■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2009年05月29日

穴吹工務店、bj・プロ野球、Jリーグも撤退

■ソース
http://mainichi.jp/area/kagawa/news/20090529ddlk37020640000c.html
■概略
穴吹工務店:bjリーグも撤退 高松ファイブアローズ広告、今季で打ち切り
穴吹工務店は、メーンスポンサーとなってきたプロバスケットボールリーグbjリーグの
高松ファイブアローズへの広告を、今季限りで打ち切ることを明らかにした。
来季からユニホーム胸部分にある「穴吹工務店」のロゴが消える。

現在の契約は6月末までで、チームを運営するスポーツプロジェクト高松には既に通知。
同社は、スポーツプロジェクト高松の株主でもあり、14%の出資は継続する。

同社は今年1月、マンション販売の落ち込みにより、グループの1割に当たる約450人の
人員削減などを盛り込んだ再編計画を発表。プロ野球オリックス2軍チームのスポンサー
契約を昨季で終え、サッカーのカマタマーレ讃岐のユニホームスポンサーからも撤退した。

穴吹英隆社長は打ち切りについて「今年度は再編計画に基づき、スポーツを含む
広告宣伝費の予算はゼロベース」と説明。
スポーツプロジェクト高松は「地元企業を中心に、スポンサーになってもらえるよう
お願いしていきたい」と話している。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うーん、きついですね。
しかし、全ての企業がこの御時世で・・・
穴吹さんは450人も人員削減しているのですから、これは無理もありません。
プロバスケ・プロ野球・Jリーグと、これまでのスポーツ貢献に感謝。
また景気が上向けば復活してくれることでしょう。



posted by sports777 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google、F1にスポンサーとして参入?

■ソース
http://f1-gate.com/other/f1_3706.html
■概略
Googleが、F1チームのスポンサーになるとの噂が浮上している。
Google の創業者であるラリー・ペイジは、先週のマクラーレンのタイトルスポンサー
であるボーダフォンのゲストとしてモナコGPを訪れた。
興味深いのは、ラリー・ペイジは、現在ブラウンGPのスポンサーをしているヴァージン
のリチャード・ブランソンと交友関係があること。
ラリー・ペイジは、ブランソンの所有するカリブ海の島で結婚式を挙げており、
2人は様々なビジネスで関係している。
グリッドの全てのF1チームが、Googleのスポンサーに関するラリー・ペイジの関心が
どれくらい真剣なものか探りを入れているとされている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Googleがモータースポーツで、リアルスポンサーになれば面白い。
ネット界のリアルスポンサーシップの拡大が期待できるかもしれません。
うーん、どうなんでしょう、Googleらしい戦略ではないとも思えるのですが・・・
posted by sports777 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

F1富士SW開催、朝日誤報???

富士スピードウェイF1開催、トヨタが撤退検討
        ↑
 朝日新聞、誤報か?どういう事?御存知の方、教えて下さい。
        ↓
富士SW、F1開催撤退検討の報道も「開催へ準備を進めている」
posted by sports777 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサー獲得講座チラシ

スポンサー獲得講座案内.jpg
 

昨年、スポンサー獲りコンサルを受けたモータースポーツのマネージメントの方が、
より多くのアマチュア選手に広めたいと提案して下さり、
簡易チラシを作りましたので、参考にして下さい。

その方が、サーキットで多くの選手に配布して下さったので、
見た方もいるかもしれませんが。
電子書籍によるマニュアル販売が主のように思えるかもしれませんが、
マニュアルはオマケです。
コンサル業務の方が多い状況ですので、
資金調達に切羽詰った方は御連絡下さい。

近い将来、まずは都内でセミナーを開催する予定です。
決まりましたら、当ブログで御案内致します。

posted by sports777 at 03:06| Comment(0) | TrackBack(0) | スポンサー獲得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!