■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2009年05月27日

M.ジョーダン氏、ボブキャッツ買収?

■ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090524-00000310-ism-spo
■概略
【NBA】M.ジョーダン氏、ボブキャッツ買収に興味
現地22日、マイケル・ジョーダン氏が共同オーナーを務めるシャーロット・ボブキャッツ
の買収に興味を示していることが分かった。
ボブキャッツは、シャーロット・ホーネッツがフランチャイズをニューオリンズに移した
ことを受け、2003年に3億ドル(約284億円)のリーグ加盟料を支払いNBA入り。
しかし、観客動員数は低迷し、世界的な経済不況のあおりで新規スポンサーの獲得も
ままならない為、マジョリティオーナーのボブ・ジョンソン氏がチーム売却先を模索していた。
そのためジョーダン氏は、ボブキャッツの買い取りを検討。「投資家としても関心が強い。
財政的に余裕があるなら引き受ける」と買い取りに前向きな考えがあることを示唆。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さすがNBA、加盟料も凄い。
泣く子も黙る(?)マイケル・ジョーダンが動くか?

マイケル・ジョーダンは、今や伝説の選手ではなく、投資家なのですね。
現役時代の稼ぎを見れば・・・そりゃそうか。

posted by sports777 at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋田プロバスケクラブ、bjリーグ入り

■ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090527-00000000-hsk_ak-l05
http://akita.keizai.biz/photoflash/222/
http://akita.keizai.biz/headline/561/
■概略
秋田初プロスポーツチーム誕生へ−「bjリーグ」が秋田の参入を承認
日本プロバスケットボールリーグ(bjリーグ)は26日、「秋田プロバスケットボールクラブ
のリーグ参入を承認。秋田県に本拠地を置く初めてのプロスポーツチーム。

「田臥勇太選手を輩出する等、バスケ熱が盛んな秋田にプロバスケを」(水野勇気社長)と、
街頭署名を集めるなど、1月に運営会社も設立し、3月にリーグ参入申請を行っていた。
選手は、ドラフトで獲得するほか、秋田出身者を中心とする地域密着チーム編成を予定。
想定されるチームの年間運営費は約2億円。1試合2500人の入場料収入=約8000万円
スポンサー収入=約6000万円、ファンクラブ会費など約3000万円を運営費に見込み、
運営3年目以降の黒字化を目指す。資本金も来年夏を目途に1億円程度に増やす。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水野氏の地道な活動は聞いていましたが、
bj入り、実現して良かったですよねえ。
bjサイドも1チーム増えて、メリット高いでしょう。

年間2億、うちスポンサー0.6億、頑張って獲得してほしいです。
無論、地域に根ざして、観客動員も頑張らないと。

posted by sports777 at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

内藤大助防衛戦、前代未聞・ディファ有明で

■ソース
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/headlines/etc/20090524-00000003-kyodo_sp-spo.html
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090524-00000002-jij-spo
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090524-00000089-sph-spo
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090524-00000030-spn-fight
■概略
上海で26日に行う予定だった世界ボクシング評議会(WBC)フライ級チャンピオン、
内藤大助選手(34)=宮田=の5度目の防衛戦が中止となったことが23日、分かった。
興行をめぐり、宮田ジムと挑戦者側で交渉を詰め切れなかったためとみられ、
26日に東京で代替開催する。挑戦者は同級10位の熊朝忠選手(26)=中国=で変わらない。
日本ボクシングコミッションの安河内剛事務局長は上海開催が実現しなかった理由を
「プロモーターの問題」と話した。
内藤選手にとって海外で初めての防衛戦は、中国進出を目指すWBCの強い意向で決定。
24日に日本を出発し、25日には上海で調印式と前日計量に臨むことになっていた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

23日に上海から東京・ディファ有明へと会場変更が決定?
テレビ中継は、スポンサーの関係上、そのままとTBSサイトに掲載されていますね。
TBS19:55〜22:54
史上初2大格闘技祭りボクシング内藤大助世界戦×格闘技DREAM.9


中2日でハコを押さえた?
通常では有り得ない事なので、
交渉中に、仮手配をしていたのかもしれないですが、
これも話題作りの仕掛けかな?
いや、TBSサイトの「会場変更」のクリックスペースの雑さを見ると、マジかな?
ディファのサイトを見ると現時点で情報が掲載されていないのを見ると、マジかな?
マジなケースなら前代未聞。

