■無料PDFレポート(A4*8頁)=資金難&NG続きの選手は必見
99%の選手がPush型企画書・価格不相応で成約できない→ここを改善すれば獲得率は上がる!
アドレス

2008年09月30日

100通りの企画書

■ソース
http://blogs.yahoo.co.jp/xm3mkn/1299953.html
■概略
フリープランナーの今昌司氏のブログに、
アマ選手にも参考になる大事な事が記載されていますので、
取上げさせて頂きます。

・スポーツマネジメントのスクールで、スポンサーシップの
 セールスシートの作り方があった。
 スポンサーシップは「売り」のメニューを、ただ組合せて
 いるものではありません。
 売り込み相手の業態・業種・経営方針・戦略に応じて、
 その構成・活用方法を具体的に提案できるもの出なければ、
 「売り物」にはなりません。

 売り込む相手が100社あったとしたら、
 100通りのセールスシートがあって当然です。

 そして、その構成を判断するモノサシが、売り込み先のニーズ。
 相手が何を求めているかが分からずに売り込んでも、
 時間の無駄です。

 これは、テクニックとして、
 いくら素晴らしい企画書やセールスシートを作り上げても、
 相手が何を求めているかを掴み取る交渉努力を惜しんでいては、
 全く無意味
になる場合もある、ということです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私も一プランナーでもあるので、今氏と全く同じ考えなのは、
これまで述べてきました。
アマチュア選手にとっては、耳の痛い話かもしれませんが、これが現実。
上記は、アマ選手のパーソナルスポンサー獲りとは
少し異なりますが、考え方は全く一緒。

アプローチ先を徹底的に調べ、ニーズを汲み取ってから、
スポンサーメリットを組み立てる。
その内容は、当然、アプローチ先ごとに異なる。

もう一度、再考してみて下さい。
posted by sports777 at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | スポンサー獲得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサーの投資効果

■ソース
http://www.koukokutenshoku-dairitenblog.com/archives/587210.html
■概略
「広告代理店に於けるスポーツビジネス」
大手広告代理店の電通や博報堂DYメディアパートナーズ
(博報堂・大広・読売広告社)は、スポーツビジネスにも積極的。

広告代理店がスポーツイベントを企業に販売する際、
スポーツ投資効果を明示する重要性が増している。
上記2社は、競技毎のスポンサー企業のブランド力を
販売促進への多様な尺度で分析するデータベースを構築している。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プロ選手以上に、
アマ選手は、ROI(投資回収率、費用対効果)を考えて
スポンサーアプローチをして下さい。

スポンサーシップ・アクティベーションも重要です。
posted by sports777 at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | スポンサー獲得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

予想外の展開

■ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080930-00000094-san-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080930-00000035-spn-spo
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080929-00000298-sph-spo
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080930-00000020-nks-fight
■概略
大麻取締法違反で逮捕され、日本相撲協会を解雇された
元幕内・若ノ鵬が29日、都内で会見し、現役時代に八百長を
強要されて応じたことと、八百長疑惑で協会と係争中の週刊現代
(講談社)側の証人として法廷に立つ意向を表明。
他にも大麻を吸った親方や力士がいることも強調。
大麻問題で解雇された力士が法廷で報復する泥沼の展開に入った。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

相撲道(競技・スポーツ的)の域を超えて、
芸能ネタになってきたので、ノーコメントとしたいですが、

これ、予想外の別角度の展開になりそうですね。
全く関係ない登場人物が現れる気配が・・・
この話題で一番困る人は誰なのでしょう。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081001-00000039-spn-spo
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081002-00000042-spn-spo
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081001-00000090-sph-spo
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081001-00000016-nks-fight
posted by sports777 at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイナー競技の普及戦略

■ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080930-00000509-san-soci
■概略
北京五輪・フェンシングの銀メダリスト・太田雄貴選手の人気で、
さっそくフェンシングブームが起こっている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フェンシング選手はもちろん、
マイナー競技のアマチュア選手には朗報です。
やはり、メダルの価値は顕在ということか。
フェンシング協会の努力が報われています。

