■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2008年09月25日

スポンサーアプローチ時期

そろそろ9月も終わりに近づきました。
皆さん、スポンサーアプローチは順調でしょうか?

他記事でも、メルマガでも述べていますが、
競技シーズンが終ってから動いても遅いですから、
(その頃には、既にライバルが契約段階に入る)
今が一番大事な時期ですよね。


ちょっと参考記事を。
■ソース
http://aso11.blog71.fc2.com/blog-entry-13.html
■概略
レーサー麻生選手の企画書修正時期に着目=4月9日
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

途中参戦orスポット参戦という事を意識されているので、
来年度向けスポンサー獲得活動とは、
ちょっと違うかもしれませんが、
先手の動きを意識されているようですね。

とにかく早く動いて損をする事はありません。

各アプローチ企業の特性を考えて、
調整期間・決裁期間を予測
すれば、
自ずと、理想契約日から逆算した
第一回目のアプローチ日が決まるはずです。


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

アマチュア選手にありがちな、
シーズンが終ってからゆっくりアプローチしよう等の考えは
通用しません。
それは選手側の一方的な理由。

御金を出す側の企業には、アマ選手の時間的都合等は関係ありません。
選手が、企業の時間的都合に合わせるのです。

この辺りを理解していない選手が毎年数名、
シーズン後に、スポンサーが獲れないと泣き付いて来るのですが、
それは自業自得。
情報戦に負けたのですから仕方ありません。
私は助けたいですが、
企業は助けてくれません。
スポンサーシップはビジネスですから、泣いて頼んでも無理。

アリとキリギリスによく似た光景を毎年見ています。

もう一度だけ復習。

今が一番大事な時期ですよね。



PS・「OKを頂きやすい時期」を狙ってアプローチして下さい。
   その時期と理由は、マニュアルで情報取得して下さい。
   ここでは省略します。
   http://www.medal.co.jp/sports_sponsor_01
posted by sports777 at 20:27| Comment(2) | TrackBack(0) | スポンサー獲得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!