■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2009年07月17日

FC岐阜、集客にキャンペーン効果

■ソース
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20090717/200907170907_8341.shtml
■概略
経営に苦しむサッカーJリーグ2部のFC岐阜のホーム試合が、変わり始めた。
集客キャンペーン以降、有料入場者数やグッズ売上げが増加傾向。


きっかけは先月24日、今西和男ゼネラルマネジャー(GM)が開いた緊急会見。
「このままでは給料が払えなくなる。入場料収入を増やす事が課題」と経営の窮状を訴えた。
今月に入って大規模な集客キャンペーンを展開。
招待券やマフラーがもらえるクーポン券が付いたチラシを、
1試合につき約5千枚配って観客の増加を図った。
結果、実施前6月24日徳島戦で有料入場者数が918人(入場者数3005人)だったのに対し、
実施後の7月5日富山戦は1586人(同4681人)、12日愛媛戦で1762人(同2565人)へ。

一時は1試合あたり30万円台まで落ちたグッズ売り上げは、ここ2試合で計100万円を超えた。
開幕から続けている「You&Me(夢)募金」も2倍近くになった。
事業企画部の岡田浩志課長は「クラブの訴えに県民が応えてくれている」と実感する。


経営難が一気に改善されるものではない。
それでも、芽生え始めた「小さな力」を大きな力に変えていけるか。クラブの挑戦は続く。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おお、反応が出て良かったですねえ。
招待券・クーポンチラシも良かったのでしょうが、
地域愛が効いたのかな。

人が入ればチケット収入も増し、グッズ収入も増す・・・
プラスのスパイラルですよね。
但し、これらを短期的に見ないで、中長期へ発展させなければなりません。
新規顧客獲得だけに集中すると、リピーターが逃げる。
リピーターだけに集中すると、新規が取れない。
一般ビジネスと同じです。
そのバランスに注意して、拡大路線を進んでほしいですね。

頑張って下さい!

posted by sports777 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

DREAM.10、リザーブマッチに池本誠知選手

■ソース
http://www.dreamofficial.com/free/news/detail.php?id=1247741603
■概略
池本誠知がリザーブマッチに登場!7・20『DREAM.10』追加カード発表!!
16日、都内・DEEPジムで、笹原圭一DREAMイベント・プロデューサーが囲み会見を行い、
7・20『DREAM.10 ウェルター級グランプリ2009決勝戦』(さいたまスーパーアリーナ)で
行われるウェルター級GP決勝ラウンドのリザーブマッチを発表。


【ウェルター級GPリザーブマッチ】
池本誠知(総合格闘技スタジオSTYLE
vs
タレック・サフィジーヌ(ベルギー/チーム・クエスト


笹原EPは両選手を選んだ理由として、
「池本選手は開幕戦でいい試合をして、一回戦で敗れた選手の中で唯一判定まで持ち込み、
会場を大いに沸かせました。文句なしの選出だと思います。
サフィジーヌ選手は初参戦ですが、ダン・ヘンダーソン選手やジョー・ウォーレン選手も
所属するチーム・クエストの選手で、若く非常に可能性のある選手です」と説明。

現在、『DREAM.10』のカードは、ウェルター級GP決勝戦を含め、7試合。
笹原EPによると、ワンマッチを1カード追加し、全8試合で『DREAM.10』を行う予定。
ワンマッチは、「重量級の試合を組みたいと思います」とのこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DREAM.10の追加カードが発表されました。
池本誠知選手がリザーブマッチに入りましたので、応援に行こうと思います。

ウェルター級GPは、準決勝・決勝と1日で2試合勝たなくてはならず、
怪我によるドクターストップ等も有り得る為に、
池本選手にとってはチャンスが残されています。
また、ダブルパンチが出るかな?
頑張って、チャンスを獲得してほしいと思います。

池本選手は大阪が本拠地なので、
(大阪ジム関係者が多く来る事と思いますが)
関東でも名を上げてもらう為に、
格闘技に御興味のある関東の方は、20日(月)さいたまアリーナへ!
会場で会いましょう。


◇会場に行けない方は、TBSでチェック!
 TBS・6ch 「最強格闘技DREAM.10
 2009年7月20日(月曜日)25:29〜

◇ダブルパンチとは
 仰天ダブルパンチで門馬に快勝!
 池本誠知が新必殺技ダブルパンチで門馬をKO
 池本誠知が新必殺技ダブルパンチで門馬をKO
 池本誠知がダブルパンチに続く新必殺技を予告