以前の記事でも書きましたが、
フェンシングよりもマイナー競技と言える
「セパタクロー」は
(競技者にはあまりマイナーと言いたくないですが)、
8月末にタイ・バンコクでの世界選手権で
銅メダルを取ったにも関わらず、メディア注目はない。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~takraw/

この差は何か。
もちろん、世間の目を引く五輪競技か否かという問題もあります。
それともう一つ。
自らが情報発信して、世間に訴求しようとする気持ちの有無。
競技者が競技に専念するのは当然。
だからこそ、協会や周辺関係者が動かなければならない。
PR戦略をどのように組むか、そして実行するか。
フェンシングの場合は、協会長自らが営業に回り、
五輪強化予算を調達したのは有名ですよね。

セパタクローももう少し頑張って頂きたいですよね。
(動いているのはわかりますが、それが世間に見えない)
自らメディアや世間を動かさないと。
今、選手達は、自らが普及イベントを起こし、懸命。
http://flyinglegsunion.jp/index.html

他のマイナー競技も同様です。
待っていても、メディアは来ませんし、
ブームも起こりません。
五輪でメダルを獲ってくる、
又、オグシオのように協会が戦略的に仕掛ける、
又、ハニカミ王子のように彗星が現れるのを待つ(?)、
・・・何事も自分から仕掛けなくちゃ。

アマ選手のスポンサー獲りも全く同じ。
アクション無くして獲得無し。


posted by sports777 at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

スポンサーニーズ

■ソース
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/161266/
http://www.toyota.co.jp/jp/news/08/Jul/nt08_0703.html
http://adto.jp/carbaito/view/s.php?a=81
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080715-00000008-rps-ind
■概略
トヨタ自動車は、新車購入をサポートする新しい試み
「カーバイト」を北海道と神奈川県で開始。
若者の車離れに少しでも歯止めをかけるのが狙い。
新車にスポンサー企業の広告を90日間付けて一定距離走るだけで、
6万円がもらえるというアルバイト感覚のサポート。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょっと古い記事ですが、
アマチュア選手の皆さん、
この記事で何が言いたいか?

・・・もう気付きましたよね?

6万円ゲットしよう?違います。
若者の車離れがモータースポーツに影響?違います。
もっと重要な事です。
posted by sports777 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | スポンサー獲得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサーシップとスポーツ支援

五輪通信簿.jpg

■ソース
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/china/138239/
■概略
NGOによる「北京五輪スポンサー19社の通知簿」。
基準は、人権問題への取り組みと関心の度合い。
スポンサーは微妙な立場に置かれ、戦々恐々。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4月17日のちょっと古い記事を取上げます。
主は、チベット問題へのスポンサー企業の姿勢を評価したもので、
NGOはメディア・企業にひそかにリサーチして、
後日発表したもの。


チベット問題に言及するつもりはありません。
当ブログのスポンサー獲得に関連する側面のみ取上げます。
・・・・・
少しずるいやり方と思われるかと思いますが、
情報の時代を象徴していますね。

何が言いたいか?
アマチュア選手に認識しておいて頂きたいのは、
「CSR(企業の社会的責任)」という点です。
CSRとは、企業がモノ・サービスの販売による利益追求だけでなく、
社会に与える影響に責任を持ち、全ての人々・機関と
信頼関係を築かなければならないという事です。
(かなり簡単に略した説明ですが)

具体的には、情報公開・説明責任・法令順守・企業統治・顧客対応・
品質保証・人間尊重・社会貢献・環境保護活動・・・等です。

上記の記事は、チベット問題する各社の姿勢で、
どれだけCSR度がある企業なのかというリサーチ結果ですね。

現在、食の安全や環境問題や企業不祥事が、
毎日のように新聞をにぎわせて、
まさしく、CSRが重視される時代となっています。
環境問題がここまで危機レベルに突入した事や、
インターネット普及によって、情報化時代に入った事も影響しています。

企業は、自社製品を購入する(した)顧客だけを満足させれば
いいという時代ではなく、自社製品を購入しない人も含めて、
協調する姿勢を持たなくてはならず、
社会とうまく歩む必要があるのです。

