■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2009年05月05日

個人・小口スポンサーの獲得

2輪ST600参戦の関口太郎選手のスポンサー獲りは、
各競技のアマ選手に参考になりますよね。
http://www.tarosekiguchi.jp/

御存知の方が多いと思いますが、
関口選手は2005年の開幕直前にスポンサー企業に逃げられる悲劇に合ってしまい、
急遽ネットで個人スポンサーを募った所、2chでも話題となって、
全体で800万円以上(Team2chで約280万円)の資金を獲得された有名な方。

その後も個人スポンサーをケアして、個人スポンサーを維持しています。
キチンと情報公開もされていますし、好感度有りですよね。
http://tarosekiguchi.blog59.fc2.com/blog-entry-1019.html

ブログ読者のアマチュア選手は、関口選手から小口スポンサー獲りを学んでほしいです。
関口選手のケースは、悲劇からの共感があったので、
単純に真似する事はできませんよ。
しかし、まず身近な周辺関係者(知人等)に交渉して、小口を募り、
その延長で、ネットを活用するという基本は、大いに参考にして、
何を共感要素(スポンサーニーズとも言えます)にするかを考えるべきですね。

頑張っているから金をくれ・・・では無理でしょう。
全競技の全選手が頑張っているのですから、何も差別化要素にならず、
相手の心に響きません。
相手の心に響き、少額ならOKだよと言ってもらうにはどうしたら良いか?
企業スポンサーに対して、個人スポンサーのスポンサーメリットは、満足感の場合が多い。
この選手を支援しているんだ、応援したいんだという心を掴む事が重要。
有償スポンサーの企業と、無償スポンサーの個人、
この違いをキチンと認知して、小口でも個人スポンサーをできるだけたくさん得る事も
考えてみてはどうでしょうか?

スポンサーシップと寄付は異なります。
(獲得の手法も異なります、寄付はNGO・NPOを参考に)
これも良く認知した上で、戦略ある資金調達を考えてみて下さい。
Get! Sports Sponsor!!!

関口選手、GP250からST600へシフトしたようですが、頑張って下さい。



posted by sports777 at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | スポンサー獲得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柏レイソル、小児がんの子供達と交流会

■ソース
http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp0-20090505-490745.html
■概略
柏は浦和戦の前に、小児がんと闘う子供を約30人招待して、国立のピッチでボールを
使った交流会を開く。
スポンサーのアフラックの協力で実現したもので、キックオフ2時間前に、大谷主将らと
子供たちがパス交換などを行う。チーム関係者は「がんと闘う子供たちを勇気づける企画
だが、逆に我々が勇気づけられそう」と話した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

選手サイドにもスポンサー企業サイドにも子供にも観客にも、プラスになります。
win-win-win-win型とでも言いましょうか。
スポンサーのアフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)はがん保険のPRにもなり、
販促効果はもちろん、CSR面(社会貢献性)のスポンサーメリットが出ます。
選手は勇気をもらい、試合主催者もCSR性を訴求できる。
見ている観客も再考の機会を得て、何よりもピッチに立つ子供達は喜びを得る。

最近、企業スポーツ休廃部等から、クラブ化が進んでおり、
地域密着・社会貢献を謳うクラブが多いのですが、
単なる社会貢献プログラムを行うのでなく、
意味のあるプログラムを組立ててほしいです。
上記は非常に小さな話題かもしれませんが、非常に意義が高いですよね。
スポンサーも喜ぶ事でしょう。
スポンサーニーズを深く考えると、スポンサーメリットは色々な角度で見えてきますよ。

ブログ読者のアマチュア選手は、スポンサーメリットを考える時に参考にして下さい。
ウェアやマシンにスポンサーロゴを貼るから金をくれ・・・という時代ではないのです。

自分も家族をガンで亡くしている為、命に関わる事には敏感になりますし、
社会・時代は、何事にも安全・安心がキーワードになっていますから、
そういう側面にもスポーツが活きればいいですよねえ。
posted by sports777 at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G大阪“太っ腹”、敵地にスポンサー招待

■ソース
http://www.sponichi.co.jp/osaka/socc/200905/04/socc220000.html
■概略
きょう中国へ出発
アジア王者は太っ腹!6日にACL1次リーグ・山東魯能戦(済南)を戦うG大阪が、
敵地での一戦にスポンサー(パナソニック、ロート等)を招待。2泊3日のツアーには
10名程度が参加予定で、航空券代、宿泊費、移動費、ガイド代などの費用は
G大阪が全額負担。海外試合にスポンサーを招待するのは、クラブ史上初。

海外の試合招待はクラブ史上初
世間の不景気もアジア王者には無縁。
クラブ関係者は「費用はけっこうな額になりますけど…」と明言を避けたものの、
トータル150万円(推定)前後の出費は確実。「日頃の感謝も含めて、クラブの将来を
見据えた中で、そういうことに投資していくのは大事」と話した。

