■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2008年09月15日

推進機構設立?(mixi日記より引越し)

≪080724≫
■ソース
http://response.jp/issue/2008/0724/article111971_1.html
■概略
7月23日・「NPO日本モータースポーツ推進機構」の設立が発表された。
設立目的は、モータースポーツの発展と継承、モータースポーツの
社会認知向上、自動車市場の活性化。
計画事業は、普及啓発事業としてイベント主催、モータースポーツの
人材育成事業、交通安全啓発事業等。
近藤真彦氏、高橋国光氏、JAFモータースポーツ部部長が名を連ねる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とのことです。一体何をするのでしょうか???
F1でさえ、CXの視聴率が落ち込み、
CO2出しまくり、又、枯渇危機にあるガソリンを使いまくりで
非難されるモータースポーツ
を、
本気で復活させようという熱意が正直伝わってきませんね。
普及イベントやって人材育成?
集客にマッチが広告塔???

甘い。
モータースポーツを本気で復活させたいなら、
もっと危機感を持って、営利目的でもいいから、
非常識な事やれと言いたいです。


音の出ないEVレーシングカー専用でもいいから、
都心にサーキットをバンバン作ってキッズを育てるとか、
F1を皇居周辺で実施するとか、
映画館でサーキット同時中継するとか・・・・

既にモータースポーツをやっている人に訴求したって
競技人口は増えずに衰退するのだから、
モータースポーツをやっていない人をどう取り込むか
を徹底追求しない限り、無理でしょ。

まあ、これから考えるのかもしれないですが、
広告代理店はどこを付けてるんですかね?
政治家は誰が付いてるんですかね?
中途半端な事やられると、
モータースポーツファンとしては怒りますね。
こういう記者会見では、Visionを語らないとダメなんです。
代理店ついていないのかな?
代理店も、こりゃよくわからんと見切ったのかな?

モータースポーツがいまいち浸透しないのは、
頑張っている表情がヘルメット越しで見えないから、
どうしても感情移入ができない為に、
他人事の競技と映る弱点があるのですよね。

それを回避しようと、CXも努力していますよ。
F1ドライバーの心拍数を画面で表示したり、
ピットとの会話を公開したり、
ドライバー目線の映像を増やしたり・・・・
そうやってファンを繋ぎとめる小さな努力を民間がやっているのに、
NPOで普及イベントですか???
何をやる?
集客できる?
結果、普及するの?

ゴルフはハニカミ王子を育て、
野球はハンカチ王子を育て、
バドミントン協会はマイナー脱却戦略にオグシオを使い、
卓球では四元奈生美が1人で奮闘している・・・

モータースポーツは、琢磨がシート確保できなくても、
中嶋さんの所の一貴が出てきたから、
今度は一貴で行こうかレベル???

そんなやり方でモータースポーツ普及なんて有り得ない。
100年後のモータースポーツを視野に入れて、
もっと本気出せよ、
環境問題に押し潰されるぞ・・・・・

と言いたくなります。

こういった観点からも、
まだプロになっていないアマチュアの
レーサー・ドライバー・ライダーが怒らないとダメですよ。
お偉いさんの発想で大丈夫なのかと。
プロは、スポンサー絡みとかで、
言うに言えない立場になってしまうから、
何でも自由に言える立場のアマが動くべきなんですよ。
そういう人が誰か立ち上がれば、私は協力しますよ。

レーサー・ライダーが主体者にならないと。
自分の子供にもモータースポーツをやらせたいなと考える位に
モータースポーツが好きな人は、
真のモータースポーツ復活計画を
底辺から立ち上げるべきですよ。

今、時代はトップダウンじゃなくて、ボトムアップですよ。
posted by sports777 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサーメリット(mixi日記より引越し)

≪080726≫
2輪レーサー:S氏より(続き)
「なるほど・・・
具体例を出してキッチリとした数字を用いて比較対照すれば、
ビジネスとして聞いてもらえる・・・
『どこかにボクを気に入って御金出してくれる人はいないかなー』
的な精神ではなく、

「誰に」「いくら」「得になるか」を考えれば、
具体的に話が進めれますね。
なんだか自分の中にあった『スポンサー=「恵んで」くれる人』
という先入観が壊れました。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

S様 from sports777

先入観壊しちゃってスミマセン。。。
でも結果的に、Sさんのスポンサー獲得率が、これで数倍UPしたはず。

なぜなら、金出す側の心理がわかるようになったはずだから。

これは、お得な商品だと納得すれば、人は商品を買います。
しかし、得だか得じゃないんだか、よく分からんと思えば、
人は商品を買いません。


プロの場合、広告代理店やマネジメント会社が、選手に代わって、
これはお得な商品です!と 売り込み(露出度・価格度等)、
相手を論理的に説得します。

しかし、アマ選手は、
自分の商品(スポンサーメリット)の価値を
よく分からない状況で 売り込むから、

価値判断で1枚上手の交渉相手に、
価値を見透かされる場合が多いと思います。


アマ選手は自分自身で、お得な商品を作らなければなりません。
ちょっと深く考えてみればいいだけです。
自分が金を出す立場だったら、
自分の作ったスポンサーメリットに対して 本当に金を出すか?

