■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2008年09月16日

アスリートと株価(mixi日記より引越し)

≪080824≫
■ソース
「北島康介選手の金メダルから株価を考える」
http://diamond.jp/series/yamazaki/10043/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これ面白いです。
アスリートと株価の関係の一部。
ほんの一例に過ぎませんが、こういう動きもあるのですね。
企業も大変です。
posted by sports777 at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

裸足サッカーとスパイクサッカー(mixi日記より引越し)

brazil.jpg

≪080824≫
■ソース
http://news.livedoor.com/article/detail/3790001/
■概略
呆れる!?ロナウドの"驚くべき"肉体
かつてサッカー界で「怪物」と呼ばれた
元ブラジル代表のロナウドが、メタボ腹に・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サッカーファンとしてはショック。
ブラジルのロナウドがこんなになっていたなんて・・・。
もう、アスリートじゃないなあ。

昔、仕事でブラジルに数回行った時に、
通訳に、スラムは危ないから行けないと言われながらも、
ブラジルの現状を見たいからと、近づいた事があります。

道路と呼べない、舗装されていない、しかも水溜りのある小道。
野良犬が歩き、ハエや蚊が多く、衛生面はよろしくない。
現地通訳が一緒でなければ、
ひったくりや何かしらの事件が起こってもおかしくない雰囲気。

そこで、子供達がボールを蹴っていた。
よくTVで見る「裸足のサッカー小僧」達。
TVではなく、そこに現実があった。
(ストリートサッカーと言うけど、ストリートと呼べない道端で)

皆、ピュアで明るい。
悲壮感などない。
もし、裸足は変?と聞かれたら、うまく答えられなかったと思う。
とにかく、本能の深い所で、ボールを蹴る事が根付いているはず。


このスラムから有名サッカー選手が生まれる事があると通訳は言う。
なるほどハングリー精神の違いは、ここにあるのか
と思いました。
子供の頃から、わずかな収入の為に働いて、親に報酬を渡す。
その合間にも、サッカー。。。
もし、うまくなってプロになれたら、
この生活から脱却できるという、
子供ながらの気持ちがあるのかもしれない。
ブラジルサッカーが強い訳だ。

事実、サッカー成金の選手も多いが、
余りに有名人になると、金に溺れるのだろうか?
ロナウドもロナウジーニョも、
祖国ブラジルを離れると子供の頃の苦労を忘れてしまうのか、
酒と女に溺れる?
(2人はスラム育ちではないと思うが)
ハングリー精神が落ちるのだろうか?

いや、ロナウドを擁護すると、
あまりに選手生命を酷使されて、体がボロボロでもうダメです
というのが本音であり、事実なのかもしれない。
チームやオーナーに文句も言えない状況なのかもしれないです。
しかし、あそこまで体が、普通のおじさんになってしまったら、
サッカー選手としてはもうダメでしょうねえ。
ロナウジーニョには、復活を期待するけど。

ちなみに、ブラジルでは、
普通の家庭の子供の取材もしました。
サッカー小僧で、部屋の中はサッカー選手のポスターだらけ。
いわゆる日本のサッカー小僧と同じで、
スラムの裸足サッカーと、ナイキのスパイクサッカーと、
ブラジルの2面性を見せ付けられた。

スパイクサッカー小僧は、元プロ選手が監督のチームで、
悠々とテクを磨いている。
一方、スラムの裸足サッカーは、誰にも教えられず、
リズムと勘と本能だけで鍛えている模様。

考えさせられました。

ブラジルはいろんな意味で素晴しい国です!

ブラジル最高!

皆様、是非一度行ってみては?

NY経由でも30時間弱かかるから、
飛行機が嫌いになるでしょうけど。
posted by sports777 at 06:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏が来れば思い出す(mixi日記より引越し)

花火.jpg

≪080816≫
昔、ちょっと変わった海の家を某海岸に出店しました。
ビジネススポンサーを付けて、
キー局の協力で、ゴールデンに異例のCMを打って頂き、
結構集客できたのですが、
その前に、

初期プロモーションに、某野球スタジアムでキャンペーンを打って、
始球式で投げて良いと言われたのですが、
数万人の前で顔出すなんて恥かしくて、そういうのはかなり苦手で、
関係者に投げてもらったのですが、

ベンチ横で投げる様子を見守っていたので、
某チームのプロ選手が全員真横にいたのです。
プロ野球はあまり関心がなかったので、誰が誰だか全く知らず、、、

その時、現在もテレビ露出の激しい超有名選手が
私の隣に居た事を後で知らされて、
ああ、せめて呑み友達になっておけば良かったなあと、
夏が来ると後悔します・・・
(ミーハーすぎるか?)