これまでも国内リーグ戦にスポンサーを招待してきた。ただ、海外での試合では、
クラブ史上初の試みとなる。現地では金森社長を交えた食事会なども催される予定で、
末永い協調関係を築くために、コミュニケーションの徹底を図る方針。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうですね、このような投資は大事ですよね。
ブログ読者のアマチュア選手・クラブマネージャー等は参考にして下さい。
予算がないから無理・・・ではなく、
そういう予算は最初から設定しておく・・・これが大事。
スポンサー依頼をする際の金額設定時に配慮する事です。

「招待」と「接待」は密接な関係にありますが、
スポンサー企業と選手(チーム)のスポンサーシップというビジネス関係は
本来は50:50であるべきですが、
スポンサー企業は、スポンサーメリットを金で買って頂ける御客様ですから、
アマチュア選手は、契約後のケアには十分気遣いをして下さいね。
posted by sports777 at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナックル姫、関西独立リーグの救世主に?

■ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090429-00000521-san-base
■概略
少女の右腕期待も…起用に賛否 関西独立リーグ
大阪、神戸、明石、紀州の4チームによる野球の関西独立リーグで、男性に交じって
プレーする日本初の女性プロ野球選手、神戸の吉田えり投手(17)がデビューした。
年俸わずか180万円の少女の右腕には、今季誕生したリーグを盛り上げる切り札と
しての期待
が集まっている。

デビュー戦の開幕戦(対大阪)には、京セラドーム大阪に約1万1592人の観客が。
先行する独立リーグの四国・九州アイランドリーグの昨季観衆は1試合平均886人、
北信越のBCリーグは1318人。“えりちゃん効果”に関係者はホクホク。
吉田投手は不規則に揺れ落ちる変化球ナックルが得意。ニックネームは「ナックル姫」。
体力面では男子選手に劣り、直球の球速は100キロ前後。

独立リーグ球団は有料入場者数、スポンサー収入が少なく、資金繰りに苦しんでいる。
金融危機の余波が広がる中でも、吉田投手の登板が増えると観客動員とスポンサー
獲得につながると関係者は期待している。
来年は8球団、再来年は12球団とする拡大路線を打ち出している関西独立リーグの
成否は、実力的に厳しい道のりが待つであろう女子高生投手が鍵を握る。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どのようなスポンサー獲得営業をしているのか不明ですが、
資金調達面では確実に吉田選手の存在は有利です。
話題先行、大いに結構。
http://ameblo.jp/yoshida-eri/
http://eriyoshida.seesaa.net/
http://www.kobe9.jp/

今がスポンサー獲りの旬という事をリーグ側がどれだけ認識して、
非常識な営業ができるかですよね。
常識的な広告スペース売りに、吉田選手の話題で誘引する程度の営業ではダメ。
吉田選手によるアクティベーションを企業ごとに提案する等、
関係者は「期待」ではなく、「フル活用(吉田選手には失礼な表現だが)」するべき。

活かせるかどうかは、全てリーグと球団のスポンサー営業担当者の腕次第。
とにかく今。
吉田選手の観客動員数が少しでも落ちた時では遅すぎる。
打ち出し方次第だと思います。

posted by sports777 at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初音ミクZ4、不況のレース界に救世主?

■ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090505-00000005-maiall-ent
http://mainichi.jp/enta/mantan/guide/news/20090214_0783.html/?inb=yt
■概略
アニメやマンガに登場する“萌(も)えキャラ”を車体に大きく描いた「痛車」が4日、
富士スピードウェイで開かれた国際自動車レース「スーパーGT」第3戦に出場。
GT300クラスに出走し、17位となった。
「痛車」は、「初音ミク Studie GLAD BMW Z4」が昨年からGT300クラスに参戦。
人気音楽ソフトの美少女キャラクターを車体に大きくあしらったデザイン。
世界的な不況で、スポンサーが次々と撤退する中、モータースポーツの新たな取り組
として、ファンや関係者から注目されている。
「初音ミク」のGTカーの完走は、1戦目の15位に続く今季2回目。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://stgt.jp/
http://ameblo.jp/stgt-kiyo/
http://ch.nicovideo.jp/channel/ch808

話題先行で、戦績がまだまだこれからのようですが、
期待が大きいので、頑張ってほしいですよね。

「モータースポーツ*アニメ(萌え)」という新しい境地を生み、
新たなファンを増やしているのは確か。
個人スポンサー(第1期693人、第2期?)を募っている点も面白い。
¥7000〜¥5万のクラスがあり、
スポンサーメリットとして、初音ミクグッズがもらえる点は、
ヲタ系の方々には楽しいのでは。キッズも喜ぶかも。

 
次の「モータースポーツ*○○○」は何かな?
posted by sports777 at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!