていないと思いますが)

そういう所が商品やブランドに表れるのですよねえ。
単に安いからではなく、共感・支持によるユニクロファンも少なくないはず。
頑張って下さい。



posted by sports777 at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みやざきプロバスケチーム誕生

■ソース
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/miyazaki/news/20090826-OYT8T01255.htm
■概略
プロバスケットボールリーグ「bjリーグ」への新規参入が認められた、
みやざきプロバスケットボールチーム設立準備委員会が、長峯誠市長を表敬訪問。
県内初となるプロスポーツチームの誕生。今後、チーム名やマスコットのデザインを公募。

2010年度からリーグに参戦するため、都城両市でスポンサー探しや署名活動を行い、
今年3月に参入を申請した。リーグ事務局は今月19日に参入を認めた。

チームは9月上旬に監督やスタッフ、選手らを決め、来年10月から始まるシーズンを迎える。
選手は12〜15人で、県にゆかりのある選手を優先的に獲得する方針という。
本拠地は都城市に置き、年間運営費を約1億5000万〜1億8000万円と想定。
年間25〜30試合のホームゲームを行い、観客動員数は1試合平均2000人、
スポンサー収入約7500万円などを目標とする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

また新しいスポーツチームが生まれました。
この御時世だからこそ、頑張って下さい。

スポンサー収入を低く見積もっている点に、堅実さを感じます。
宮崎はまだまだ元気なので、行けるでしょ。
頑張って、スポンサー獲得活動を進めて下さい。

posted by sports777 at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビーチバレー浦田に焼肉店スポンサー

■ソース
ビーチバレー浦田に焼肉店スポンサー(日刊スポーツ)
浦田V宣言!女豹水着で相手食べちゃうゾ(デイリー)

浦田組、Vなら高級和牛1頭(サンスポ)
■概略
ビーチバレー浦田聖子(28=MDI)にビッグなスポンサーがついた。
28日からお台場で始まる東京オープンで、会場のそばの焼き肉店「千の花」が、
今大会限定で浦田の個人スポンサーとなった。
優勝すれば、牛1頭分の焼き肉が食べ放題!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大会限定パーソナルスポンサーという事ですが、
競技種にもよるのですが、
今後、このようなスタイルは増えるでしょうね。
浦田選手は十分、広告露出効果が期待できますから、
千の花さんにとっては、焼肉以上においしい買い物・・・かな。

ここでアマチュア選手に学んでほしいのは、
スポンサーというと、どうしても、メーカーのような企業を連想する方が多く、
アプローチ先も、いわゆる企業に集中してしまっているのですが、
身近な商店・飲食店などを忘れてはいけません。
小口でも、獲得実績を作る事から始めませんか?

それにしても、ここの焼肉は凄そう。
宮廷焼肉?
CX御用立ちって感じかな?
今度、行ってみよっと。

posted by sports777 at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!