そう言えば、、、
中学生の時、サッカー部で、国際Aマッチを国立競技場に観戦に行き、
奥寺選手(当時は日本人プロ1号で超有名、今は横浜FC社長)が
解説席にいたので、
どうしてもサインがほしくて、
解説本番中に、警備を振り切って、サインを求めたのですが、
本人は首を横に振り、警備2人程に捕まり、、、
確かそれも夏だった。

昔は何事にも怖い者知らずだったけど、
歳とると丸くなりますね。
posted by sports777 at 05:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北京オリンピック(mixi日記より引越し)

北京オリンピック.jpg

≪080815≫
ちょうど1年前、
某スポーツメーカー(アパレル)のPR戦略に関わっていたのですが、
当時、五輪時期までにどう絡めて行くかも視野に入っており、
今、勝てているので、ガンガンテレビ露出されていて、
メーカーは笑いが止まらない状況。

五輪では、
パーソナルスポンサーの企業ロゴは、ウェアに貼示できませんが、
ウェアメーカーのロゴは、映りますからねえ。

一方、負けている競合メーカーは大変な事になっています。
株価は下がるわ、メディアに叩かれるわ。

オリンピックはアマチュアである。。。と言う人も多いですが、
プロ、又は、プロに限りなく近いアマですよね。

選手の戦績で、企業の株価が上下するのですから、
企業も大変です。。。
posted by sports777 at 05:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本のフォーミュラの行く末(mixi日記より引越し)

≪080804≫
■ソース
http://www.drivingfuture.com/event/2008/hev_juniorhigh/article/001.html
■概略
才能の目を育てる体験学習「次世代車を知ろう」
中学生ハイブリッド教室開催

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

EVやハイブリッドには注目しています。
これだけ環境保護が、大々的に叫ばれる中で、
モータースポーツが生きていくには、
次世代レースカーに頼らざるを得ません。


アメリカでは、
EVのフォーミュラーカーが当たり前のように、競っています。
あれ?
アメリカって環境保護にうといんじゃなかったっけ?
いえいえ、それはブッシュ政策だけ。
実は進んでいるんです。

F1が叩かれるのは、アメリカにとって計算済みでしょう。
インディなんか、環境問題への配慮から、
07年よりエタノール98%・ガソリン2%の混合燃料に
切り替えましたし。
F1より一歩先を考えているのかもしれません。

EVフォーミュラは、
日本の大学等でも始まっていますけど、誰も着目しない。
しかし、数年後、もっと環境保護意識が進んで、
聖域のモータースポーツが今より叩かれ出したら、
確実に脚光を浴びるでしょうね。

アメリカはもっと、フォーミュラを、
エコと絡めながら楽しんでます。



PS・アメリカのEVフォーミュラは形が独特です
  http://www.ece.wvu.edu/~formula/

PS・日本では中学生が作ってました。
  max140km/hまで数秒?
  http://www.jevc03.blogspot.com/

PS・全日本学生フォーミュラ大会・・・結構かっこいい
  http://www.jsae.or.jp/formula/jp/
posted by sports777 at 03:16| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦略的スポーツアイドル(mixi日記より引越し)

≪080728≫
■ソース
http://sankei.jp.msn.com/sports/other/071011/oth0710110846000-n1.htm
■概略
マイナー競技のバドミントンの立て直しと、メジャー化への道を
目指して、バドミントン協会が戦略的に育成したオグシオ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今、静かにバドミントン人気が向上しています。
キッズ&ジュニアの競技人口が上がり、
テクニックを教えるノウハウ本やDVDが売れているようです。
まだまだ、長期的なものになるかは分かりませんが、
そうなるように動いているのは確かです。

モータースポーツも、確かにアイドル的な選手が出てくれば、
全体の牽引役にもなるでしょう。

日本のモータースポーツもそうでした。
セナがF1を引っ張っていた頃は、
4輪・底辺のレーシングカートが流行りました。
テレビ番組では、何かとタレント対プロのカート対決を取り上げ、
番組要素に使っていたものです。
そういう番組も手伝って、
レーシングカートを全く知らない人が、カートを始め出し、
一時期は、これでモータースポーツは右肩上がりと言われました。