アマ選手と関係ない???
いえ、関係大有りです。
CSRという視点から、
スポーツ支援は社会貢献活動の一環でもあるから。

社会とうまく歩む・・・アマ選手も、この「社会」の一員です。
上場企業のHPを見て下さい。
必ず、CSRや環境保護や社会貢献の専門ページがあります。
ここに、社会貢献の一環で、
青少年育成として少年野球をサポートしたり、
障害者競技やマイナー競技大会に協賛したり、
企業によっては、実業団チームを持って夢を見せたり、
個人協賛という形を訴求している場合もあります。
(宣伝広告の要素も当然ありますが)

中小企業も、
地域密着の一環で、地元育ちのアマ選手をサポートしたり、
競技大会で選手と一緒にクリーン活動をしたり、
レピュテーション(評判)=社会ブランドを意識しています。
社会ブランディングに成功すれば、
結果的に、社会からの支持・共感を得て、売上UPが上がるから。

ですから、以前よりは、
CSRの時代である今の方が、
企業のアマ選手への着目度は向上しています。
とは言っても、アマ選手はネームバリューがありませんから、
スポーツに絡める場合、
プロ選手を起用した社会貢献に走りがちなのですが、
アマ選手にチャンスがある事は確かと言えるでしょう。

協賛と寄付は全く概念が違いますから、
そこは注意しなければなりませんが。

一部のアマ選手は、
儲かっている企業の余剰金を「もらう」等と考えている例があります。
スポンサーシップはビジネスなので、
根本論で間違っていますから、ビジネスライクな協賛獲りを
追求しなくてはならず、これが主道となります。
しかし、上記のCSRを意識した、
もう一つの道がある事も認識しておいて下さい。
posted by sports777 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告スペースを売るのではない!

アマチュア選手の99%が、
競技ウェアに御社ロゴを貼ります、
モータースポーツなら、マシンを御社カラーリングしますと、
交渉相手に対して伝えます。

これは、広告露出効果をスポンサーメリットにするという事。

私は、これまでの記事・メルマガ・mixiコミュ等で、
アマ選手のスポンサー社名ロゴ貼示は、
スポンサーメリットにならないと散々伝えてきました。

その理由は、テレビ・新聞等のマスメディア露出(効果)が
機能しないからです。

(自分の広告価値を計算してみて下さい)

とは言え、
ウェアの社名ロゴ貼りやマシンカラーリング無しで良いとは言いません。
スポンサーによっては、そのようなロゴ主張に満足する方もいますから。

ここで、ウェアやマシンの広告スペースについて考えてみましょう。

皆さんの企画書を見ますと、
ウェアやマシンの画像を貼って、
この辺りに御社ロゴを貼りますとプレゼンで説明しますよね。

アマ選手は何を売ればいいのでしょう?
広告スペースを売る?

元々そのスペースは広告価値が殆どないとわかっているのですから、
広告スペースをPushしても仕方ないですし、
それ以前の話として、
交渉の仕方自体が間違っています。


広告スペースそのものを商品とするのではなく、
その広告がもたらすベネフィットを売るのです!


御社のロゴを貼れば、御社のターゲットの○○○な方々が見ます。
その内、○人の方々が御社の商品に興味を持つでしょう。
その内、○人の方々が御社の商品を購入するでしょう。
購入しない方々にも、○○のようなブランドを訴求できるでしょう。
・・・というように、広告スペースにロゴを貼った後に、
どのようなメリットが生まれていくか。
それがベネフィットを伝えるという交渉手法の一つです。

例えば、車の宣伝(営業)を例に挙げましょう。
トヨタはあらゆる車種の新車をCM訴求しています。
その全てに共通項があります。
車そのもの(上記の広告スペースに相当)を訴求するのではなく、
その車のイメージ、つまり、買った後にどんなに良いか、便利か、
速く格好いい姿を誰かに自慢できるか、レースでタイム短縮できるか、
そのようなイメージを売ります。

購入検討者は、CMで、購入後の自分をイメージラップさせる。
買った後の事を想像させて、購入心をあおる。
そして興味が育った次の段階で、
車そのものの情報(性能・価格等)をカタログでダメ押し・・・。
これがベネフィットを売るという一例です。