◇池本誠知・試合前インタビュー
1247907887[1].jpg

新技は“ホワイトキャット”です
「『DREAM.8』が終わったときからリザーブマッチに出るつもりだったので、
正式に決まってほっとしています。出るつもりだったのでしっかり準備もしてきました。
少しでも可能性がある限り、ベルトへのモチベーションは切らしていません。
今回は、なにより勝つことが大事だと思います。
相手(タレック・サフィジーヌ)の試合映像は2試合くらいYouTubeで見たんですけど、
アグレッシブでいい選手だなという印象ですね。
ただ、結構前の試合(映像)なので、チーム・クエストに入ってから
どう変わっているのかは分かりません。
向こうはサブミッションが得意みたいなのでグラウンドに持ち込みたいと思うんですけど、
こっちはそれに付き合わず打撃で勝負しようかと思っています。
(サフィジーヌ選手は『今回は打撃を見せたい』と言っていたが?)
あっ、そうなんですか。
まあ、どっちになって渡り抜きたいと思います。
動物園ですか? 今回も行ってきました。
サイを見てきました。サイはツメ、歯、皮膚が硬いんですよ。
相手の攻撃を許さない鋼のボディなんですね。
前回の試合ではスタミナが切れてから崩れていったので、体を作って、
スタミナも強化してきました。
今回の試合に向けて新技も開発してきましたよ。名前を先に言っておきましょう。
“ホワイトキャット”です。
どんな技かは言えません。ダブルパンチに次ぐ強烈な技になると思います。
(猫パンチのような感じ?)
そういう感じではないですね(笑)。決まればKOできると思いますよ。
あと、目隠ししてのボールをよける練習、感覚的なトレーニングもしてきました」

posted by sports777 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アドゥーマ、なでしこリーグ下部Lに挑戦

■ソース
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/sports/177527.html
■概略
厚真と札幌を拠点に活動する女子サッカーチーム「ASC adooma(アドゥーマ)」は15日、
国内女子サッカートップ「なでしこリーグ」の下部のチャレンジリーグ参入を目指し、
日本女子サッカーリーグに提出したと発表。

なでしこリーグは現在、1、2部各8チームで実施。
2010年から、なでしこ10チーム、チャレンジリーグ12チーム(東西6チームずつ)に再編。

10月にも加盟審査委員会を開き、参入チームを決定するという。
アドゥーマは2004年に創設し、06年の全道選手権を制覇、08年は準優勝。
中学生〜社会人まで26人が活動。
加盟した場合、試合会場は札幌サッカーアミューズメントパークの天然芝グラウンドを使用。
年間約1千万円とみられる運営資金は、スポンサー収入や賛助会員・会費
などで賄う予定。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ASC adooma、頑張って下さい。
(Webサイトは無いのかな???)
年1000、頑張れば獲れるでしょ、期待しています。

posted by sports777 at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

球宴照明にグリーン電力使用

■ソース
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200907160046.html
■概略
マツダは15日、冠スポンサーのプロ野球「マツダオールスターゲーム2009」(24、25日)で、
自然エネルギーで発電した電力をナイター照明に提供すると発表。
昨年に続く試みで、マツダスタジアムでは初めて。

温暖化防止活動の一環で、二酸化炭素(CO2)約6・6トンの削減効果を見込む。
マツダは24日に札幌ドーム、25日にマツダスタジアムである試合のナイター照明の電力量
(推定1万2千キロワット時)の「グリーン電力証書」を購入。日本野球機構(東京)に贈る。

実際の電力は電力会社から供給を受けるが、証書の活用で間接的に風力や太陽光など
CO2が発生しない自然エネルギーで電力を賄ったとみなされる。購入金額は非公表。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポーツのエコ対策として、全競技大会で、グリーン電力は今後更に広まるでしょうね。

既に以前から音楽界は、
ライブイベント等で、ゴミゼロやグリーン電力や意識啓発を始めています。
最近、やっとスポーツ界でも、目にするようになりましたが、
まだまだ遅れているのではないでしょうか。

大手スポンサー企業ほどに、環境ブランド構築が必須なので、
社会ブランディングの一環として、
スポーツ界が取るべき道は、地域貢献・青少年育成だけではありません。
むしろ環境ブランディングの方が、企業によっては刺さります。
CSRを全体的に捉えた方が、スポンサー獲りに有益ですよ。

posted by sports777 at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電通、Second Life内で世界陸上等を開催

