■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2009年05月19日

女子バレー、新愛称は「火の鳥NIPPON」

■ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090518-00000518-sanspo-spo
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090519-00000035-spn-spo
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090518-00000330-sph-spo
■概略
日本バレーボール協会(JVA)は18日、全日本女子チームの新愛称を発表した。
愛称は3月20日から約1カ月間に渡り一般公募され、「火の鳥NIPPON」に決定。
「火の鳥NIPPON」の名前の由来は「真っ赤に燃える火の鳥は情熱の象徴。
心に情熱の炎を燃やし、スピーディーなバレーボールで世界の王座を奪還して欲しいと
いう願いが込められています」とのこと。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょっと変(?)ですが、
キャッチフレーズ、キャッチコピー、サブタイトル等の類は重要。
ファンとの距離を縮める役目を果たしますし。

以前にも書きましたように、
これの延長として、
アマチュア選手は個人のロゴマークとキャッチフレーズを持っていた方がBetter。

モータースポーツ選手ですと、
ヘルメットやマシンに個人を象徴するロゴマークをつけている方もいますが、
モータースポーツに限らず、選手は自己を判別させる、
自分を象徴的に見せられるマークやキャッチコピーを持つ事で、
新たなファンや支援者の確保の際や、深く記憶させる際に役立ちますよ。

プロになってから・・・ではなく、アマチュア時代から必要ですよね。

 

例えば、レーサーのミハエル・シューマッハは、
・キャッチフレーズ=ターミネーター、赤い皇帝
・ロゴマーク=MS車体マーク



posted by sports777 at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!