テレビ中継は、観客ゼロでもスポンサーCMが流せるので収入面での被害は少ないが、
中継スタッフやオペレーション面の支出面は大きいでしょうね。
それよりも、チケット収入が大問題。
宮田ジムサイドは大丈夫?
土日なので、裏情報が入ってきていないので、詳細はよくわかりませんが、
いずれにしても、中国での初モノは、色々調整が大変です。
かつては自動車メーカーも撤退した位ですから。

DREAMと合わせて3時間番組なので、
余計な仕掛けや引き込みやエンタメ無しに、
純粋にスポーツを中継してほしいですね、TBSさん。
KIDで視聴率は取れる事でしょうし。
とにかく、
内藤防衛戦が中止でなくて良かった。

内藤大輔選手サイト・上海
posted by sports777 at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

坂本博之選手のスポーツ人生

非常に長い記事ですが、お奨めします。
元ボクサー・坂本博之選手の過去・現在・未来の話です。

虐待される子どもたちを救え!  施設育ちの元ボクサー・坂本博之の闘い

2000年10月、WBA世界ライト級・畑山隆則vs坂本戦は歴史に残る試合。
http://www.youtube.com/watch?v=FUlcKLSOYfE
http://www.youtube.com/watch?v=Kd4oF1HEsjI&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=k8PsUmiUFA8&feature=related
幼少期の生い立ちをこの試合前に知り、
畑山選手のファンでしたが、
この日は何としても坂本選手に勝ってほしく、
中継に釘付けになったのを覚えています。
(視聴率も相当高かった)

上記記事では、児童虐待の事について。

見えない所で、多く発生している虐待は、本当に信じられないというか、
親というよりも、人間としての格を疑いますが、
もう一つ読むべき所が、
スポーツ(ボクシング)が坂本選手を変えたという点。
いや、スポーツでなくてもいいです、
アートでも歌でも勉強でも、何でもいいのですが、
その一つのきっかけにスポーツがあったという事は凄い事。
ハングリー精神が見事にマッチして、
それが戦績に繋がっていったと思われます。

坂本選手自身が凄いのはもちろん、
スポーツ(ボクシング)も凄い。
人生を変えてしまう程の威力がある。
日本でスポーツの楽しさに気付くのは、
基本は学校スポーツ(体育・部活)から。
この意義を再考して、もっと進化してほしいです。

坂本選手については、現活動『こころの青空募金』を応援したいですね。
坂本選手の話す事は説得力がありますし、
夢が明確で、そこに突っ走る姿に共感します。

坂本選手以外にも虐待を受けた人はたくさんいます。
精神的にそれらを打破するのは、並大抵ではないようですが、
周辺が、常に気遣う必要があります。
(本人に責任はないですから)

posted by sports777 at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

東京モーターショー&モータースポーツ

東京モーターショー、ポルシェも出展辞退
東京モーターショー09】不参加メーカーリスト
  ◎参加・乗用車
   スズキ、ダイハツ、トヨタ、日産、富士重(スバル)、ホンダ、マツダ、三菱
   アルピナ、フェラーリ、ロータス、ヒュンダイ

  ×不参加・乗用車
   ポルシェ、マセラティ、GM(キャデラック、シボレー、ハマー)
   クライスラー(クライスラー、ジープ、ダッジ)、フォード、フォルクスワーゲン
   アウディ、BMW、ベンツ、スマート、プジョー、シトロエン、ルノー、フィアット
   アルファロメオ、ランボルギーニ、MINI、ジャガー、ランドローバー、ボルボ
   サーブ、光岡自動車
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今秋開催される第41回東京モーターショーが壊滅状態・・・
確かに現状の車メーカーの経営状況を見れば苦渋の決断もわかるが、
ここまでくるとモーターショーと言えない・・・かなりさびしいですね。

過去、モーターショーに関わっていた立場として、
又、モータースポーツ復活には、車文化の発展は密接な関係と説いていた立場として、
非常にさびしいです。

特に子供や学生が、免許を取ったらこんな車に乗りたいという思いは、
モータースポーツの入口になりますし、
年々入場者数が増加していたモーターショーにはかなり期待していました。
オートサロンも同様ですが。