070823_dentsu1[1].jpg
■ソース
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20355019,00.htm?deqwas_inflow=relation&tag=deq:2
■概略
電通、Second Life内で世界陸上イベントやスキージャンプ・ペア大会を開催
電通は8月23日、同社がSecond Life内に保有する仮想都市「バーチャル東京」で、
「世界陸上」イベントや「スキージャンプ・ペア 国際大会」などの企画を実施すると発表。

世界陸上イベントは、電通がTBSと共同でバーチャル東京内に
陸上競技場「バーチャル東京スタジアム」を建設し、8月25日〜9月2日の大会開催期間中、
100m走、砲丸投げ、マラソンなどの競技会を開催するもの。
ユーザーはこのイベントに参加して、競技を仮想体験したり、他のユーザーと記録を競ったり
することができる。競技会への参加は、当日の競技場への先着順で受け付けるため、
所定の人数に達した時点で入場が制限される。スタジアムは8月24日正午にオープン予定。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

へえ、Second Life内でですか、
さすがDさん、やる事が違います・・・

もう何年前でしょう、Second Lifeが日本で流行ると聞きつけて、早速入ってみると・・・
いきなりタメ口の日本人18歳♂がローマ字で話しかけてくる・・・
「おい、おまえ、japだろ?」と。
「Oiじゃなく、Hiだろ?Omaeじゃなく、Youだろ?挨拶を知らないのか?」
と会話を少ししましたが、それ以降、Second Lifeは止めました。

まあ、それを置いておいて、
最近のSecond Lifeはどうなんでしょう?活発なのかな?
バーチャルな都市空間で、リアルビジネスの延長を行うモデルは確かに面白い。
今は、スポーツイベントまで参加型で行われているのですか・・・
企業がバーチャルショップを出店したり、広告板を出したり面白いが、
どの位浸透しているのかな?

このVR(バーチャルリアリティ)とリアルの中間の
AR(オーグメンティッドリアリティ)があるけど、
その内、ARの仮想都市や仮想ビジネスもできるのかなあ。
先日、石原知事が、五輪招致プレゼンにAR技術を使っていましたね。
金掛けてるなあ。

posted by sports777 at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

岡山湯郷ベル、ファンクラブ会員を増やせ

■ソース
http://mytown.asahi.com/okayama/news.php?k_id=34000000907150003
■概略

◇岡山湯郷ベル 選手も奮闘
女子サッカーなでしこリーグ1部・岡山湯郷ベルの母体「NPO岡山湯郷Belleクラブ」が、
ファンクラブ会員獲得に力を入れている。
選手もホーム試合前には観客にファンクラブ加入を呼びかけ、目標の会員3千人を目指す。

昨年度までのメーンスポンサーが撤退したことで財政基盤が弱体化。今年度はじめに
法人化したのも、大口スポンサーと個人会員を増やす狙いからだ。

個人会員は5月はじめに730人だったが、キャンペーン効果もあって6月末には1600人に
まで増えた。しかし、今年度目標とする3千人にするには倍増が必要。
ファンクラブの年会費は個人3千円、法人1万円。
チームガイドや情報誌が贈られるほか、グッズ割引などの特典がある。
申し込み、問い合わせは事務局(0868・72・2004)へ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ファンクラブ会員獲得も企業スポンサー獲得も、
スポンサーメリットを訴求して誘引する点で全く同じ。
頑張ってほしいですね。

会員獲得はチケット収入に直結しますから、
最近増加中の、総合型地域スポーツクラブは、
上記2点を両立しなければなりません。

小口でもたくさん集まれば、大口1社と同様になる。
しかし、その集め方が問題。
スポーツに関心が薄い人にも入ってもらう事が重要。

政治と同じですね。
例えば、ある地域に3つのクラブがある。
自民党も民主党も社民党も、それぞれ会員を募り、
自党に投票してくれと言う・・・
しかし政治に関心がない、もしくは関心があってもひいきの党を決めていない無党派
(ここではスポーツに関心の薄い方)まで誘引するにはどうするべきか?

結果的に、支持・共感を得られるブランドで誘引するか、
直接的なメリットで誘引するか、
コネで無理矢理引っ張り込むか・・・

無論、スポーツと政治は違いますから、
1つのクラブの会員ではなく、複数の会員になる方もいることでしょう。
全ては争奪戦になるとは言いません。
しかし、大事な事は、
会員獲得にも、明確な戦略が必須。
それを実現する為に、どのような戦術を打つか?

企業がいかに商品を売り込むか?
政治がいかに集票するか?
選手がいかにスポンサー企業を獲得するか?
クラブがいかに会員を獲得するか?