他の競技より広い土地が必要で、
騒音問題で地方でしか楽しめず、
枯渇が心配されるガソリンを使いまくり、
CO2出しまくりの聖域スポーツで、
若者の車離れで車自体が人気下降・・・
カテゴリーが上がる程に命を落とすリスクがあり、
不況のあおりでスポンサーも減少。
環境問題で叩かれるわ、
いまだに不良スポーツというイメージを持つ人もいるし、
メディアは広告価値なしと言う・・・
レース会場では観客が遠のき、
ますます企業は撤退する。
マシンという機械の性能勝負で、
人対人の純粋スポーツではないという人もいれば、
ビジネスとしてももうダメという人も・・・・・
超大口スポンサーのタバコ会社も世間から叩かれ、
モータースポーツとの関係も途切れ、
スポンサーを引っ張る広告代理店も敬遠しがち・・・


でも、
あのスピード、タイヤの溶ける臭い、ガソリンの臭い・・・
止められないんですよね・・・・
だから、もっと他の競技と同様に、
頭使って復活作戦を今やるべき。
10年後では遅いんです。


今でさえ、石油高騰問題が世界中で起こり、
50年後枯渇を考慮すれば、
この問題は一時的ではないと考えられます。
確かに投資の原因も絡んでいますが、
それが解決しても、根本的な量がないという話になります。

当然、ハイブリット車・燃料電池車・水素車・EV等での
レースにシフトしますが、ファンは確実に減ります。

10年後にこりゃ大変だと言っても、その時は既に時遅し。
環境問題への話や、ガソリンを使うな的な世論が高まりますから、
巻き返し活動をすると、逆にブーイングが出る可能性もあります。

短期策としては、一貴をアイドルする事もありでしょう。
それと同時に、中期策・長期策を始めないとヤバイでしょうね。
まあ、10年後はどうにかなるだろと御思いの方がいたら、
その感覚こそヤバイ。
10年なんてあっと言う間。
何かやろうとすると、準備期間で10年なんかすぐですよ。

自分は、今は見る側になっていますが、
やっている側がもっともっと危機感持たないと、まずいのでは?

趣味クラスはまだいいとしても、
TOPクラスは職を失う危機感持った方がいいですよね。
今は転職年齢はどんどん下がり、昔は35歳でも転職できたのに、
今の転職人事年齢は27−8歳が限界ですよ。
レースTOPを目指して夢を見る選手も少なくなる事でしょう。
元レーサーですと言っても、第二の人生の門は相当狭くなります。

別に脅しの為にこんな事を言っているのではなく、
復活策にはスピードが必要で、
早くしないと手遅れになるとだけ言ってるだけです。

現場のTOPも危機感はあるものの、行動に至っていないです。

オグシオ記事を見て(ちょっと古いですが)、
益々、こりゃ大変だと思いました。
誰か現役が立ち上がらないかな?

・組合作って全国のアマのドライバー・ライダーを組織化する?
 プロも政治家もメーカーもタレントも経済有力者も味方に付ける。
 メディアも巻き込み、組合から議員も出す。
・モータースポーツ内部から、環境優先で、ガソリンレースを否定し、
 悔しいけど、エコカーレースにシフトしていく。
 (しかし、EVでも300出るから、スピードを楽しむ面は大丈夫)
 その代わり、底辺を育てる。
 エコカー(スキール音はうるさいかもしれないけど)に
 シフトする事で、地方でなく、都会にもサーキットを作る
 (現状のサーキット周辺の観光業が逆に潰れるけど)。
・交通教育の一環で、学校授業にモータースポーツを採用させる。
・微かに残るF1等のTOPカテゴリーは、サーキットに行かなくても、
 映画館でリアル中継を図る。サーキットが1万なら、映画館観戦
 で5000円。レース主催者も映画館側も儲かるネタとする。
 爆音だけでなく、タイヤの溶ける臭いを館内に流す。
・異業種との提携をガンガン進めて、タレント業界とレースクイーン
 オーディションをもっと大規模に行うとか、新興ファッション
 ブランドの新商品開発をモータースポーツと絡めるとか・・・・
・投資対象にさせる為に、レース&イベントの証券化(先に集客
 ありきだけど)する。又、一部では競艇等のようにギャンブル化
 (これは難しいか・・・)、、、、、、

とにかく何でもいいので、まずは考える事が先決なのでは????

モータースポーツがバドミントンに負けてて、い〜んですか?
(バドミントン選手&ファンの方にはスミマセン。。。)
posted by sports777 at 02:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!