モータースポーツ関係者は重く受け止めて、
何かしらの対策が始まる事を期待します。

posted by sports777 at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

えりちゃん神戸にスポンサー申し出

■ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090522-00000020-dal-base
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090522-00000043-sph-base
■概略
関西独立リーグの運営会社ステラが分配金未払いの末、撤退が決定したことを受け、
一夜明けた21日、全4球団は監督、コーチ、選手らに経緯を説明した。
その後の会見で神戸9クルーズ代表は、一連の報道を受けて、東京の代理店へ
「ステラ」に代わって運営に興味を持つ会社の打診があったこと、神戸9クルーズの
スポンサーとなる旨の申し出が数件あったこと
、個人名義での寄付の申し出があった
ことなどを明かし、「拾う神もありそうです」とリーグ存続に好転の兆しを感じ取っていた。

とはいえ、新運営会社やスポンサーの話が具体性を帯びるのは先の話。
説明を受けた選手たちの不安は払しょくされていない。アルバイトとの兼業について
「必ず野球に悪影響が出る」と話す選手もいるなど、この日の説明が動揺の解消には
結びつかなかったようだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

数件でも活かしてほしいですね。
必ず打開策はあるはず。
この状況を逆手に取る位の勢いで頑張ってほしい。
posted by sports777 at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「もったいない」ロゴ、スポンサーなく無償

■ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090519-00000042-maiall-soci
■概略
サッカーJ2 栃木SC、ユニホーム左袖に「もったいない」ロゴ スポンサーなく無償
宇都宮市・市長と、Jリーグ2部・栃木SCの新井賢太郎社長は18日、
栃木SCのユニホームの左袖に、同市が推進する「もったいない運動」のロゴマークを
つけると発表。24日の水戸ホーリーホック戦(県グリーンスタジアム)で披露される。

昨季までは栃木信用金庫のロゴがついていたが、今季は左袖にスポンサーがつかず、
「もったいない。これを活用しない手はない」(新井社長)と栃木SC側が、同市側に
打診し実現した。左袖のスポンサー料は年間4000万円程度だが、今回は無償という。

「地域貢献は我々の大きな目標の一つ。もったいない運動に協賛したいと考えた」と
新井社長。佐藤市長は「子供たちにとって良い環境の地球や宇都宮を守り、引き継ぐ
ことが大人の責任。もったいないの精神はこれからも大きくはぐくんでいきたい」と話した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

地域貢献の為に、いい事ですが、
「もったいない」と考える所がもったいない。
4000のスポンサーがつかなければ、
2000や1000に割り引いてでも
スポンサーを引っ張る検討はしたのかな?

 

又、4000を無料にするが、物資やサービス面で
補填させて、時期をずらして一部資金を頂く等の検討はしたのかな?
契約面で色々できるはずですが。
地域貢献のブランド換算額が、2000以上、4000以上となる試算済みなら
それはそれでOKなのですが。
ちょっと、もったいない。

posted by sports777 at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽天がテニス界参入

■ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090520-00000005-pia-spo
■概略
楽天がテニス界参入。フェデラー、錦織の出場も決定
楽天が日本最大級テニストーナメント「ジャパン・オープン」の特別協賛を務める。
楽天の三木谷浩史社長は高校、大学時代に自身もテニスに親しんでいたこともあり
「テニス界に恩返しをしたい」と、スポンサーに名乗りを挙げた。
「日本のテニスを変えてくれる大会」と大きな期待を寄せる。

コートの全面改装も施され「楽天・ジャパン・オープン」へと生まれ変わる今大会は、
男女合わせての賞金総額が約132万6500ドル(約1億2870万円)で、昨年より
35万7500ドル(約3470万円)増額。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

野球・Jリーグ、、、、、楽天は元気ですね。
テニスに関しては、今回は大会協賛ですが、
三木谷氏の次の一手に注目しています。
どこまで掘り下げてくるのか。
posted by sports777 at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビーチバレー、極貧ペアの資金調達

■ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090520-00000513-sanspo-spo
■概略
“極貧ペア”田中・鈴木組、希望の星に!/ビーチバレー
ビーチバレー・霧島酒造オープン(宮崎)で田中姿子(33)、鈴木洋美(30)=フリー
が優勝。開幕・愛知オープン以来今季ツアー2勝目を飾った。
田中の笑顔が一番輝いたのが賞金の使い道について語ったとき。
今大会で50万円獲得。2人ともスポンサーがつかないフリーのため、貯金を切り崩して
プレーを続ける“極貧ペア”。大会賞金は大事な運営資金
だ。