もちろん商品は車なのですが、
車という商品そのものを主張するのではなく、
車を購入する事でのベネフィットを売る。
車に限らず、世の中の多くのCMや広告には、
このような概念があります。
(広告代理店の本業の中の格ですよね)

アマ選手に話を戻せば、
広告スペースそのものを主張するのではなく、
そこに広告を掲載すれば、このようになる・・・という
ベネフィットを売るように心掛けた方が、
営業交渉がスムーズになりますよ。

広告やマーケティングの知識がある方には、
エモーショナル・マーケティングと言った方が早いですね。

というように、
自分が何を売っているのか、どう売ればいいのか、
このような思考を持って、スポンサー営業を進めて下さい。
広告スペースを売ろうとしてはダメですよ。
ベネフィットを売って下さい。


PS・最初に述べたように、アマ選手の広告スペースは
  広告露出効果がほとんどありませんから、
  上記は、他のスポンサーメリットに置き換えて
  営業して下さい。
posted by sports777 at 05:36| Comment(0) | TrackBack(0) | スポンサー獲得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アマチュア選手のマネジメント能力

■ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080928-00000012-nks-fight
■概略
1年間のライセンス停止中の亀田大毅(19)が「普通のボクサー」
として出直す。
この日の会見ではパフォーマンスを封印し、終始敬語を使うなど
「暴れん坊」からのイメージチェンジを図った。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

亀田系話題には触れたくなかったのですが・・・
敬語?当然の事ですよね。社会常識です。
ボクシングだけの問題ではありません。
スポーツマン全てに関係する話です。

強ければ何をやってもいい?
(結果、大毅は強くない事を露呈しましたが)
朝青龍を含めて、日本の風土・気質には、
ちょっとマッチしませんよね。
(但し、一意見に過ぎないので、逆の考え方もOKと思います)
(まあ、メディアサイドの戦略もありますから、亀田家も被害者)

まあ、一般論は皆さんに御任せするとして、
当ブログのスポンサー獲りテーマに絡めて話すと、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前回の記事でも述べた通り、
スポンサー獲得は、強さ・速さだけでは獲れません。
アマ選手のターゲットは中小企業が主となりますから、
社長・会長と直接話す機会もあるでしょう。

交渉相手は、スポンサーメリットと同時に人間を見ます。
昔は、タニマチのように、スポンサーメリット等はどうでも良く、
熱意・根性等を含めた人間性のみで投資を決定した事例が
多かった位ですから。

表情・態度・話術・マナー・・・
何気ない小さな所にも、チェックの目が降りかかります。
一般的に、自信過剰な態度や言葉は控えた方がいいでしょう。
自信の出し方は、口や体以外で出すべき。
スポンサー交渉相手は、例えスポンサーメリットの内容が
良くても、人間性チェックで不合格とするケースが多いですから。

だからといって、シュンとしている選手もNGですよね。
他の選手と何が違うのか、自分はこういう人間だと、
自ら主張できないのでは話になりません。

会話は自分から始める。
相手の興味のある事を探る。
共通点を見つけて、打ち解ける努力をする・・・

プレゼンテーション時の対面時は、相当気を遣う必要があります。
皆さん、プレゼンの練習をしていますか?

知人の知人の知人等を連れてきてもらい、
初対面の方に、どれだけ自分を売る事ができるか?
どれほど短い時間で主旨を説明できるか?
人間性を良い方向で印象付けられたか?

ただ強い選手、速い選手では生き残れない。
この時代情勢、社会背景、経済状況を考慮すれば、
スポンサー獲得には、マネジメント能力が必須。

アマ選手は、優秀な戦績を残すと同時に、
マネジメント知識を自ら持って、情報武装しなければならない。
スポンサー獲りには必須のこと。


ある域に達すれば、
スポーツマネジメント会社等に所属して、
自らマネジメントをする手間も省ける時が来るでしょう。
しかし、そこに達するまでは、
自ら行う必要があります。
自分ブランドを大事にする。

戦績が悪くても、
個人ブランドのみでスポンサーを獲っている選手もいる位ですから。


※超基礎・ビジネスマナー
http://www.digital-sense.co.jp/cc_new/sub/03_1.html

posted by sports777 at 04:29| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