これは、目的達成の為の過程として、
マクロに考えれば全く同じ事。
(ミクロでは細かな違いが多いですが)
とにかく、闇雲にアプローチするのではなく、
よく準備計画を行い、これぞと思う実行手段で
目的達成してほしいですね。
がんばって下さい。

posted by sports777 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋田プロバスケチームが名称公募

■ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090715-00000000-hsk_ak-l05
■概略
秋田プロバスケットボールクラブは、プロバスケットボールリーグ「bjリーグ」へ
2010年参入が決まり、7月15日、新チームの名称公募を始めた。

2008年から有志中心で「bjリーグ」参入へ向けた活動を行ってきたが、参入が確定。
応募条件は、チーム名に「秋田」を入れること。
同社の高畠さんは「地元では初めての
プロスポーツチーム。秋田にゆかりがあるものや、バスケチームらしい強そうな名称を」
と応募を呼びかける。
採用者には10万円相当の旅行券と1シーズン観戦チケット、抽選で50人に参加賞も用意。
応募は、はがき・ファクス・ホームページ・秋田県内の「サークルKサンクス」店頭にて。
応募締め切りは8月31日。9月10日発表予定。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆さん、応募してみては?
bjは、野球独立リーグなどに比べて元気ですねえ。
posted by sports777 at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

五輪出場費用の為に、選手が売春宿オープン

■ソース
http://labaq.com/archives/51227826.html
■概略
オリンピック出場費用を稼ぐため、選手が売春宿をオープン・・・ニュージーランド
オリンピック出場は、スポーツ選手として名誉な事ですが、お金も掛かります。

国の援助やスポンサーを付けて費用をまかないますが、
競技によっては不景気でスポンサーがつかず、
オリンピック参加すら厳しい実情がある。

ニュージーランドでは、資金が底をついた選手が苦肉の策として、なんと売春宿をオープン。
ニュージーランド出身ローガン・キャンプベル23歳はテコンドーの選手で、北京五輪16位。
2012年ロンドン五輪に出場する為の資金が底をついて不安に思い、売春宿を開いたと。

北京五輪費用には約¥860万も掛かり、殆んどは両親からの援助。
息子を競技に出す為に2つの仕事を・・・、キャンプベル選手は、両親の重荷になると苦痛に。

この新しいビジネスで、なんとか次のロンドンに出場する費用約¥1740万を稼ぐのが目標。
ニュージーランドではライセンス取得すれば、売春は違法ではない。

アマチュア競技やマイナー競技が資金難に苦しむケースは多く、
優れたアスリートが五輪に出場すら叶わないというのも、
何か構造に問題があるのではないでしょうか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うーん、そうですよねえ。
当ブログでもメダリスト・クラスの資金難の記事をいくつも取り上げていますが、
世間が思う以上にスポーツには金が掛かる。
強い選手ほど、遠征費も練習費も競技用具費もかかり、
そのベースがしっかりしないと、戦績にも影響してしまいます・・・

そして、そのような資金調達の苦労は、中々報道されない。
光の部分だけが注目されて、影の部分は気付かれないですし。
スポーツ選手の資金調達は、世間が思う以上に大変です。

それなのに、選手の資金調達のアドバイザーがいないのは何故?
教える仕組みがないのは何故?
これも、上記記事でいう構造的な欠陥ではなかろうか?


国に期待しても時間が掛かるので、これは民間が自力でやる事でしょうが、
まずはJOC、日体協に期待が掛かり、
次に各競技の協会&連盟に期待が掛かります。

期待だけに頼っててもダメなので、
一民間としてアマ選手アドバイスを行っているつもりだが、
1人では限界があり、
金のない選手からは中々アドバイス費満額も取れない・・・・
こういう所にこそ本当は国費を望みたい。

パーソナルスポンサーもチームスポンサーも大会スポンサーも・・・・
アマだけでなく、プロも困惑している状況なのだから、
何かしら、資金調達サポートでの施策が必要。


スポンサー獲得だけが資金調達ではないが、
特にマイナー競技を支援する仕組みが必要ですね。
このまま経済不況が続けば、
選手個人の資金不足による競技撤退・・・という域を超えて、
リーグや大会までもが撤退・消滅という最悪の事態となる・・・
既に一部の競技でそれが始まっているし。

うーん、個別アドバイスも限界に来ているから、
よーし、仕組み作りに入るか。





posted by sports777 at 05:18| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

R・マドリード、なぜお金持ち?