苦労は尽きない。ワールドツアー・ソウル大会(26日開幕)の渡航費は、ため込んだ
マイルでまかなった。鈴木は決戦前日も近くのスーパーで3割引の弁当を購入した。
今後の目標は6月の世界選手権(ノルウェー)に出場することだが、ピザとコーラで
8000円以上という現地情報を早くもキャッチ。
「ノルウェーは物価が高いから生きていけない」(田中)と今から戦々恐々としている。

ここに救いの手を差し伸べるのが日本ビーチバレー連盟(JBV)。強化指定選手として
迎え入れようというのだ。強化指定されれば、海外渡航費用、現地の宿泊費など、
ほぼすべてにおいて全額が補助される。2人はすでに書類審査をパス。
今後は面接、リポート提出などを経て正式決定がなされる予定だ。
今後、さらに実績を残していけば、指定のランクがアップし、最終的には専属スタッフ
などもつくフルサポートも可能だという。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

様々な競技で、資金不足に苦労する選手は多く、
その解決策が、スポンサー獲りや強化選手補助金などだが、
全選手が資金面を解決できる訳ではないので、
ダイヤの原石がそのような苦労の中で居なくなる事は非常に難しい問題です。

それも運?
強い奴だけが生き残る?
強いとは何か?
競技戦績だけ強ければ良いのか?

いや確かにそうかもしれませんが、資金難の選手からの相談を常に受けている
立場としては、そうとは言い切れません。
先に資金的な解決をしてから強くなる選手もたくさんいますし。
(特にモータースポーツ系は、先に金がないと、マシンに乗れないですからね)

資金調達は、運もありますが、運だけに任せられないですね。
競技同様の戦略が必要です。
資金調達を運と言うのであれば、競技(勝負)も運という事になってしまいます。

 

社会一般の認識では、競技でTOP戦績の選手しか、資金調達面でも成功できない
という認識ですが、現実は、それでは優秀なスポーツ選手の多くを失うケースも
あると言いたいですね。

1位の選手がプロとなり、2位の選手は金に恵まれずにプロになれず・・・
しかし、1位の選手はプロで通用せず、たまたま負けた2位選手ならば
プロでも活躍できる未来が明らかだった・・・・等のケースはどこの競技にも
ありますし。
スポーツと金(生活資金)の非常に難しい問題と言えます。
非常に多くのアマ選手が、技術はあっても競技を去っていく・・・・
これがいかに多い事か。
メディアはこのようなケースをもっと露出してほしいです。

話を戻して・・・
上記記事の2選手は良かったですねえ。
しかし、ノルウェーの物価がそこまで高いとは勉強不足でした。






posted by sports777 at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

関西独立リーグ、運営会社撤退

■ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090520-00000158-mai-base
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090520-00000213-jij-spo
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090521-00000024-dal-base
http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/etc/news/20090521-OHT1T00045.htm?from=related
■概略
所属チームへの分配金未払い問題で揺れる野球の関西独立リーグの運営会社ステラ
(中村明代表)は20日、リーグから撤退することを表明。
今後、4球団が役員を出して新たな運営事務局をつくり、リーグを存続させる。
1球団3000万円の分担金は結局支払われず、リーグ、球団の維持には難しい状況。

中村代表と5球団代表が記者会見。中村代表は分配金の原資がないことを認めた上、
「撤退が妥当だと思った。昨年秋に経済情勢が変わり、スポンサーのキャンセルが
十数社出た。スポンサーからの収入は2億円ほど不足
している。事業計画に甘さも
あったと思う」と説明した。
運営会社は興行権や放映権を保有するとともに、審判や公式記録員の確保などに
あたってきた。運営会社の撤退を受けて、これまで各球団と交わしてきた契約書は
破棄され、各種権利の移譲については、双方で詰める。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

非常に厳しいのは確か。
しかし、ここが踏ん張り所。
何とか頑張ってほしいです。

地上波・全国ネットがないのであれば、
アクティベーションを重視したスポンサーアプローチで契約を獲って下さい。
2億はでかいです。
しかし、届かない域ではないはずなので、
スポンサー獲りの再チャレンジをしてほしいです。
posted by sports777 at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!