選手の態度・表現はセルフブランドに直結

■ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080927-00000016-sanspo-spo
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080926-00000501-sanspo-spo
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080926-00000005-sanspo-spo
■概略
柔道・内柴正人選手が、石井慧選手に決別宣言。
先輩の内柴選手が、後輩の愚行を切れる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

石井選手、やってしまいました。
かなり期待していたのですが(競技面の期待は続行)、
社会面はダメダメですね。
これで、いわゆる一般の企業スポンサーは難しくなるでしょうね。
ヒールにスポンサードする企業というのは、かなり少ないですから。

スポンサーを狙うアマチュア選手は、
清く正しく美しく、企業の為に、自分の為に頑張りますという、
昔ながらの基本姿勢が無ければ、確実に獲得は無理。
石井選手はプロ(アマを超えています)だから、
世間に表現する事ができますが(見方によって、この行為もプロ)、

あまりに挑発的な自信・表現というものには注意して下さい。
具体的には、ブログ・HP・メディアコメントでの表現や、
普段からの態度・言葉遣いに注意を払って下さい。

アマ選手でも、時々いますよね、
強けりゃいいんだ、速ければいいんだと口外する選手が。
自分の身の回りには頭を下げても、
それ以外には挨拶もしない(できない)選手。

スポンサーシップはビジネス。
企業と社会と協調できない選手は、スポンサー獲得は遠いですよ。
逆に、自分から会話をしない(できない)選手や、
あまりに大人し過ぎる選手もNG。

セルフブランドを常に向上させて下さい。
posted by sports777 at 03:26| Comment(1) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

2輪ハイブリッドの影響

■ソース
http://news.livedoor.com/article/detail/3835864/
■概略
ホンダは、2010年代半ばに、ハイブリッドの二輪車を販売。
実現すれば業界初。四輪で培ったハイブリッドや電池技術を
二輪車にも応用し、ガソリン高や地球温暖化に対応する狙い。
ハイブリッドは、エンジンの他にモーターや電池も積む為、
スペースが限られる二輪車では開発が難しいとされていた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ついに2輪もハイブリッド。
時間の問題と考えられてきましたが、ついに再来年。
2輪モータースポーツ業界も、早々に対策を練らないと。

環境保護視点から言えば当然の事であり、
2輪モータースポーツがこれにどう対応し、
どう料理して競技と関連付けていくか。

4輪でもプリウスレースが本格化している訳ではないので
(プリウスカップはありますが、まだレーシングではない)、
即2輪レースに影響を与えるものではないのですが、
メーカーも水面下でハイブリッドのワンメイクを計画しているので、
これもまた時間の問題でしょうね。

別記事で、
10年後のモータースポーツ界のリスクを何度も書きましたが、
より現実味を帯びてきます。
ガソリンレースを続ければ、批判されるスポーツになる。
ハイブリッドや燃料電池車レースになれば、超マイナー競技になる。
この先の競技リスクは、マシンを元を提供するメーカーに
依存するしかないですが、
せめて、その対策は現場の選手が考えないと。

地球環境と同じで、自分が生きてる間は大丈夫だから後回し?
子供や孫が困ります。
100年後、
「うちの先祖は、資源燃料ビークルで争っていたらしい」なんて、
子孫に言われたら寂しくないですかね。

車輌がどうなろうと、
競争心を車輌スピードに求める子孫はいなくならないと思いますが、
1000人に1人、1万人に1人になるような状況にはしたくないですね。

過去、ゴルフ競技が、広大な土地を人工的に加工して
けしからんと言われた時期もありました。今もか?
モータースポーツのサーキットも同様です。
マイナー競技に成る程に、肩身が狭くなります。

今から改革しないと!





posted by sports777 at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツNEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサー獲得講座マニュアル.jpg
『スポンサー獲得講座・マニュアル教材』
◆このような企業が獲得しやすい!=ターゲット選定法
◆このような企画書が成約しやすい!=Pull型企画書構成法
◆このような交渉が成約しやすい!=ベネフィット・プレゼン法
◆その他、習得ポイント多数の全220ページ

数十社に交渉しても獲得できなかった選手が
¥数十万〜数千万の資金スポンサー、サプライヤー獲得の実績!