■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2008年09月27日

2輪ハイブリッドの影響

■ソース
http://news.livedoor.com/article/detail/3835864/
■概略
ホンダは、2010年代半ばに、ハイブリッドの二輪車を販売。
実現すれば業界初。四輪で培ったハイブリッドや電池技術を
二輪車にも応用し、ガソリン高や地球温暖化に対応する狙い。
ハイブリッドは、エンジンの他にモーターや電池も積む為、
スペースが限られる二輪車では開発が難しいとされていた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ついに2輪もハイブリッド。
時間の問題と考えられてきましたが、ついに再来年。
2輪モータースポーツ業界も、早々に対策を練らないと。

環境保護視点から言えば当然の事であり、
2輪モータースポーツがこれにどう対応し、
どう料理して競技と関連付けていくか。

4輪でもプリウスレースが本格化している訳ではないので
(プリウスカップはありますが、まだレーシングではない)、
即2輪レースに影響を与えるものではないのですが、
メーカーも水面下でハイブリッドのワンメイクを計画しているので、
これもまた時間の問題でしょうね。

別記事で、
10年後のモータースポーツ界のリスクを何度も書きましたが、
より現実味を帯びてきます。
ガソリンレースを続ければ、批判されるスポーツになる。
ハイブリッドや燃料電池車レースになれば、超マイナー競技になる。
この先の競技リスクは、マシンを元を提供するメーカーに
依存するしかないですが、
せめて、その対策は現場の選手が考えないと。

地球環境と同じで、自分が生きてる間は大丈夫だから後回し?
子供や孫が困ります。
100年後、
「うちの先祖は、資源燃料ビークルで争っていたらしい」なんて、
子孫に言われたら寂しくないですかね。

車輌がどうなろうと、
競争心を車輌スピードに求める子孫はいなくならないと思いますが、
1000人に1人、1万人に1人になるような状況にはしたくないですね。

過去、ゴルフ競技が、広大な土地を人工的に加工して
けしからんと言われた時期もありました。今もか?
モータースポーツのサーキットも同様です。
マイナー競技に成る程に、肩身が狭くなります。

今から改革しないと!





posted by sports777 at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小さくても立派なスポンサー

DREAM6ミルコ.jpgDREAM6.jpg

9月23日さいたまスーパーアリーナでの「DREAM.6」は、
テレビ中継されたので見た人が多いと思いますが、
http://www.dreamofficial.com/free/fightcard/?id=20080923

「ミルコ・クロコップvsアリスター・オーフレイム」は、
どうも消化しきれない、嫌な終り方でしたが、
ミルコが「日の丸」背負ってるのは何故?
(知っている方は教えて下さい)
親日家と言っても、他競技より戦闘心むき出しの格闘技なので、
仲良しイメージは返ってブランドによろしくないのでは?


山本KIDの弟子であるKRAZY BEEの山本篤vs所英男は、
もう少し絡んでほしかった。
ラストの腕十字を決められなかった所選手はきついですね。
山本篤選手の動きはKIDそのもの。
いつも一緒に練習していると、顔振りフェイントまで似てしまうのか。
所選手は仮想KIDとして、山本篤選手をキッチリ仕留めないと
次が危うい状況の中で、かなり押されていましたね。

スポンサー関連の話題へ・・・

山本篤選手の白パンツの右尻(太腿)のロゴに気付きました?
「山本接骨院」と書いてありました。
家族なのか親戚なのか、
又、全く関係ない医院なのかはわかりませんが、
大手企業に比べれば、接骨院は小さな法人(機関)。

こういった小さなスポンサーを大事にしなければなりません。
例えば、他競技より大金を要するモータースポーツ選手ならば、
100万単位の協賛金を得る為に、
プロを真似て、大手企業や、中小でも有名企業に目が行きがち。

大手にアプローチする際の実績としても有効なので、
小さな企業をより多く獲得する手法も大事です。
1社でも実績があれば、他企業からの信用度は確実に上がります。
1年を通じて、キチンとビジネス契約を全うした証拠となりますから。

最初は数万円のスポンサードで、
近所の商店辺りから実績を作り、徐々に中小・大手と
拡大してアプローチする戦略も有りでしょう。


それにしても、
最近の格闘技は、スポンサーを引っ張れる環境に育ってきましたよね。
以前は、どうしてもダーティーなイメージで、
一般企業の協賛は付きにくいものでしたが、
最近は、テレビ局の誘導も有り、
いわゆる普通の業種の企業が、こぞって協賛する例が多いですね。
プロレスとは一線を画するポジショニングができたという事か。



posted by sports777 at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | スポンサー獲得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサーの販促への寄与

■ソース
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/sports/news/CK2008092402000075.html
■概略
9月23日、愛知県体育館で、北京五輪代表24人が集う
「スポーツフェスティバルinNAGOYA」が行われた。
競泳・北島康介等がトークショー等。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これを受けて、真野○江氏のブログで現場の様子が、
http://manomarue.blog69.fc2.com/blog-entry-237.html
色々な企業スポンサーの試供品が入場時に渡されて・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イベント入場者にとって、この手の策は当然嬉しいですよね。
好きなアスリートと会えて、サンプルももらえる。

スポンサー企業は、新製品等をサンプリングできて、
選手とイメージマッチさせた記憶を入場者に植付ける事ができる。

販促の一環であり、
スポンサーシップ・アクティベーションの一つですよね。
広告露出効果だけがスポンサーメリットではなく、
以下に販促に寄与できるか。


この考え方(手法以上に考え方)は、
アマチュア選手が大いに活用するべきです。
考え方自体に、有名・無名は関係ないですから。
posted by sports777 at 05:46| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!