■ソース
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20090714dde001050059000c.html
■概略
◇放映権料7年1485億円 クラブ型大胆経営奏功

サッカー・スペイン1部リーグのレアル・マドリードが、ブラジル代表MFカカ選手や
ポルトガル代表FWのクリスティアノ・ロナルド選手という国際的スターを獲得。
2人の移籍金は¥220億。世界経済が冷え込む中、なぜそんな資金力があるのか。

国際的な監査法人デロイトによると、07〜08年シーズンのレアル収入は約¥494億で、
4年連続で世界一収入の多いクラブ。財政規模はJリーグで最も収入の多い浦和の6倍強。
収入の大部分はTV放映権料・入場料・スポンサー料で、レアルは約4割が放映権料。

日本ではJリーグがテレビの放映権を管理するが、スペインでは各クラブが権利を持つ。
レアルは06年、地元映像会社と12〜13年シーズンまで7季という長期放映権契約を結んだ。
その額は¥1485億。金融危機以前に、巨額資金を得るビジネスを成功させていた。


一方、「スペインではレアルやバルセロナなど四つのクラブが『ソシオ』という制度で運営され、
大胆な資金運用を促している」と帝京大・大坪教授。

ソシオは会員の会費で運営される。
会員はホームゲームの年間シートを得るだけでなく、会長を選ぶ「1票」の投票権を持つ。
会長候補者は「マニフェスト」を掲げ選任される。
00年レアル会長は、ポルトガル代表、フィーゴ選手の獲得を公約に挙げ実現した。

リスク覚悟で巨額を投じても経営責任を問われにくいのが、株式会社とは異なる。
会員は利益よりも興奮を求める。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

収入に関して・・・
金融危機以前の契約というのがポイントですよね。
この更新時はどうなるのか・・・

クラブに関して・・・
欧州型ソシオ会費収入の運営はやはり凄い。
日本でも総合型地域クラブが増えて、バルサ等のクラブ運営(資金調達)を
手本にするケースが増えていますが、安定までは時間が掛かります。
それまでは、どうしても企業スポンサーを獲得する必要が出ますので、
苦労が多い事と思います。
それは頑張って、壁を越えなくてはならないですよね。

ちなみに、日本でも放映権を、Jリーグではなく、
スペインのように各クラブが権利を持ったら、どうなるかな?



posted by sports777 at 04:42| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マラソンランナーのギャラ?24時間TVの真相

■ソース
http://www.cyzowoman.com/2009/07/post_695.html
■概略
サイゾーウーマン管理人・しいちゃんが、
ウーマンエキサイトのゴシップ好き女の子・えいちゃんを相手に、芸能ニュースをウラ解説。

えいちゃん 今年の『愛は地球を救う』チャリティーマラソンランナーは、お笑いタレント・イモト。
しいちゃん 無名のイモト。「経費削減」と噂されてる。
えいちゃん 経費?ボランティアで走ってるんじゃないの?
しいちゃん 出演料が出てるに決まってるじゃないの!
えいちゃん 寄付を募るチャリティー番組でしょ。まさか視聴者から集めたお金をギャラに?
しいちゃん そんなことしたら大問題。そうじゃなくて、スポンサーからお金を取って、タレントに
        ギャラを支払ってる!普通の番組と同じ。他の番組よりもギャラがいいんだって。
        パーソナリティーや総合司会のギャラは数千万円。
        芸能事務所関係者が「24時間TVは羽振りがいいんで出演したい」って。
        マラソンランナーもそれくらいもらえるって話。
えいちゃん 地球を救う為じゃなくて、ギャラの為に走ってるかと思うと興ざめ〜。
しいちゃん 「チャリティー」と言っても、中身は普通にバラエティやドラマを放送してるから、
        タレントギャラ以外にも制作費として1つのコーナーで数百〜数千万円はかかる。
        しかも、放送中のタレント募金は本人のお金じゃなくて事務所が用意したお金。
えいちゃん もう募金する気が失せてくる!
しいちゃん 要するに"チャリティーバラエティ"。ガッポリ儲けるタレントに、弱者の味方ヅラで
        涙を流されてもシラける!
しいちゃん いっそ放送休業日にして、浮いたお金を寄付した方が人の為になりそう。
えいちゃん それは困る。今年のメインパーソナリティーはNEWS。やっぱり楽しみ。
しいちゃん えいちゃんみたいな人が多いから32年も続いてる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サイゾーさん、ズバッと書きましたね。
芸能ネタはあまり関心がないのですが、
マラソンという単語が目に入ってしまったもので。
posted by sports777 at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!