スポンサーシップは、大儲けしている企業の、
余った御金を寄付してもらう ものではないんです。


プロ・アマ問わず、選手が用意した、
お得な商品(スポンサーメリット)を、
企業が買うか、買わないかのどちらか。


プロの商品はビジネスだからしっかりした商品になっているので、
買われ易い。
一方のアマは、どうしても精神論になってしまいがちなので、
商品として 弱く、ビジネスにならないケースが多い。
ですから、アマ選手でも、
キチンとビジネスライクな商品にすればいいだけです。

ちょっと難しい言い方になってしまったかもしれませんが、
アマチュアも、少しだけ企業側(御金を出す側)の気持ちになって、
うん、これなら買いだ!と、お得感のある商品を作れば、
買ってもらえます。


お得でもない商品を、
精神論で買ってくれー買ってくれーと押し売りすると、
余計に引かれちゃうんです。


大丈夫です、キチンと商品を作れば、アマチュアでもスポンサーは
獲れるんです!安心して下さい。
posted by sports777 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | スポンサー獲得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告効果関係無し(mixi日記より引越し)

≪080726≫
2輪レーサー:S氏より
「媒体露出が望めない、でもスポンサーが欲しい・・・ならば、
例えば、近所のチビッコ達から
『かっこいいバイクのにいちゃん』として
人気を博す様に心掛けていれば、
そのキャラクターだけでも、
地元スーパーの協賛が得られるかもしれない・・・
という事だったりしますか?
先ずは、足許にあるものを活用する方が早いのかなと思いました」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

S様 from sports777

その通りです。
そのような発想で、
実際にスポンサーを獲得している選手が実在します。
私も、昔、広告効果以外で、ミニスポンサーを付けていましたし、
周辺の者にも教えて、獲得させていました。

上記コメントに更にプラスすると、
『かっこいい』だけでは協賛を引っ張れないので、
地元スーパー主催という形を取り、
キッズ向けポケバイスクールを開き、
同時にママ向け特別セールをやる。

スーパーの、ママ&キッズ向けプログラムとして年間○○回開催。
スーパーの売上向上が見込まれ(ママ向け)、
青少年育成に熱心なスーパーというブランドができ(地域民向け)、
将来顧客の子供達を味方につけ(キッズ向け)、、、、、
なるべく大掛かりに・・・

これらを金額換算する=売上効果はいくらになるのか?
又、この年間プロモーションを、地元広告代理店に発注したら
いくらになるのか見積りを取る。

下手なロゴ露出よりもよっぽど金額(広告効果額)が
大きくなるはずです。
その○○%を個人協賛で引っ張る形を交渉する・・・。

キチンと信用を取り、
御金を出す企業を上位地位(立場)に考えて、
下位地位の選手が 一生懸命に貢献するビジネスを組み立てれば、
口説ける相手は結構いる
ものです。

アマ選手の多くが、勘違いしているのは、
プロと同じ土俵で勝負しようとしているんですよね。

テレビ露出もないのに、
最初から広告効果で勝てる訳がないんです。

選手も世間も、誰もがこの観点(広告効果)から見るから、
「アマチュア選手にスポンサーなんて無理」と言われるのです。

違いますね。
ビジネスをわかってない評論家が多いのですよ、世の中。
そういう世の中の声に惑わされちゃダメなんです、アマチュアは。
プロと違う所で勝負すれば、資金調達は可能なんです。


銀行は大手上場企業だけに融資しますでしょうか?
社員1人の魚屋にも八百屋にも融資はします。

アマチュアでもスポンサーは獲れるんです。
まあ、スポンサー獲りも勝負ですから、誰でも獲れる訳ではなく、
工夫や信用や行動力がないとダメなのですが、

基本的な考えとして、アマでもスポンサーは獲れますよ。
(と言うか、実際に獲っている人がいますからね)

SさんもGetしてみて下さい!
posted by sports777 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | スポンサー獲得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!